Amazon SES 送信のレビュープロセスに関するよくある質問 - Amazon Simple Email Service

Amazon SES 送信のレビュープロセスに関するよくある質問

Amazon SES から送信された E メールをモニタリングして、このサービスが悪意のあるコンテンツや迷惑なコンテンツ、または質の低い E メールの送信に使用されていないことを確認しています。ユーザーがこのようなカテゴリに分類されるコンテンツを送信していると判断した場合、そのアカウントに対してアクションを起こします。このプロセスを送信レビュープロセスと呼びます。

多くの場合、アカウントの問題を検出すると、そのアカウントをレビューします。アカウントの E メール送信機能を一時停止する場合もあります。当社では、各アカウントの送信者の評価を保護するため、また、他の Amazon SES ユーザーが、サービスの中断や配信性能の問題を経験しないためにこれらのアクションを実行します。

アカウントのレビューに関するよくある質問

Q1.「アカウントはレビュー対象です」というメッセージを受け取りました。これはどういう意味ですか?

AWS はお客様のアカウントから送信された E メールに関連する問題を検出すると、その修正までの猶予期間を与えます。引き続き通常どおり E メールを送信できますが、お客様のアカウントがレビュー対象の原因となった問題を修正する必要があります。レビュー期間が終了するまでに問題を修正しない場合は、以後の E メールの送信機能が一時停止される場合があります。

Q2.アカウントがレビュー対象になるときは、必ず通知されますか?

はい。AWS アカウントに関連付けられた E メールアドレスに通知が送信されます。

Q3.アカウントがレビュー対象であるという通知を受け取らなかったのはなぜですか?

アカウントがレビュー対象になると、AWS アカウントに関連付けられた E メールアドレスに通知が自動的に送信されます。この E メールアドレスは、AWS アカウントの作成時に指定したものです。Amazon SES を介した E メールの送信に使用するものと異なる場合があります。

評価ダッシュボードを定期的に参照して、送信者の評価をモニタリングすることをお勧めします。また、Amazon CloudWatch で自動アラームを設定できます。これらのアラームは、評価メトリクスが特定のしきい値を超えたときに通知を送信します。Amazon CloudWatch は、携帯電話にテキストメッセージを送信するなど、他の方法で連絡するように設定することもできます。

Q4.Amazon SES アカウントがレビュー対象であることは、他の AWS サービスの使用に影響を与えますか?

Amazon SES のアカウントがレビュー中でも、他の AWS のサービスを使用できます。ただし、アウトバウンド通信を送信する他の AWS のサービス (Amazon SNS など) のサービスクォータの引き上げを申請した場合、Amazon SES アカウントのレビューが解除されるまでは、その申請は拒否されることがあります。

Q5.アカウントがレビュー対象である場合、どうすればよいですか?

次のことを実行してください。

  • お客様の状況で可能な場合は、問題が解決されるまでメールの送信を停止します。アカウントのレビュー中も E メールの送信を続行できます。ただし、変更を加えずにメールを送信し続けると、不用意に問題を悪化させる可能性があります。

  • 当社から受け取る E メールをご覧になり、問題の概要について確認してください。

  • 送信内容を調べて、どのような送信が原因で問題が発生したのかを具体的に特定します。

  • 問題解決のための変更を行った場合は、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージでは、問題を解決するために行った手順の詳細情報を提供し、これらの手順を実行して今後問題が再発するのを防ぐ方法を説明してください。

  • 当社が具体的に要求するすべての情報を必ず提供してください。お客様の状況を評価するために、これらの情報が必要になります。

Q6.レビューとは何ですか?

レビュー対象であるとの私たちの決定を見直すことをリクエストできます。見直しのリクエストに関する詳細については、次の質問を参照してください。

Q7.見直しのリクエストをするにはどうすればよいですか?

