Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES イベント発行を使用したモニタリング

E メールの送信を細かく追跡するには、定義した詳細な E メール特性に基づいて E メール送信イベントを Amazon CloudWatch または Amazon Kinesis Data Firehose に発行するように Amazon SES をセットアップできます。たとえば、メールを目的 (トランザクションまたはマーケティング)、製品の詳細、受取人の「From」ドメインなどごとに分類できます。

送信、配信、オープン、クリック、バウンス、苦情、拒否など、いくつかの種類の E メール送信イベントを追跡できます。この情報は、運用と分析の目的で役立ちます。たとえば、E メール送信データを CloudWatch に公開し、E メールキャンペーンのパフォーマンスを追跡するダッシュボードを作成できます。

イベント発行のしくみ

イベント発行を使用するには、まず 1 つ以上の設定セットをセットアップします。設定セットは、イベントの発行先の場所と発行するイベントを指定します。その後、メールを送信するたびに、設定セットの名前と 1 つ以上のメッセージタグを名前と値のペアの形式で指定し、メールを分類します。たとえば、書籍を宣伝する場合、関連するキャンペーンのメールを送信するときに、メッセージタグに genre という名前を付け、値 sci-fi または western を割り当てることができます。使用する E メール送信インターフェイスに応じて、API 呼び出しへのパラメータとして、または Amazon SES 固有の E メールヘッダーとして、メッセージタグを指定します。設定セットの詳細については、「Amazon SES の設定セットの使用」を参照してください。

ユーザーが指定するメッセージタグに加え、送信するメッセージには Amazon SES によって自動タグも追加されます。自動タグを使用するために追加のステップを実行する必要はありません。

次の表は、Amazon SES を使用して送信するメールに自動的に適用される自動タグの一覧です。

Amazon SES の自動タグ

自動タグ名 説明
ses:configuration-set E メールに関連付けられた設定セットの名前。
ses:caller-identity E メールを送信した Amazon SES ユーザーの IAM アイデンティティ。
ses:from-domain 「From」アドレスのドメイン。
ses:source-ip 呼び出し元がメールの送信に使用した IP アドレス.
ses:outgoing-ip Amazon SES で E メールの送信に使用した IP アドレス。

イベント発行を使用する方法

以下のセクションには、Amazon SES イベント発行のセットアップと使用に必要な情報が含まれています。

イベント発行の用語

次のリストでは、Amazon SES イベント発行に関連する用語を定義します。

メール送信イベント

Amazon SES に送信したメールの結果に関連付けられた情報。以下に示しているのは、送信イベントです。

  • 送信 – Amazon SES に対する呼び出しが成功しました。Amazon SES はメールの配信を試行します。

  • 拒否 – Amazon SES は E メールを受け付け、ウイルスが含まれていることを検出した後で拒否しました。Amazon SES は、受取人のメールサーバーにメールの配信を試みませんでした。

  • バウンス - 受取人のメールサーバーにより、メールは完全に拒否されました。このイベントはハードバウンスに該当します。ソフトバウンスは、Amazon SES が一定期間にわたって再試行してもメールを配信できなかった場合に限ります。

  • 苦情 – E メールは受取人に正常に配信されました。受取人がメールをスパムとしてマークしました。

  • 配信 – Amazon SES が受取人のメールサーバーに E メールを正常に送信しました。

  • オープン – 受取人がメッセージを受け取り、E メールクライアントで開きました。

  • クリック – 受取人はメール内の 1 つ以上のリンクをクリックしました。

  • レンダリング失敗 – テンプレートレンダリングの問題のために E メールが送信されませんでした。このイベントタイプは、SendTemplatedEmail または SendBulkTemplatedEmail API オペレーションを使用してテンプレートメールを送信する場合にのみ発生します。このイベントタイプは、テンプレートデータが見つからない場合や、テンプレートのパラメーターとデータが一致しない場合に発生します。

設定セット

メール送信イベントの発行先とタイプをカプセル化する Amazon SES 構造。イベント発行で使用するメールを送信するとき、メールに関連付ける設定セットを指定します。

イベントの発行先

Amazon SES E メール送信イベントの発行先である AWS のサービスを表す Amazon SES 構造。セットアップする各イベントの発行先が所属できる設定セットは 1 つだけです。

メッセージタグ

イベント発行の目的でメールの分類に使用する名前と値のペア。たとえば、campaign/bookcampaign/clothing などです。メールを送信するときに、API 呼び出しへのパラメータとして、または Amazon SES 固有のメールヘッダーとして、メッセージタグを指定します。

自動タグ

イベント発行レポートに自動的に含まれるメッセージタグ。自動タグとして、設定セット名、「From」アドレスのドメイン、発信者の送信 IP アドレス、Amazon SES の送信 IP アドレス、および発信者の IAM アイデンティティがあります。

Amazon SES に関するさまざまなトピックについての情報やディスカッションについては、AWS メッセージングおよびターゲティングブログ を参照してください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。