AWS IoT Greengrass のアクション、リソース、および条件キー - サービス認証リファレンス

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS IoT Greengrass のアクション、リソース、および条件キー

AWS IoT Greengrass (サービスプレフィックス: greengrass) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

AWS IoT Greengrass で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource 要素ですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
AssociateRoleToGroup ロールをグループに関連付けるアクセス許可を付与します。ロールのアクセス許可では、Greengrass コア Lambda 関数とコネクタに対し、他の AWS サービスでのアクション実行を許可する必要があります 書き込み

group*

AssociateServiceRoleToAccount ロールをアカウントに関連付けるアクセス許可を付与します。AWS IoT Greengrass は、このロールを使用して Lambda 関数と AWS IoT リソースにアクセスします アクセス権限の管理
CreateConnectorDefinition コネクタ定義を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateConnectorDefinitionVersion 既存のコネクタ定義のバージョンを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

connectorDefinition*

CreateCoreDefinition コア定義を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateCoreDefinitionVersion 既存のコア定義のバージョンを作成するアクセス許可を付与します。Greengrass グループには、それぞれ 1 つの Greengrass コアが含まれている必要があります。 書き込み

coreDefinition*

CreateDeployment デプロイを作成するアクセス許可を付与します 書き込み

group*

CreateDeviceDefinition デバイス定義を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateDeviceDefinitionVersion 既存のデイバス定義のバージョンを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

deviceDefinition*

CreateFunctionDefinition Lambda 関数とその設定のリストを含むグループで使用される Lambda 関数定義を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateFunctionDefinitionVersion 既存の Lambda 関数定義のバージョンを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

functionDefinition*

CreateGroup グループを作成するアクセス許可を付与します。 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateGroupCertificateAuthority グループの CA を作成、または既存の CA をローテーションするアクセス許可を付与する 書き込み

group*

CreateGroupVersion すでに定義されているグループのバージョンを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

group*

CreateLoggerDefinition ロガー定義を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateLoggerDefinitionVersion 既存のロガー定義のバージョンを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

loggerDefinition*

CreateResourceDefinition グループ内で使用されるリソースのリストを含むリソース定義を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateResourceDefinitionVersion 既存のリソース定義のバージョンを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

resourceDefinition*

CreateSoftwareUpdateJob Greengrass コアをトリガーして実行中のソフトウェアを更新する AWS IoT ジョブを作成するアクセス許可を付与する 書き込み
CreateSubscriptionDefinition サブスクリプション定義を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateSubscriptionDefinitionVersion 既存のサブスクリプション定義のバージョンを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

subscriptionDefinition*

DeleteConnectorDefinition コネクタ定義を削除するアクセス許可を付与する 書き込み

connectorDefinition*

DeleteCoreDefinition コア定義を削除するアクセス許可を付与します。デプロイで現在使用されている定義を削除すると、今後のデプロイに影響します 書き込み

coreDefinition*

DeleteDeviceDefinition デバイス定義を削除するアクセス許可を付与します。デプロイで現在使用されている定義を削除すると、今後のデプロイに影響します 書き込み

deviceDefinition*

DeleteFunctionDefinition Lambda 関数定義を削除するアクセス許可を付与します。デプロイで現在使用されている定義を削除すると、今後のデプロイに影響します 書き込み

functionDefinition*

DeleteGroup デプロイで現在使用されていないグループを削除するアクセス許可を付与する 書き込み

group*

DeleteLoggerDefinition ロガー定義を削除するアクセス許可を付与します。デプロイで現在使用されている定義を削除すると、今後のデプロイに影響します 書き込み

loggerDefinition*

DeleteResourceDefinition リソース定義を削除するアクセス許可を付与する 書き込み

resourceDefinition*

DeleteSubscriptionDefinition サブスクリプション定義を削除するアクセス許可を付与します。デプロイで現在使用されている定義を削除すると、今後のデプロイに影響します 書き込み

subscriptionDefinition*

DisassociateRoleFromGroup ロールのグループへの関連付けを解除するアクセス許可を付与する 書き込み

group*

DisassociateServiceRoleFromAccount アカウントからサービスロールの関連付けを解除するアクセス許可を付与します。サービスロールがない場合、デプロイは動作しません。 書き込み
Discover Greengrass コアに接続するために必要な情報を取得するアクセス許可を付与する Read

thing*

GetAssociatedRole グループに関連付けられているロールを取得するアクセス許可を付与する Read

group*

GetBulkDeploymentStatus 一括デプロイのステータスを返すアクセス許可を付与する Read

bulkDeployment*

GetConnectivityInfo コアの接続情報を取得するアクセス許可を付与する Read

connectivityInfo*

GetConnectorDefinition コネクタ定義に関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

connectorDefinition*

GetConnectorDefinitionVersion コネクタ定義バージョンに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