見直しをリクエストするには、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。

リクエストで以下の情報が提供します。

  • アカウントがレビュー対象となった根本原因に関する情報。

  • 問題修正のために行った変更のリスト。実装済みのステップのみを含め、今後実装する予定のステップは含めないでください。

  • これらの変更により今後どのように同じ問題の再発が防止されるかに関する情報。

アカウントがレビュー対象となったイベントの性質によっては、追加情報を提出していただく場合があります。リクエストに含める情報のリストについては、発生した問題に関する、よくある質問のトピックを参照してください。

Q8.見直しリクエストが受け入れられない場合どうなりますか?

当社はお客様にリクエストを受け入れなかった理由に関する情報を回答します。問題を解決し、その変更により今後問題の再発を防げることを示すことができれば、場合によっては、別のリクエストを送信することができます。

Q9.問題を診断する際にサポートを受けることはできますか?

通常は、問題の概要だけが伝えられます (たとえば、バウンスに関する問題があるなど)。根本原因は、お客様の側で調査する必要があります。

Q10.アカウントがレビュー対象でなくなったことを確認するには、どうすればよいですか?

評価ダッシュボードにはアカウントの現在のステータスに関する情報が含まれます。詳細については、「評価ダッシュボードを使用してバウンス率と苦情率を追跡する」を参照してください。

Q11.問題が存在する場合は必ずアカウントがレビュー対象になりますか。

いいえ。状況によっては、アカウントをまずレビュー対象にするのではなく、E メール送信機能を一時停止する場合があります。例:

  • 問題が非常に深刻な場合。

  • お客様のアカウントが過去に何度も同じ問題でレビュー対象になっている場合。そのため、レビュー対象の原因となった個別の問題に解決するだけではなく、根本的な問題に対処することが重要となります。たとえば、特定のキャンペーンが原因でアカウントがレビュー対象になっているのであれば、そのキャンペーンを単に停止以上のことを実行する必要があります。キャンペーンのどのような特徴が問題となっていたかを特定し、今後のキャンペーンで同じ問題が発生しないようにするプロセスを構築する必要があります。

いずれの場合でも、アカウントの E メール送信機能を一時停止する際には、自動的に通知を送信します。

Q12.レビュー対象の期限が切れる直前に問題を解決した場合どうなりますか?

AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。ケースへの返信で、問題を解決したことを AWS に通知します。

Q13.AWS の担当者やプレミアムサポートからサポートを受けることはできますか?

AWS のアカウント担当者がすでに決まっている場合は、お客様のアカウントがレビュー対象になると、その担当者に自動的に通知されます。アカウント担当者はお客様に問題の把握に役立つ追加情報を提供できる場合があります。プレミアムサポートを利用している場合は、そのチームに連絡してさらなるサポートを受ける必要もあります。

送信一時停止に関するよくある質問

Q1.「アカウントの E メール送信機能を一時停止します」というメッセージを受信しました。これはどういう意味ですか?

お客様が送信した E メールに重大な問題があるため、お客様のアカウントの E メール送信機能を一時停止しました。ほとんどの場合、アカウントの一時停止は、次のいずれかの理由によります。

  • 以前にアカウントがレビュー対象になっていた。アカウントがレビュー対象となった原因の問題がレビュー期間の終了までに修正されなかったため、アカウントの E メール送信を一時停止します。

  • アカウントは同じ問題で何度もレビュー対象になっている。

  • アカウントは AWS サービス利用規約に違反した E メールを送信した。これらの違反が深刻な場合、アカウントをまずレビュー対象にするのではなく、E メール送信機能を一時停止する可能性があります。

Q2.アカウントの E メール送信機能が一時停止されるときは、必ず通知されますか ?

はい。AWS アカウントに関連付けられた E メールアドレスに通知が送信されます。

Q3.アカウントの E メール送信機能が一時停止されています。なぜ通知がなかったのでしょうか?

