Amazon EventBridge のアクション、リソース、および条件キー - サービス認証リファレンス

Amazon EventBridge のアクション、リソース、および条件キー

Amazon EventBridge (サービスプレフィックス: events) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

Amazon EventBridge で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action エレメントでは、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource エレメントですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
ActivateEventSource パートナーイベントソースをアクティブ化する権限を付与します 書き込み

event-source*

CancelReplay 再生をキャンセルする権限を付与します 書き込み

replay*

CreateApiDestination 新しい API の送信先を作成するアクセス権限を付与します 書き込み

api-destination*

connection*

CreateArchive 新しいアーカイブを作成する権限を付与します 書き込み

archive*

CreateConnection 新しい接続を作成する許可を付与 書き込み

connection*

CreateEndpoint エンドポイントを作成するアクセス許可を付与します 書き込み

endpoint*

events:EventBusArn

CreateEventBus イベントバスを作成する権限を付与します 書き込み

event-bus*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreatePartnerEventSource パートナーイベントソースを作成する権限を付与します 書き込み

event-source*

DeactivateEventSource イベントソースを被アクティブにする権限を付与します 書き込み

event-source*

DeauthorizeConnection 接続の認証を解除するアクセス権限を付与し、保存されている認証シークレットを削除します 書き込み

connection*

DeleteApiDestination API 送信先を削除するアクセス権限を付与します 書き込み

api-destination*

DeleteArchive アーカイブを削除する権限を付与します 書き込み

archive*

DeleteConnection 接続を削除する許可を付与。 書き込み

connection*

DeleteEndpoint エンドポイントを削除する許可を付与します。 書き込み

endpoint*

DeleteEventBus イベントバスを削除する権限を付与します 書き込み

event-bus*

DeletePartnerEventSource パートナーイベントソースを削除する権限を付与します 書き込み

event-source*

DeleteRule ルールを削除する権限を付与します 書き込み

rule*

events:creatorAccount

events:ManagedBy

DescribeApiDestination API 送信先の詳細を取得するアクセス権限を付与します 読み込み

api-destination*

connection*

DescribeArchive アーカイブの詳細を削除する権限を付与します 読み込み

archive*

DescribeConnection 接続の詳細を取得するアクセス権限を付与します 読み込み

connection*

DescribeEndpoint エンドポイントの詳細を取得するアクセス許可を付与します 読み込み

endpoint*

DescribeEventBus イベントバスの詳細を取得する権限を付与します。 読み込み

event-bus

DescribeEventSource イベントソースの詳細を取得する権限を付与します。 読み込み

event-source*

DescribePartnerEventSource パートナーイベントソースの詳細を取得する権限を付与します 読み込み

event-source*

DescribeReplay 再生の詳細を取得する権限を付与します 読み込み

replay*

DescribeRule ルールの詳細を取得する権限を付与します 読み込み

rule*

events:creatorAccount

DisableRule ルールを無効にする権限を付与します 書き込み

rule*

events:creatorAccount

events:ManagedBy

EnableRule ルールを有効にする権限を付与します。 書き込み

rule*

events:creatorAccount

events:ManagedBy

InvokeApiDestination [アクセス許可のみ] API 送信先を呼び出すアクセス権限を付与します 書き込み

api-destination*

ListApiDestinations API 送信先のリストを取得するアクセス権限を付与します リスト
ListArchives アーカイブのリストを取得する権限を付与します リスト
ListConnections 接続のリストを取得する許可を付与。 リスト
ListEndpoints エンドポイントのリストを取得するアクセス許可を付与します リスト
ListEventBuses アカウント内のイベントバスのリストを取得するアクセス許可を付与します リスト
ListEventSources このアカウントで共有されているイベントソースのリストを取得する権限を付与します リスト
ListPartnerEventSourceAccounts イベントソースに関連付けられた AWS アカウント ID のリストを取得するアクセス許可を付与します リスト

event-source*

ListPartnerEventSources パートナーイベントソースのリストを取得する権限を付与します リスト
ListReplays 再生のリストを取得する権限を付与します。 リスト
ListRuleNamesByTarget ターゲットに関連付けられたルール名のリストを取得する権限を付与します リスト
ListRules アカウント内の Amazon EventBridge ルールのリストを取得する権限を付与します リスト
ListTagsForResource Amazon EventBridge リソースに関連付けられたタグのリストを取得する権限を付与します リスト

event-bus

rule

events:creatorAccount

ListTargetsByRule ルールについて定義されたターゲットのリストを取得する権限を付与します リスト

rule*

events:creatorAccount

PutEvents カスタムイベントを Amazon EventBridge に送信する権限を付与します 書き込み

event-bus*

events:detail-type

events:source

events:eventBusInvocation

PutPartnerEvents カスタムイベントを Amazon EventBridge に送信する権限を付与します 書き込み
PutPermission デフォルトのイベントバスにイベントを配置する別の AWS アカウント にアクセス許可を付与する PutPermission アクションを使用するアクセス許可を付与します Permissions management
PutRule ルールを作成または更新する権限を付与します 書き込み