connectorDefinition*

connectorDefinitionVersion*

GetCoreDefinition コア定義に関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

coreDefinition*

GetCoreDefinitionVersion コア定義バージョンに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

coreDefinition*

coreDefinitionVersion*

GetDeploymentStatus デプロイのステータスを返すアクセス許可を付与する Read

deployment*

group*

GetDeviceDefinition デバイス定義に関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

deviceDefinition*

GetDeviceDefinitionVersion デバイス定義バージョンに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

deviceDefinition*

deviceDefinitionVersion*

GetFunctionDefinition Lambda 関数定義に関する情報 (作成時刻や最新バージョンなど) を取得するアクセス許可を付与する Read

functionDefinition*

GetFunctionDefinitionVersion バージョンに含まれる Lambda 関数やその設定など、Lambda 関数定義バージョンに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

functionDefinition*

functionDefinitionVersion*

GetGroup グループに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

group*

GetGroupCertificateAuthority グループに関連付けられた CA のパブリックキーを返すアクセス許可を付与する Read

certificateAuthority*

group*

GetGroupCertificateConfiguration グループが使用する CA の設定を取得するアクセス許可を付与する Read

group*

GetGroupVersion グループのバージョンに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

group*

groupVersion*

GetLoggerDefinition ロガー定義に関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

loggerDefinition*

GetLoggerDefinitionVersion ロガー定義バージョンに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

loggerDefinition*

loggerDefinitionVersion*

GetResourceDefinition リソース定義に関する情報 (作成時刻や最新バージョンなど) を取得するアクセス許可を付与する Read

resourceDefinition*

GetResourceDefinitionVersion バージョンに含まれるリソースなど、リソース定義バージョンに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

resourceDefinition*

resourceDefinitionVersion*

GetServiceRoleForAccount アカウントにアタッチされているサービスのロールを取得するアクセス許可を付与する Read
GetSubscriptionDefinition サブスクリプション定義に関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

subscriptionDefinition*

GetSubscriptionDefinitionVersion サブスクリプション定義バージョンに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

subscriptionDefinition*

subscriptionDefinitionVersion*

GetThingRuntimeConfiguration モノのランタイム設定を取得するアクセス許可を付与する Read

thingRuntimeConfig*

ListBulkDeploymentDetailedReports 一括デプロイオペレーションで開始されたデプロイとそれらの現在のデプロイステータスのページ分割リストを取得するアクセス許可を付与する Read

bulkDeployment*

ListBulkDeployments 一括デプロイのリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListConnectorDefinitionVersions コネクタ定義のバージョンを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

connectorDefinition*

ListConnectorDefinitions コネクタ定義のリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListCoreDefinitionVersions コア定義のバージョンを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

coreDefinition*

ListCoreDefinitions コア定義のリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListDeployments グループのすべてのデプロイのリストを取得するアクセス許可を付与する リスト

group*

ListDeviceDefinitionVersions デバイス定義のバージョンを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

deviceDefinition*

ListDeviceDefinitions デバイス定義のリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListFunctionDefinitionVersions Lambda 関数定義のバージョンを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

functionDefinition*

ListFunctionDefinitions Lambda 関数定義のリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListGroupCertificateAuthorities グループの現在の CA のリストを取得するアクセス許可を付与する リスト

group*

ListGroupVersions グループのバージョンを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

group*

ListGroups グループのリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListLoggerDefinitionVersions ロガー定義のバージョンを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

loggerDefinition*

ListLoggerDefinitions ロガー定義のリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListResourceDefinitionVersions リソース定義のバージョンを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

resourceDefinition*

ListResourceDefinitions リソース定義のリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListSubscriptionDefinitionVersions サブスクリプション定義のバージョンを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

subscriptionDefinition*

ListSubscriptionDefinitions サブスクリプション定義のリストを取得するアクセス許可を付与する リスト
ListTagsForResource リソースのタグを一覧表示するアクセス許可を付与します Read

bulkDeployment

connectorDefinition

coreDefinition

deviceDefinition

functionDefinition

group

loggerDefinition

resourceDefinition

subscriptionDefinition

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

ResetDeployments グループのデプロイをリセットするアクセス許可を付与する 書き込み

group*

StartBulkDeployment 1 回のオペレーションで複数のグループをデプロイするアクセス許可を付与する 書き込み
StopBulkDeployment 一括デプロイの実行を停止するアクセス許可を付与する 書き込み

bulkDeployment*

TagResource リソースにタグを追加するアクセス許可を付与します タグ付け

bulkDeployment

connectorDefinition

coreDefinition

deviceDefinition

functionDefinition

group

loggerDefinition

resourceDefinition

subscriptionDefinition

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

UntagResource リソースからタグを削除するアクセス許可を付与します タグ付け

bulkDeployment

connectorDefinition

coreDefinition

deviceDefinition

functionDefinition

group

loggerDefinition

resourceDefinition

subscriptionDefinition

aws:TagKeys

UpdateConnectivityInfo Greengrass コアの接続情報を更新するアクセス許可を付与します。このコアを持つグループに属するすべてのデバイスは、コアの場所を見つけてそれに接続するためにこの情報を受け取ります。 書き込み