アカウントの E メール送信機能を一時停止する場合は、そのアカウントに関連付けられている E メールアドレスに通知を送信します。

注記

AWS アカウントを作成するときに、E メールアドレスを指定する必要があります。このアドレスはいつでも変更できます。AWS アカウントに関連付けられているアドレスを変更する詳しい方法については、AWS Billing and Cost Management ユーザーガイドの「AWS アカウントの管理」を参照してください。

バウンス率や苦情率が高すぎるときに通知するアラームを Amazon CloudWatch で作成できます。アラームを作成すると、アカウントの E メール送信機能の一時停止に至るような要因について早い段階で警告を受けることができます。ただし、バウンスや苦情以外にも E メール送信機能を一時停止する要因があります。CloudWatch でのアラームの作成の詳細については、「CloudWatch を使用して評価モニタリングアラームを作成する」を参照してください。

配信性能ダッシュボードを使用してアカウントの現在のステータスを確認することもできます。たとえば、アカウントの E メール送信機能が現在一時停止になっている場合、配信性能ダッシュボードの [Account status (アカウントステータス)] セクションに、ステータスとして [SENDING PAUSE (送信一時停止)] と表示されます。アカウントで正常に E メールを送信できる場合は、[HEALTHY (正常)] と表示されます。

最後に、https://phd.aws.amazon.com/ で AWS Personal Health Dashboard (PHD) をチェックし、アカウントの E メール送信機能が現在一時停止されているかどうかを確認できます。アカウントの E メール送信機能が一時停止されると、PHD の [Event log (イベントログ)] セクションに [SES sending paused (SES 送信一時停止)] イベントが自動的に追加されます。[SES sending paused (SES 送信一時停止)] イベントのステータスは、アカウントの E メール送信機能が現在一時停止されているかどうかに関係なく、常に [Closed (クローズ)] です。イベントログには、送信一時停止イベントの発生時に AWS アカウントに関連付けられていた E メールアドレスに送信された E メールのコピーも含まれます。

個人用ヘルスダッシュボードに新しいイベントが表示されたときに通知するアラームを CloudWatch で作成できます。詳細については、AWS Health ユーザーガイドの「CloudWatch イベント を使用した AWS Health イベントのモニタリング」を参照してください。

Q4.アカウントの E メール送信機能が一時停止されています。これによって、他の AWS サービスの使用に影響がありますか?

アカウントの E メール送信機能の一時停止中にも他の AWS サービスを使用することもできます。ただし、アウトバウンド通信を送信する AWS の他のサービス (Amazon SNS など) でサービスクォータの引き上げを申請した場合、アカウントの E メール送信機能が回復するまで、その申請は拒否されることがあります。

Q5.アカウントの E メール送信機能が一時停止されるときは、どうすればよいですか?

次のことを実行してください。

  • 当社から受け取る E メールをご覧になり、問題の概要について確認してください。

  • 送信内容を調べて、どのような送信が原因で問題が発生したのかを具体的に特定します。

  • 問題解決のための変更を行った場合は、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージでは、問題を解決するために行った手順の詳細情報を提供し、これらの手順を実行して今後問題が再発するのを防ぐ方法を説明してください。

  • 当社が具体的に要求するすべての情報を必ず提供してください。お客様の状況を評価するために、これらの情報が必要になります。

Q6.レビューとは何ですか?

レビュー対象であるとの私たちの決定を見直すことをリクエストできます。見直しのリクエストに関する詳細については、次の質問を参照してください。

Q7.見直しのリクエストをするにはどうすればよいですか?

見直しをリクエストするには、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。

リクエストで以下の情報が提供します。

  • この問題の原因に関する情報。

  • 問題修正のために行った変更のリスト。実装済みのステップのみを含め、今後実装する予定のステップは含めないでください。

  • これらの変更により今後どのように同じ問題の再発が防止されるかに関する情報。

アカウントの E メール送信機能が一時停止となったイベントの性質によっては、追加情報を提出していただく場合があります。リクエストに含める情報のリストについては、発生した問題に関する、よくある質問のトピックを参照してください。

Q8.リクエストが受け入れられない場合どうなりますか?

当社はお客様にリクエストを受け入れなかった理由に関する情報を回答します。問題を解決し、その変更により今後問題の再発を防げることを示すことができれば、場合によっては、別のリクエストを送信することができます。

Q9.問題を診断する際にサポートを受けることはできますか?