rule*

events:detail.userIdentity.principalId

events:detail-type

events:source

events:detail.service

events:detail.eventTypeCode

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

events:creatorAccount

events:ManagedBy

PutTargets ルールにターゲットを追加する権限を付与します 書き込み

rule*

events:TargetArn

events:creatorAccount

events:ManagedBy

RemovePermission デフォルトのイベントバスにイベントを配置する別の AWS アカウント のアクセス許可を取り消すアクセス許可を付与します Permissions management
RemoveTargets ルールからターゲットを削除する権限を付与します 書き込み

rule*

events:creatorAccount

events:ManagedBy

StartReplay アーカイブの再生を開始する権限を付与します 書き込み

archive*

TagResource Amazon EventBridge リソースにタグを追加する権限を付与します タグ付け

event-bus

rule

aws:TagKeys

aws:RequestTag/${TagKey}

events:creatorAccount

TestEventPattern イベントパターンが指定のイベントと一致するかどうかをテストする権限を付与します。 読み込み
UntagResource Amazon EventBridge リソースからタグを削除する権限を付与します タグ付け

event-bus

rule

aws:TagKeys

events:creatorAccount

UpdateApiDestination API 送信先を更新するアクセス権限を付与します 書き込み

api-destination*

UpdateArchive アーカイブを更新する権限を付与します 書き込み

archive*

UpdateConnection 接続を更新する許可を付与。 書き込み

connection*

UpdateEndpoint エンドポイントを更新するアクセス許可を付与します 書き込み

endpoint*

events:EventBusArn

Amazon EventBridge で定義されるリソースタイプ

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource エレメントで使用できます。アクションテーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
event-source arn:${Partition}:events:${Region}::event-source/${EventSourceName}
event-bus arn:${Partition}:events:${Region}:${Account}:event-bus/${EventBusName}

aws:ResourceTag/${TagKey}

rule arn:${Partition}:events:${Region}:${Account}:rule/[${EventBusName}/]${RuleName}

aws:ResourceTag/${TagKey}

archive arn:${Partition}:events:${Region}:${Account}:archive/${ArchiveName}
replay arn:${Partition}:events:${Region}:${Account}:replay/${ReplayName}
connection arn:${Partition}:events:${Region}:${Account}:connection/${ConnectionName}
api-destination arn:${Partition}:events:${Region}:${Account}:api-destination/${ApiDestinationName}
endpoint arn:${Partition}:events:${Region}:${Account}:endpoint/${EndpointName}

Amazon EventBridge の条件キー

Amazon EventBridge では、IAM ポリシーの Condition 要素で使用できる以下の条件キーを定義します。これらのキーを使用して、ポリシーステートメントが適用される条件をさらに絞り込むことができます。以下の表の列の詳細については、「条件キーテーブル」を参照してください。

すべてのサービスで使用できるグローバル条件キーを確認するには、「使用できるグローバル条件キー」を参照してください。

条件キー 説明 [Type] (タイプ)
aws:RequestTag/${TagKey} 各タグの許可された値のセットに基づいて、イベントバスおよびルールアクションへのアクセスをフィルタリングします。 文字列
aws:ResourceTag/${TagKey} リソースに関連付けられたタグ値に基づいて、イベントバスおよびルールアクションへのアクセスをフィルタリングします。 文字列
aws:TagKeys リクエスト内の必須タグの存在に基づいて、イベントバスおよびルールアクションへのアクセスをフィルタリングします。 ArrayOfString
events:EventBusArn CreateEndpoint アクションおよび UpdateEndpoint アクションへのエンドポイントに関連付けることができるイベントバスの ARN でアクセスをフィルタリングします ArrayOfARN
events:ManagedBy AWSのサービスでアクセスをフィルタリングします。お客様の代わりに AWS のサービスによってルールが作成された場合、値はルールを作成したサービスのプリンシパル名です 文字列
events:TargetArn ルールに設定できるターゲットの ARN に基づいて、PutTargets アクションへのアクセスをフィルタリングします。 ArrayOfARN
events:creatorAccount ルールが作成されたアカウントに基づいて、ルールのアクションへのアクセスをフィルタリングします 文字列
events:detail-type イベントの詳細タイプのリテラル文字列に基づいて、PutEvents および PutRule アクションへのアクセスをフィルタリングします 文字列
events:detail.eventTypeCode イベントの detail.eventTypeCode フィールドのリテラル文字列に基づいて、PutRule アクションへのアクセスをフィルタリングします 文字列
events:detail.service イベントの detail.service フィールドのリテラル文字列に基づいて、PutRule アクションへのアクセスをフィルタリングします 文字列
events:detail.userIdentity.principalId イベントの detail.useridentity.principalid フィールドのリテラル文字列に基づいて、PutRule アクションへのアクセスをフィルタリングします 文字列
events:eventBusInvocation イベントが API またはクロスアカウントバスの呼び出しのいずれによって生成されたかに基づいて、PutEvents アクションへのアクセスをフィルタリングします 文字列
events:source イベントを生成した AWS のサービスまたは AWS パートナーイベントソースに基づいて、PutEvents および PutRule アクションへのアクセスをフィルタリングします。イベントのソースフィールドのリテラル文字列をマッチングします ArrayOfString