Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES における制限

このトピックでは、Amazon Simple Email Service (Amazon SES) 内の制限の一覧を示します。

E メール送信に関連する制限

次の表では、E メール送信に関連する制限を示します。

送信制限

注記

メッセージ数ではなく、受取人数に基づいた送信制限があります。

制限 説明
サンドボックス環境での送信制限
  • 送信クォータ: 24 時間あたり 200 通の E メール。

  • 最大送信レート: 1 秒あたり 1 E メール。

    注記

    Amazon SES のメッセージ受信レートはこの最大送信レートよりも少ない場合があります。

送信制限を引き上げるには、サポートセンターで [SES Sending Limits] ケースを開きます。詳細については、「Amazon SES サンドボックスの外への移動」を参照してください。

サンドボックス環境の外部での送信制限

送信クォータおよび最大送信レートは、独自のユースケースや送信状況によって異なります。

アカウントの状態に問題がなく (確認中ではなく、E メール送信機能が一時停止されていない場合)、アカウントの送信制限に近づいている場合は、アカウントの送信制限を自動的に引き上げます。これらの制限の引き上げを定期的に実行します。これらの値は定期的に変更されるため、増加が発生するたびに増加量や頻度を発行するわけではありません。

Amazon SES コンソールの [Sending Statistics (送信統計情報)] ページで、または、GetSendQuota API を使用して、アカウントの現在の送信制限を確認できます。

大量の送信制限が必要な場合は、サポート センターで送信制限の引き上げケースを開きます

メッセージ制限

制限 説明

最大メッセージサイズ (添付ファイルを含む)

メッセージあたり 10 MB(base64 エンコーディング後)

承諾済みヘッダーフィールド

Amazon SES は、RFC 822 で規定された形式に準拠するあらゆる E メールヘッダーに対応しています。

承諾済み添付ファイルタイプ

Amazon SES は、「付録: サポート対象外の添付ファイルの種類」に示している拡張子の添付ファイルを除く、すべての種類の添付ファイルに対応しています。

送信者と受取人の制限

制限 説明

送信者アドレス

サンドボックス内でも外でも、「From」、「Source」、「Sender」、および「Return-Path」E メールアドレスまたはドメインを検証する必要があります。ただし、「Reply-To」は含みません

受取人アドレス

サンドボックス環境では、Amazon SES メールボックスシミュレーターアドレスを除くすべての「To」アドレスを検証する必要があります。「To」アドレスを確認しない場合は、サポートセンターで [SES Sending Limits] ケースを開きます。詳細については、「Amazon SES サンドボックスの外への移動」を参照してください。

メッセージあたりの受取人の最大数

メッセージあたり 50 人の受取人。

受取人は「To」、「CC」、または「BCC」アドレスのいずれかです。

検証できるアイデンティティの最大数

AWS リージョンあたり 10,000 個の ID (ドメインと E メールアドレスの任意の組み合わせ)

メール送信イベントの発行に関連する制限

制限 説明

設定セットの最大数

10,000

設定セット名の最大長

設定名には、最大で 64 文字までの英数字を含めることができます。この名前には、ハイフン (-) とアンダースコア (_) も使用できます。名前にスペース、アクセント文字、またはその他の特殊文字を含めることはできません。

設定セットあたりのイベント送信先の最大数

10

CloudWatch イベント送信先あたりのディメンションの最大数

10

E メールテンプレートの制限

制限 説明

各 AWS リージョンの E メールテンプレートの最大数

10,000

最大テンプレートサイズ

500 KB

各テンプレートの最大数置換値

無制限

テンプレート化された各 E メールの受信者の最大数

送信先 50 件。送信先は、「To」、「CC」、「BCC」行にあるすべての E メールアドレスです。

注記

1 回の API の呼び出しで連絡できる送信先がアカウントの最大送信レートによって制限される場合があります。

Amazon EC2 関連の制限

制限 説明

ポート 25 での E メール送信

Amazon EC2 では、デフォルトでポート 25 経由の E メールトラフィックを制限しています。Amazon EC2 から Amazon SES SMTP エンドポイントを介して E メールを送信する際のタイムアウトを回避するには、他のポート (587 または 2587) を使用するか、または「E メール送信制限解除リクエスト」に必要事項を入力します。

メール受信に関連する制限

次の表では、E メール受信に関連する制限を示します。

制限 説明

受信ルールセットあたりのルールの最大数

200

受信ルールあたりのアクションの最大数

10

受信ルールあたりの受取人の最大数

100

AWS アカウントあたりの受信ルールセットの最大数

40

AWS アカウントあたりの IP アドレスフィルタの最大数

100

Amazon S3 バケットに保存できる E メールの最大サイズ (ヘッダーを含む)

30 MB

Amazon SNS 通知を使用して公開できる E メールの最大サイズ (ヘッダーを含む)

150 KB

一般的な制限事項

次の表では、E メールの送信と受信の両方に適用される制限を示します。

Amazon SES API の制限

制限 説明

Amazon SES API アクションを呼び出すことができるレート

すべてのアクション (SendEmail および SendRawEmail を除く) は、1 秒あたり 1 リクエストに絞られます。Amazon SES API の詳細については、「Amazon Simple Email Service API Reference」を参照してください。

Amazon SES に関するさまざまなトピックについての情報やディスカッションについては、AWS メッセージングおよびターゲティングブログ を参照してください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。