通常は、問題の概要だけが伝えられます (たとえば、バウンスに関する問題があるなど)。問題を解決するのは、お客様の責任です。

Q10.アカウントの E メール送信機能が回復したことはどうすればわかりますか?

評価ダッシュボードにはアカウントの現在のステータスに関する情報が含まれます。詳細については、「評価ダッシュボードを使用してバウンス率と苦情率を追跡する」を参照してください。

Q11.AWS の担当者やプレミアムサポートからサポートを受けることはできますか?

AWS のアカウント担当者がすでに決まっている場合は、お客様のアカウントの E メール送信機能が一時停止になると、その担当者に自動的に通知されます。アカウント担当者はお客様に問題の把握に役立つ追加情報を提供できる場合があります。プレミアムサポートを利用している場合は、そのチームに連絡してさらなるサポートを受ける必要もあります。

バウンスに関するよくある質問

Q1.なぜバウンスを重視しているのですか?

高いバウンス率は、E メールプロバイダーやアンチスパム組織などのエンティティで、不良な E メール送信プラクティスに関与している送信者を検出するためによく使用されます。高いバウンス率は、E メールが受信トレイではなく迷惑メールフォルダに送信される原因になる可能性があります。

Q2.アカウントのバウンス率のため、アカウントがレビュー対象である、または送信が一時停止になるという通知を受信した場合、どうすればよいですか?

問題の原因を特定し、修正します。問題解決のための変更を行った場合は、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージでは、問題を解決するために行った手順の詳細情報を提供し、これらの手順を実行して今後問題が再発するのを防ぐ方法を説明してください。次の情報も含めてください。

Q3.どのような種類のバウンスがバウンス率に含まれますか?

バウンス率には、まだ確認していないドメインに対するハードバウンスのみが含まれます。ハードバウンスは、"アドレスは存在しません" などの永続的な配信障害です。 "メールボックスがいっぱいです" などの一時的かつ断続的な障害や、IP アドレスのブロックによるバウンスは、バウンス率にカウントされません。

Q4.アカウントのレビューや、送信の一時停止の原因になりえるバウンス率は公開されていますか?

最良の結果を得るには、バウンス率を 2% 未満に維持する必要があります。これより高いバウンス率は、E メールの配信に影響する可能性があります。

バウンス率が 5% 以上になると、アカウントはレビュー対象になります。バウンス率が 10% 以上の場合は、高いバウンス率の原因となった問題が解決するまで、以後の E メール送信を一時停止することがあります。

Q5.バウンス率の計算対象となる期間はどれくらいですか?

バウンス率の計算は一定期間に基づいて行われるわけではありません。これは、さまざまな送信者が異なる割合で送信を行うためです。代わりに、代表ボリューム — 通常の送信行為を表す E メールの量を調べます。大量のメールの送信者と少量のメールの送信者を公平に扱うために、代表ボリュームはユーザーごとに異なっており、ユーザーの送信パターンの変化にともなって代表ボリュームも変わります。

Q6.Amazon SES コンソールや GetSendStatistics API の情報を使用して、自分でバウンス率を計算できますか?

いいえ。バウンス率は、代表ボリュームを使用して計算されます (「Q5.バウンス率の計算対象となる期間はどれくらいですか?」を参照)。送信レートによっては、バウンス率の計算期間が、Amazon SES コンソールや GetSendStatistics で取得できるバウンス率よりも過去にさかのぼる場合があります。また、バウンス率を計算するときに考慮されるのは、検証されていないドメインへの E メールのみです。ただし、これらのメソッドを使用して定期的にバウンス率をモニタリングしている場合は、問題が発生してアカウントがレビュー対象になる、または、アカウントの E メール送信機能が一時停止される前に問題を見つける適切な指標になります。

Q7.どの E メールアドレスがバウンスされたかを確認するには、どうすればよいですか?

