AWS Service Catalog のセットアップ - AWS Service Catalog

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Service Catalog のセットアップ

AWS Service Catalog の使用を開始する前に、以下のタスクを完了します。

アマゾン ウェブ サービスにサインアップ

Amazon Web Services (AWS) を使用するには、AWS アカウントにサインアップする必要があります。

AWS にサインアップしてアカウントを作成するには

  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力するように求められます。

AWS のサインアップ処理が完了すると、ユーザーに確認メールが送信されます。ユーザーはいつでも http://aws.amazon.com/ で [マイアカウント]、[AWS マネジメントコンソール] の順に選択することで、現在のアカウントアクティビティを表示し、アカウントを管理することができます。

管理者およびエンドユーザー用のアクセス権限の付与

カタログ管理者とエンドユーザーは、AWS Service Catalog を使用するためにさまざまな IAM アクセス許可を必要とします。カタログ管理者には、AWS Service Catalog 管理者コンソールにアクセスし、製品を作成して、製品を管理するための IAM アクセス権限が必要です。製品をエンドユーザーが使用するには、AWS Service Catalog エンドユーザーコンソールへのアクセス、製品の起動、起動された製品の (プロビジョニング済み製品としての) 管理に必要なアクセス権限をエンドユーザーに付与する必要があります。

AWS Service Catalog では、管理ポリシーを使用して、これらのアクセス権限の多くが提供されます。AWS はこのようなポリシーを維持し、AWS Identity and Access Management (IAM) サービスで提供します。これらのポリシーは、IAM ユーザー、グループ、または自分やエンドユーザーが使用するロールにアタッチして使用できます。