メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES での専用 IP アドレスの使用

Amazon SES アカウントを新規作成すると、他の Amazon SES ユーザーとの共有 IP アドレスからお客様の E メールが送信されます。追加の月額料金で、お客様用に予約された専用 IP アドレスをリースできます。この 2 種類のアドレスの利点と欠点を次の表にまとめました。[利点] 列の項目をクリックすると、その利点に関する詳細情報が表示されます。

重要

大量のメールを定期的に送信する予定がない場合は、共有 IP アドレスの使用をお勧めします。少量のメールの送信に専用 IP アドレスを使用する場合や、送信パターンが非常に不規則である場合は、配信性能に問題が生じます。

容易なセットアップ

共有 IP アドレスを使用する場合、追加設定は不要です。メールアドレスを確認してサンドボックス外に移動すると同時に、Amazon SES アカウントはメールを送信できる状態になります。

専用 IP アドレスをリースする場合は、必要な専用 IP アドレス数の決定、リクエストの提出、さらに必要に応じて専用 IP プールの設定が必要になります。

AWS が管理する評価

IP アドレスの評価は、主に送信パターンと送信量の履歴に基づきます。長期にわたって一定量の E メールを送信している IP アドレスは、通常、評価が高くなります。

共有 IP アドレスはナン人かの Amazon SES のお客様によって使用されます。これらのお客様は、合わせると大量の E メールを送信しています。AWS では、この送信トラフィックを慎重に管理して、共有 IP アドレスの評価を最大限に高めています。

専用 IP アドレスを使用する場合、予測可能な一定量の E メールを送信して送信者の評価を維持することはお客様の責任となります。

送信パターンの予測可能性

E メール送信の一貫した履歴を持つ IP アドレスは、以前の送信履歴がなくて急に大量の E メール送信を開始する IP アドレスよりも評価が高くなります。

E メール送信のパターンが不規則で予測可能ではない場合、共有 IP アドレスの方がニーズに適しています。共有 IP アドレスを使用すると、状況に応じて E メール送信パターンを増減できます。

専用 IP アドレスを使用する場合は、E メールの送信量を毎日少しずつ増やして、それらのアドレスをウォームアップする必要があります。新しい IP アドレスをウォームアップするプロセスについては、「専用 IP アドレスのウォームアップ」で説明しています。専用 IP アドレスのウォームアップが完了したら、一貫した送信パターンを維持する必要があります。

送信メールのボリューム

専用 IP アドレスは、大量の E メールを送信するお客様に最適です。ほとんどのインターネットサービスプロバイダー (ISP) は、特定の IP アドレスから大量の E メールを受け取った場合にのみ、そのアドレスの評価を追跡します。評価を得る対象の ISP ごとに毎月 1 回以上、24 時間以内に数百通の E メールを送信する必要があります。

状況に応じて、大量の E メールを送信しない場合でも専用 IP アドレスを使用できます。たとえば、正しく定義された小グループの受取人が、IP アドレスの評価ではなく特定の IP アドレスのリストに基づいて E メールを承認または拒否するメールサーバーを利用している場合、これらの受取人に送信するには専用 IP アドレスが適していることがあります。

追加料金

共有 IP アドレスの使用には、Amazon SES の標準料金が適用されます。専用 IP アドレスをリースすると、Amazon SES を使用したメール送信に関連する標準料金以外に、追加の月額料金が発生します。専用 IP アドレスの月額料金は、アドレスごとに別々です。料金情報については、Amazon SES の料金ページを参照してください。

送信者の評価に関する制御

専用 IP アドレスを使用する場合、これらのアドレスから E メールを送信できるのは Amazon SES アカウントのみです。したがって、リースした専用 IP アドレスの送信者評価は、E メール送信状況に依存します。

送信者評価の分離

専用 IP アドレスを使用すると、E メールプログラムのコンポーネント別に送信者の評価を分離できます。Amazon SES 用に複数の専用 IP アドレスを使用する場合は、専用 IP プール (専用 IP アドレスのグループ) を作成し、特定タイプのメールの送信に使用できます。たとえば、マーケティングメールの送信用と取引メールの送信用に専用 IP アドレスのプールをそれぞれ作成できます。詳細については、「専用 IP プールの作成」を参照してください。

変わることがない既知の IP アドレス

専用 IP を使用する場合、E メールを送信するアドレスの値は、Amazon SES コンソールの [Dedicated IPs] ページで見つけることができます。専用 IP アドレスは変更されません。

共有 IP アドレスでは、Amazon SES で E メールの送信に使用される IP アドレスは既知ではなく、いつでも変更される場合があります。