Amazon SES から送信されたバウンス通知を調べます。Amazon SES が通知を転送する先の E メールアドレスは、「Amazon SES E メールでの通知」に説明されているように、元のメッセージの送信方法によって異なります。また、「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」に説明されているように、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を経由するようにバウンス通知をセットアップすることもできます。バウンスされたアドレスを詳しく調べずにリストから削除すると、根本的な問題が解決できなくなる場合があるので、注意してください。バウンスを減らすために実行できる作業については、「Q11.バウンスを最小限に抑えるにはどうすればよいですか?」を参照してください。

Q8.バウンスをモニタリングしていない場合、バウンスされたアドレスのリストは提供されますか?

いいえ。バウンスされたアドレスの完全なリストを提供することはできません。アカウントのバウンスをモニタリングし、それに応じて行動するのは、お客様の責任です。

Q9.バウンスはどのように処理すればよいですか?

バウンスされたアドレスをメーリングリストから削除し、それらのアドレスへのメール送信をすぐに停止する必要があります。送信メールが少量であれば、場合によっては、E メールを使用してバウンスをモニタリングし、バウンスされたアドレスをメーリングリストから手動で削除するだけで十分です。送信メールが大量であれば、場合によっては、このプロセスのオートメーションをセットアップする必要があります。そのためには、バウンスを受信したメールボックスをプログラムで処理するか、Amazon SNS を経由するようにバウンス通知を設定します。詳細については、「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」を参照してください。

Q10.送信クォータに達したために、E メールがバウンスされる場合はありますか?

いいえ。バウンスは送信クォータとは関係ありません。送信クォータを超えて E メールを送信しようとすると、Amazon SES API または SMTP インターフェイスからエラーが送信されます。

Q11.バウンスを最小限に抑えるにはどうすればよいですか?

まず、バウンスについて把握していることを確認します (「Q7.どの E メールアドレスがバウンスされたかを確認するには、どうすればよいですか?」を参照)。その後で、次のガイドラインに従います。

  • E メールアドレスの購入、貸与、共有は行わないでください。E メールの受信を明示的にリクエストした受信者にのみ E メールを送信します。

  • バウンスされた E メールアドレスをリストから削除します。

  • ウェブフォームで、E メールアドレスを 2 回入力してフォームの送信前に両方のアドレスが一致することを確認するように、ユーザーに求めます。

  • ダブルオプトインを使用して、新しいユーザーをサインアップします。つまり、新しいユーザーがサインアップするときには、それらのユーザーに確認メールを送信します。確認メールには、追加のメールを受け取るためにクリックする必要があることを記載します。これにより、あるユーザーが他のユーザーをサインアップしたり、誤ってサインアップしたりすることを回避できます。

  • 最近メールを送信していないアドレスに送信する必要がある場合 (つまり、そのアドレスがまだ有効であるかどうかを確認できていない場合)、すべての送信内容のごく一部だけを、そのアドレスに送信します。詳細については、ブログ投稿「古いアドレスには送信しないこと。ただし、送信する必要がある場合はどうするか?」を参照してください。

  • 架空のアドレスの使用を推奨するようなサインアップを構築していないことを確認します。たとえば、付加価値や特典は受信者の確認済みアドレスにのみ与えるようにしてください。

  • "友だちにメールを送る" 機能を取り入れている場合は、CAPTCHA や同様のメカニズムを使用して、この機能が自動的に使用されることを防いでください。また、ユーザーが自由にコンテンツを挿入することを許可しないでください。

  • システム通知用に Amazon SES を使用している場合は、メールを受信できる実在のアドレスに通知を送信していることを確認してください。また、不要な通知は無効にすることを検討してください。

  • 新しいシステムをテストしている場合は、E メールを受信できる実在のアドレスに送信していること、または Amazon SES メールボックスシミュレーターを使用していることを確認してください。詳細については、「Amazon SES での E メール送信のテスト」を参照してください。

苦情に関するよくある質問

Q1.苦情とは何ですか?

