サインインAmazon OpenSearch Service検索リクエストAWSSDK for PHP バージョン 3 - AWSSDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サインインAmazon OpenSearch Service検索リクエストAWSSDK for PHP バージョン 3

Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) は、ポピュラーなオープンソース検索および分析エンジンである Amazon OpenSearch Service を簡単にデプロイ、運用、スケールするためのマネージド型サービスです。OpenSearch Service では Amazon OpenSearch Service API への直接アクセスが提供されています。つまり、開発者は使い慣れたツール、および堅牢なセキュリティオプション (アクセスコントロールのための IAM ユーザーとロールなど) を使用できます。多数Amazon OpenSearch Serviceのクライアントでリクエスト署名がサポートされていますが、サポートされていないクライアントを使用している場合に、の組み込み認証情報プロバイダと署名者を使用して任意の PSR-7 リクエストに署名できます。AWSSDK for PHP。

以下の例では、次の方法を示しています。

  • リクエストに署名するには、AWS署名プロトコルSignatureV

用のすべてのサンプルコードAWSSDK for PHP バージョン 3 が使用できます。GitHub で

Credentials

サンプルコードを実行する前に、AWSの認証情報については、」の認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3。次にをインポートします。AWSSDK for PHP (の基本的な使用パターンAWSSDK for PHP バージョン 3

OpenSearch Service リクエストへの署名

OpenSearch Service では署名バージョン 4 が使用されています。つまり、サービスの署名 (esと定義されています。この場合は) とAWSリージョンOpenSearch Serviceドメイン。サポートされているリージョンの完全なリストOpenSearch Serviceを見つけることができます。] のAWSリージョンとエンドポイントAmazon Web Services 全般リファレンスの「」を参照してください。ただし、次の例では、us-west-2 リージョンにある OpenSearch Service ドメインに対するリクエストに署名します。

必要な認証情報を使用するには、SDK のデフォルトプロバイダチェーンを使用するか、」の認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3。また、PSR-7 リクエスト (次のコードでは、$psr7Request という名前を想定) も必要になります。

// Pull credentials from the default provider chain $provider = Aws\Credentials\CredentialProvider::defaultProvider(); $credentials = call_user_func($provider)->wait(); // Create a signer with the service's signing name and Region $signer = new Aws\Signature\SignatureV4('es', 'us-west-2'); // Sign your request $signedRequest = $signer->signRequest($psr7Request, $credentials);