Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES での E メール送信のテスト

Amazon SES のメールボックスシミュレーターを使用すると、さまざまな E メール送信シナリオに対応するアプリケーションの機能をテストできます。メールボックスシミュレーターは、架空の E メールアドレスを作成せずに E メール送信アプリケーションをテストしたり、1 日あたりの送信クォータに影響を与えずにシステムの最大スループットを確認したりする場合に役立ちます。

重要な考慮事項

Amazon SES メールボックスシミュレーターを使用する場合は、以下の特徴と制限に留意してください。

  • メールボックスシミュレーターは、アカウントが Amazon SES サンドボックスにある場合でも使用できます。

  • メールボックスシミュレーターに送信する E メールは、アカウントの最大送信レートの制限を受けますが、毎日の送信制限には影響しません。たとえば、アカウントが 24 時間あたり 10,000 件のメッセージ送信を許可されていて、100 件のメッセージをメールボックスシミュレーターに送信した場合、依然として最大 10,000 件のメッセージを通常の受取人に送信でき、送信制限に達することはありません。

  • メールボックスシミュレーターに送信する E メールは、E メールの配信性能や評価のメトリクスには影響しません。たとえば、大量のメッセージをメールボックスシミュレーターのバウンスアドレスに送信しても、バウンス率が高すぎることを警告するメッセージが評価ダッシュボードに表示されることはありません。

  • 請求に関しては、Amazon SES メールボックスシミュレーターに送信する E メールは、Amazon SES を使用して送信する他の E メールと同じ扱いになります。つまり、メールボックスシミュレーターに送信したメッセージに対しても、通常の受取人に送信したメッセージと同額が請求されます。

  • メールボックスシミュレーターでは、ラベリングがサポートされているため、メールボックスシミュレーターの同じアドレスに複数の方法で E メールを送信したり、アプリケーションで可変エンベロープリターンパス (VERP) を処理する方法を確認したりできます。たとえば、bounce+label1@simulator.amazonses.combounce+label2@simulator.amazonses.com に E メールを送信して、バウンスメッセージとバウンスを生じた E メールアドレスをアプリケーションが照合できるかどうかを確認できます。

  • メールボックスシミュレーターを使用して同じ送信リクエストからの複数のバウンスをシミュレートする場合、Amazon SES は複数のバウンスのレスポンスを 1 つのレスポンスにまとめます。

メールボックスシミュレーターの使用方法

メールシミュレーターを使用するには、以下の表でシミュレートするシナリオを見つけ、対応する E メールアドレスに E メールを送信します。

注記

メールボックスシミュレーターのアドレスに E メールを送信するには、Amazon SES を介して、AWS CLI、AWS SDK、Amazon SES コンソール、Amazon SES SMTP インターフェイス、または Amazon SES API のいずれかを使用します。メールボックスシミュレーターは、外部ソースから送信された E メールには応答しません。

シミュレートシナリオ E メールアドレス
正常な配信 – 受取人の E メールプロバイダーが E メールを受領します。「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」の説明に従って配信通知をセットアップしている場合、Amazon SES は Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) から配信通知を送信します。 success@simulator.amazonses.com
バウンス – 受取人の E メールプロバイダーは、SMTP 550 5.1.1 レスポンスコード (「不明なユーザー」) レスポンスコードで E メールを拒否します。Amazon SES は、バウンス通知を生成し、アカウントのセットアップ内容に応じて、この通知を E メールで送信するか、Amazon SNS トピックに通知を送信します。通常、ハードバウンスが発生した場合は E メールアドレスが Amazon SES サプレッションリストに追加されますが、メールボックスシミュレーターの E メールアドレスは追加されません。メールボックスシミュレーターから受け取るバウンス応答は、RFC 3464 に準拠しています。バウンスフィードバックの受け取り方法については、「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」を参照してください。 bounce@simulator.amazonses.com
自動応答 – 受取人の E メールプロバイダーが E メールを受領し、受取人の受信トレイに配信します。E メールプロバイダーは、不在 (OOTO) メッセージなどの自動応答を E メールのリターンパスヘッダーのアドレスに送信します。リターンパスヘッダーが存在しない場合は、エンベロープ送信者 (「MAIL FROM」) アドレスに送信します。メールボックスシミュレーターから受け取る自動応答は、RFC 3834 に準拠しています。 ooto@simulator.amazonses.com
苦情 – 受取人の E メールプロバイダーが E メールを受領し、受取人の受信トレイに配信します。受取人は、これを未承諾のメッセージであると判断し、E メールクライアントで [Mark as Spam (スパムとしてマーク)] をクリックします。次に、アカウントのセットアップ内容に応じて、Amazon SES が E メールまたは Amazon SNS トピックへの通知により、送信者に苦情通知を転送します。メールボックスシミュレーターから受け取る苦情応答は、RFC 5965 に準拠しています。苦情フィードバックの受け取り方法については、「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」を参照してください。 complaint@simulator.amazonses.com
サプレッションリストの受取人アドレス – 受取人のアドレスが Amazon SES サプレッションリストに追加されている場合と同じように Amazon SES でハードバウンスが生成されます。 suppressionlist@simulator.amazonses.com

拒否イベントのテスト

Amazon SES を介して送信するすべてのメッセージでウイルスがスキャンされます。ウイルスを含むメッセージを送信すると、Amazon SES はメッセージを受け入れ、ウイルスを検出して、そのメッセージ全体を拒否します。Amazon SES でメッセージが拒否されると、メッセージの処理が停止され、受取人のメールサーバーへのメッセージ配信は試行されません。次に、拒否イベントが生成されます。

Amazon SES メールボックスシミュレーターには、拒否イベントをテストするためのアドレスは含まれていません。ただし、拒否イベントは、EICAR テストファイルを使用してテストできます。このファイルは、ウイルス対策ソフトウェアを安全な方法でテストする業界標準の手段です。EICAR テストファイルを作成するには、以下のテキストをファイルに貼り付けます。

X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*

そのファイルを sample.txt として保存し、E メールに添付して、そのメールを確認済みアドレスに送信します。E メールに他の問題がない場合、Amazon SES はメッセージを受け入れますが、実際のウイルスが含まれている場合と同じように拒否します。

注記

拒否された E メール (上記の手順を使用して送信したものを含む) は、1 日あたりの送信クォータに対してカウントされます。送信するメッセージ (拒否されたメッセージを含む) ごとに料金が発生します。

EICAR テストファイルの詳細については、Wikipedia の「EICAR テストファイル」を参照してください。ファイルを添付したメッセージの送信に使用できるコード例については、「AWS SDKs を使用して raw E メールを送信する」を参照してください。

Amazon SES に関するさまざまなトピックについての情報やディスカッションについては、AWS メッセージングおよびターゲティングブログ を参照してください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。