受信者が E メールの受信をリクエストしていないことを報告した場合に、苦情が発生します。受信者が E メールクライアントで [Report spam (スパムの報告)] などのボタンをクリックした場合、E メールプロバイダーに苦情を報告した場合、Amazon SES に直接通知した場合などが該当します。このトピックには、苦情に関する全般的な情報が含まれています。通知に、苦情のソースに関する特定の情報が含まれている場合は、関連トピック「フィードバックループを通じた Amazon SES の苦情に関するよくある質問」、「Amazon SES 受取人からの直接の苦情に関する FAQ」、または「E メールプロバイダーを通じた Amazon SES の苦情に関する FAQ」も参照してください。

Q2.なぜ苦情を重視しているのですか?

高い苦情率は、E メールプロバイダー、アンチスパム組織などの団体によって頻繁に使用されます。このような苦情率は、E メールの受信にサインアップしていない受信者に送信者がメールを送ったことや、送信者が送ったコンテンツは受信者がサインアップしたコンテンツのタイプと異なっていることを示す指標として利用されます。

Q3.苦情の問題のため、アカウントがレビュー対象になるという通知や、送信が一時停止になるという通知を受信した場合、どうすればよいですか?

お客様のリスト取得プロセスと E メールの内容を確認して、受取人がお客様からの E メールを受け取りたくない理由を確認します。問題の原因を特定し、修正します。問題解決のための変更を行った場合は、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージでは、問題を解決するために行った手順の詳細情報を提供し、これらの手順を実行して今後問題が再発するのを防ぐ方法を説明してください。

Q4.苦情を最小限に抑えるにはどうすればよいですか?

最初に、Amazon SES から通知される苦情を必ずモニタリングします。Amazon SES は、フィードバックループ (「フィードバックループを通じた Amazon SES の苦情に関するよくある質問」を参照) を通じて苦情を受け取ります。その後で、次のガイドラインに従います。

  • E メールアドレスの購入、貸与、共有は行わないでください。お客様からのメールを実際にリクエストしたアドレスのみを使用します。

  • ダブルオプトインを使用して、新しいユーザーをサインアップします。つまり、ユーザーがサインアップするときには、それらのユーザーに確認メールを送信します。確認メールには、追加のメールを受け取るためにクリックする必要があることを記載します。これにより、あるユーザーが他のユーザーをサインアップしたり、誤ってサインアップしたりすることを回避できます。

  • 送信したメールへの対応状況をモニタリングし、メッセージを開かなかった受信者やクリックしなかった受信者への送信を停止します。

  • 新しいユーザーがサインアップするとき、ユーザーが受信する E メールの種類を明確にします。また、ユーザーがサインアップしたときの対象となっている種類のメールだけを送信するようにします。たとえば、ユーザーがニュースの更新にサインアップした場合は、広告を送信しないでください。

  • メールが適切な形式になっており、見た目の質も高いことを確認します。

  • メールがお客様からのものであることが明確になっており、他のメールと混同されないことを確認します。

  • ユーザーがメールの受信登録を解除するとき、わかりやすく簡単な方法で実行できるようにします。

フィードバックループを通じた Amazon SES の苦情に関するよくある質問

このトピックでは、フィードバックループを通じて E メールプロバイダーから Amazon SES が受け取った苦情に関する情報を示します。すべての種類の苦情に適用される一般的情報については、「苦情に関するよくある質問」を参照してください。

Q1.この種類の苦情が報告される方法は?

ほどんどの E メールクライアントプログラムには、メッセージをスパムフォルダに移動して E メールプロバイダーに転送するためのボタン ([Mark as Spam (スパムとしてマーク)] など) が用意されています。また、ほとんどのプロバイダーでは、ユーザーが不要な E メールを転送して E メールプロバイダーによる防止策をリクエストできる迷惑メール用アドレス (abuse@example.com など) を用意しています。E メールプロバイダーとのフィードバックループ (FBL) を Amazon SES で設定している場合、苦情は Amazon SES に転送されます。

Q2.これらの苦情は、Amazon SES コンソールにある苦情率の統計に含まれていて、GetSendStatistics API で返されますか?