connectivityInfo*

UpdateConnectorDefinition コネクタ定義を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

connectorDefinition*

UpdateCoreDefinition コア定義を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

coreDefinition*

UpdateDeviceDefinition デバイス定義を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

deviceDefinition*

UpdateFunctionDefinition Lambda 関数定義を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

functionDefinition*

UpdateGroup グループを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

group*

UpdateGroupCertificateConfiguration グループの証明書の有効期限を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

group*

UpdateLoggerDefinition ロガー定義を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

loggerDefinition*

UpdateResourceDefinition リソース定義を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

resourceDefinition*

UpdateSubscriptionDefinition サブスクリプション定義を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

subscriptionDefinition*

UpdateThingRuntimeConfiguration モノのランタイム設定を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

thingRuntimeConfig*

AWS IoT Greengrass で定義されるリソースタイプ

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource 要素で使用できます。アクションテーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
connectivityInfo arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/things/${ThingName}/connectivityInfo
certificateAuthority arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/groups/${GroupId}/certificateauthorities/${CertificateAuthorityId}
deployment arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/groups/${GroupId}/deployments/${DeploymentId}
bulkDeployment arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/bulk/deployments/${BulkDeploymentId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

group arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/groups/${GroupId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

groupVersion arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/groups/${GroupId}/versions/${VersionId}
coreDefinition arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/cores/${CoreDefinitionId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

coreDefinitionVersion arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/cores/${CoreDefinitionId}/versions/${VersionId}
deviceDefinition arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/devices/${DeviceDefinitionId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

deviceDefinitionVersion arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/devices/${DeviceDefinitionId}/versions/${VersionId}
functionDefinition arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/functions/${FunctionDefinitionId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

functionDefinitionVersion arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/functions/${FunctionDefinitionId}/versions/${VersionId}
subscriptionDefinition arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/subscriptions/${SubscriptionDefinitionId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

subscriptionDefinitionVersion arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/subscriptions/${SubscriptionDefinitionId}/versions/${VersionId}
loggerDefinition arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/loggers/${LoggerDefinitionId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

loggerDefinitionVersion arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/loggers/${LoggerDefinitionId}/versions/${VersionId}
resourceDefinition arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/resources/${ResourceDefinitionId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

resourceDefinitionVersion arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/resources/${ResourceDefinitionId}/versions/${VersionId}
connectorDefinition arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/connectors/${ConnectorDefinitionId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

connectorDefinitionVersion arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/definition/connectors/${ConnectorDefinitionId}/versions/${VersionId}
thing arn:${Partition}:iot:${Region}:${Account}:thing/${ThingName}
thingRuntimeConfig arn:${Partition}:greengrass:${Region}:${Account}:/greengrass/things/${ThingName}/runtimeconfig

AWS IoT Greengrass の条件キー

AWS IoT Greengrass では、IAM ポリシーの Condition 要素で使用できる以下の条件キーを定義します。これらのキーを使用して、ポリシーステートメントが適用される条件をさらに絞り込むことができます。以下の表の列の詳細については、「条件キーテーブル」を参照してください。

すべてのサービスで使用できるグローバル条件キーを確認するには、使用できるグローバル条件キーを参照してください。

条件キー 説明 タイプ
aws:CurrentTime 現在の日付と時刻の日付/時刻条件に基づいてアクションをフィルタリングする 日付
aws:EpochTime エポックまたは Unix 時間の現在の日時の日付/時刻条件に基づいてアクションをフィルタリングする 日付
aws:MultiFactorAuthAge リクエスト内の Multi-Factor Authentication (MFA) によって検証されたセキュリティ認証情報が MFA を使用して何秒前に発行されたかに基づいてアクションをフィルタリングする 数値
aws:MultiFactorAuthPresent 現在のリクエストで一時的なセキュリティ認証情報を検証するために Multi-Factor Authentication (MFA) が使用されたかどうかに基づいてアクションをフィルタリングする ブール値
aws:RequestTag/${TagKey} 各必須タグで許可されている値のセットに基づいてアクションをフィルタリングする 文字列
aws:ResourceTag/${TagKey} リソースに関連付けられているタグ値に基づいてアクションをフィルタリングします 文字列
aws:SecureTransport リクエストが SSL を使用して送信されたかどうかに基づいてアクションをフィルタリングする ブール値
aws:TagKeys リクエスト内の必須タグのプレゼンスに基づいてアクションをフィルタリングします 文字列
aws:UserAgent リクエスタのクライアントアプリケーションに基づいてアクションをフィルタリングする 文字列