AWS Global Accelerator のアクション、リソース、および条件キー - サービス認証リファレンス

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Global Accelerator のアクション、リソース、および条件キー

AWS Global Accelerator (サービスプレフィックス: globalaccelerator) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

AWS Global Accelerator で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource 要素ですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
AddCustomRoutingEndpoints 仮想プライベートクラウド (VPC) サブネットエンドポイントをカスタムルーティングアクセラレータエンドポイントグループに追加するアクセス許可を付与します 書き込み

endpointgroup*

AdvertiseByoipCidr 自分の IP アドレス (BYOIP) を使用して、アクセラレーターを使用するためにプロビジョニングされている IPv4 アドレス範囲をアドバタイズするアクセス許可を付与します。 書き込み
AllowCustomRoutingTraffic 特定の VPC サブネット内のプライベート宛先 IP: PORT へのユーザトラフィックのカスタムルーティングを可能にするアクセス許可を付与します。 書き込み

endpointgroup*

CreateAccelerator 標準アクセラレータを作成するアクセス許可を付与します。 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateCustomRoutingAccelerator カスタムルーティングアクセラレータを作成するアクセス許可を付与します 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateCustomRoutingEndpointGroup カスタムルーティングアクセラレータの指定されたリスナーのエンドポイントグループを作成するアクセス許可を付与します 書き込み

listener*

CreateCustomRoutingListener クライアントからカスタムルーティングアクセラレータへの着信接続を処理するリスナーを作成するアクセス許可を付与します。 書き込み

accelerator*

CreateEndpointGroup 標準アクセラレータリスナーにエンドポイントグループを追加するアクセス許可を付与します。 書き込み

listener*

CreateListener 標準アクセラレータにリスナーを追加するアクセス許可を付与します。 書き込み

accelerator*

DeleteAccelerator 標準アクセラレータを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

accelerator*

DeleteCustomRoutingAccelerator カスタムルーティングアクセラレータを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

accelerator*

DeleteCustomRoutingEndpointGroup カスタムルーティングアクセラレータのリスナーからエンドポイントグループを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

endpointgroup*

DeleteCustomRoutingListener カスタムルーティングアクセラレータのリスナーを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

listener*

DeleteEndpointGroup 標準アクセラレータリスナーに関連付けられたエンドポイントグループを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

endpointgroup*

DeleteListener 標準アクセラレータからリスナーを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

listener*

DenyCustomRoutingTraffic 特定の VPC サブネット内のプライベート宛先 IP: PORT へのユーザトラフィックのカスタムルーティングを禁止する権限を付与します。 書き込み

endpointgroup*

DeprovisionByoipCidr 独自の IP アドレス (BYOIP) を使用して、アクセラレータで使用するためにプロビジョニングした、指定されたアドレス範囲を解放するアクセス許可を付与します。 書き込み
DescribeAccelerator 標準アクセラレータを記述するアクセス許可を付与します。 Read

accelerator*

DescribeAcceleratorAttributes 標準のアクセラレータ属性を記述するアクセス許可を付与します。 Read

accelerator*

DescribeCustomRoutingAccelerator カスタムルーティングアクセラレータを記述するアクセス許可を付与します。 Read

accelerator*

DescribeCustomRoutingAcceleratorAttributes カスタムルーティングアクセラレータの属性を記述するアクセス許可を付与します。 Read

accelerator*

DescribeCustomRoutingEndpointGroup カスタムルーティングアクセラレータのエンドポイントグループを記述するアクセス許可を付与します。 Read

endpointgroup*

DescribeCustomRoutingListener カスタムルーティングアクセラレータのリスナーを記述するアクセス許可を付与します。 Read

listener*

DescribeEndpointGroup 標準アクセラレータエンドポイントグループを記述するアクセス許可を付与します。 Read

endpointgroup*

DescribeListener 標準アクセラレータリスナーを記述するアクセス許可を付与します。 Read

listener*

ListAccelerators すべての標準アクセラレータを一覧表示する権限を付与します。 リスト
ListByoipCidrs BYOIP CIDR を一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト
ListCustomRoutingAccelerators AWS アカウントのカスタムルーティングアクセラレータを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト
ListCustomRoutingEndpointGroups カスタムルーティングアクセラレータのリスナーに関連付けられたエンドポイントグループを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト

