メンバーアカウントの関連付けを解除する - AWS Security Hub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

メンバーアカウントの関連付けを解除する

AWS Security Hub 管理者アカウントでメンバーアカウントの関連付けを解除し、そのアカウントの検出結果を受け取ることおよび表示することを停止します。メンバーを削除する前に、メンバーアカウントの関連付けを解除する必要があります。

メンバーアカウントの関連付けを解除すると、メンバーアカウントのリストには残りますが、ステータスが [Removed (Disassociated)] (削除 (関連付け解除)) になります。アカウントは、メンバーアカウントの管理者アカウント情報から削除されます。

アカウントの結果の受信を再開するには、招待を再送信します。メンバーアカウントを完全に削除するには、メンバーアカウントを削除します。

お好みの方法を選択し、手順に従って、手動で招待されたメンバーアカウントと管理者アカウントの関連付けを解除します。

Security Hub console
手動で招待したメンバーアカウントの関連付けを解除するには
  1. AWS Security Hub コンソール (https://console.aws.amazon.com/securityhub/) を開きます。

    管理者アカウントの認証情報を使用してサインインします。

  2. ナビゲーションペインの [設定][設定] を選択します。

  3. [アカウント] セクションで、関連付けを解除するアカウントを選択します。

  4. [Actions] (アクション) を選択してから、[Disassociate account] (アカウントの関連付けを解除する) を選択します。

Security Hub API

手動で招待したメンバーアカウントの関連付けを解除するには

管理者アカウントで、DisassociateMembers API を呼び出します。関連付けを解除するメンバーアカウントの AWS アカウント ID を指定する必要があります。メンバーアカウントのリストを表示するには、ListMembers オペレーションを使用します。

AWS CLI

手動で招待したメンバーアカウントの関連付けを解除するには

管理者アカウントで、disassociate-members コマンドを実行します。関連付けを解除するメンバーアカウントの AWS アカウント ID を指定する必要があります。メンバーアカウントのリストを表示するには、list-members コマンドを実行します。

aws securityhub disassociate-members --account-ids <accountIds>

aws securityhub disassociate-members --account-ids "123456789111" "123456789222"