listener*

ListCustomRoutingListeners カスタムルーティングアクセラレータのリスナーを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト

accelerator*

ListCustomRoutingPortMappings カスタムルーティングアクセラレータのポートマッピングを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト

accelerator*

ListCustomRoutingPortMappingsByDestination サブネット内の特定のエンドポイント IP アドレス(宛先アドレス)のポートマッピングを一覧表示するアクセス許可を付与します リスト
ListEndpointGroups 標準アクセラレータリスナーに関連付けられたすべてのエンドポイントグループを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト

listener*

ListListeners 標準アクセラレータに関連付けられたすべてのリスナーを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト

accelerator*

ListTagsForResource グローバルアクセラレータリソースのタグを一覧表示するアクセス許可を付与します。 Read

accelerator

ProvisionByoipCidr 独自の IP アドレス (BYOIP) を使用して、アクセラレータで使用するアドレス範囲をプロビジョニングするアクセス許可を付与します。 書き込み
RemoveCustomRoutingEndpoints カスタムルーティングアクセラレータエンドポイントグループから仮想プライベートクラウド (VPC) サブネットエンドポイントを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

endpointgroup*

TagResource グローバルアクセラレータリソースにタグを追加する許可を付与します。 タグ付け

accelerator

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

UntagResource グローバルアクセラレータリソースからタグを削除するアクセス許可を付与します。 タグ付け

accelerator

aws:TagKeys

UpdateAccelerator 標準アクセラレータを更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

accelerator*

UpdateAcceleratorAttributes 標準のアクセラレータ属性を更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

accelerator*

UpdateCustomRoutingAccelerator カスタムルーティングアクセラレータを更新する許可を付与します。 書き込み

accelerator*

UpdateCustomRoutingAcceleratorAttributes カスタムルーティングアクセラレータの属性を更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

accelerator*

UpdateCustomRoutingListener カスタムルーティングアクセラレータのリスナーを更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

listener*

UpdateEndpointGroup 標準アクセラレータリスナーのエンドポイントグループを更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

endpointgroup*

UpdateListener 標準アクセラレータのリスナーを更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

listener*

WithdrawByoipCidr BYOIP IPv4 アドレスのアドバタイズを停止するアクセス許可を付与します。 書き込み

AWS Global Accelerator で定義されるリソースタイプ

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource 要素で使用できます。アクションテーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
accelerator arn:${Partition}:globalaccelerator::${Account}:accelerator/${AcceleratorId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

listener arn:${Partition}:globalaccelerator::${Account}:accelerator/${AcceleratorId}/listener/${ListenerId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

endpointgroup arn:${Partition}:globalaccelerator::${Account}:accelerator/${AcceleratorId}/listener/${ListenerId}/endpoint-group/${EndpointGroupId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

AWS Global Accelerator の条件キー

AWS Global Accelerator では、IAM ポリシーの Condition 要素で使用できる以下の条件キーを定義します。これらのキーを使用して、ポリシーステートメントが適用される条件をさらに絞り込むことができます。以下の表の列の詳細については、「条件キーテーブル」を参照してください。

すべてのサービスで使用できるグローバル条件キーを確認するには、使用できるグローバル条件キーを参照してください。

条件キー 説明 タイプ
aws:RequestTag/${TagKey} リクエスト内のタグキーと値のペアのプレゼンスに基づいてアクションをフィルタリングします 文字列
aws:ResourceTag/${TagKey} リソースにアタッチされているタグキーと値のペアに基づいてアクションをフィルタリングします 文字列
aws:TagKeys リクエスト内のタグキーのプレゼンスに基づいてアクションをフィルタリングします 文字列