はい。ただし、苦情率の統計には Amazon SES にフィードバックを提供しない E メールプロバイダーからの苦情は含まれません。フィードバックを提供するドメインでの苦情率は、他のすべての送信を代表しているものと考えることができます。

Q3.これらの苦情はどのようにして通知されますか?

E メールまたは Amazon SNS 通知を通じて通知を受けることができます。セットアップ手順については、「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」を参照してください。

Q4.E メールまたは Amazon SNS を通じて苦情の通知を受け取った場合はどうすればよいですか?

最初に、苦情が発生したアドレスをメーリングリストから削除し、それらのアドレスへのメール送信をすぐに停止する必要があります。受信解除のリクエストを受け取ったことを示す E メールの送信も行わないでください。このプロセスのオートメーションのセットアップを検討してください。そのためには、苦情を受信したメールボックスをプログラムで処理するか、Amazon SNS を経由するように苦情通知を設定します。詳細については、「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」を参照してください。

次に、送信状況を詳細に調べて、お客様から送信されたメールを受信者が快く思わない理由を判断し、根本的な問題に対処します。苦情を持つすべてのユーザーの中には、お客様のメールを快く思わなかった受信者が多数いる場合もあれば、苦情を申し出なかった (または苦情を申し出ることができなかった) 受信者が多数いる場合もあります。実際に苦情を申し出た受信者を削除しただけでは、根本的な問題に対処したことにはなりません。

Q5.アカウントがレビュー対象になったり、アカウントの E メール送信機能が一時停止されたりする原因となり得る Amazon SES 苦情率は公開されていますか?

最良の結果を得るには、苦情率を 0.1% 未満に維持する必要があります。これより高い苦情率は、E メールの配信に影響する可能性があります。

苦情率が 0.1% 以上になると、アカウントはレビュー対象になります。苦情率が 0.5% 以上の場合は、高い苦情率の原因となった問題が解決するまで、以後の E メール送信を一時停止することがあります。

Q6.苦情率の計算対象となる期間はどれくらいですか?

苦情率の計算は一定期間に基づいて行われるわけではありません。これは、さまざまな送信者が異なる割合で送信を行うためです。代わりに、代表ボリューム — 通常の送信行為を表すメールの量を調べます。大量のメールの送信者と少量のメールの送信者を公平に扱うために、代表ボリュームはユーザーごとに異なっており、ユーザーの送信パターンの変化にともなって代表ボリュームも変わります。また、苦情率はすべての E メールに基づいて計算されるわけではありません。代わりに、苦情率は、苦情のフィードバックを Amazon SES に送るドメインを対象としており、それらのドメインに送信されたメールに対する苦情の割合として計算されます。

Q7.Amazon SES コンソールや GetSendStatistics API のメトリクスを使用して、自分で苦情率を計算できますか?

いいえ。その主な理由には、次の 2 つがあります。

  • 苦情率は、代表ボリュームを使用して計算されます(「Q6.苦情率の計算対象となる期間はどれくらいですか?」を参照)。送信レートによっては、苦情率の計算期間が、Amazon SES コンソールや GetSendStatistics API で取得できる対象期間よりも過去にさかのぼる場合があります。このため、これらのメソッドを定期的に使用して、アカウントの苦情率をモニタリングすることをお勧めします。このように苦情率をモニタリングすることで、E メールの配信に影響を及ぼす前に問題を特定するために必要な情報を取得できます。

  • 苦情率を計算するとき、すべての E メールが計算対象になるわけではありません。苦情率は、苦情のフィードバックを Amazon SES に送るドメインを対象としており、それらのドメインに送信されたメールに対する苦情の割合として計算されます。

Q8.どの E メールアドレスに苦情があったかを確認するには、どうすればよいですか?

E メールまたは Amazon SES を通じて Amazon SNS から送信される苦情の通知を確認します (「Amazon SES 通知を使用したモニタリング」を参照)。ただし、E メールプロバイダーごとに提供される情報の量は異なり、一部のプロバイダーは苦情を送信した受取人の E メールアドレスを編集してから苦情通知を Amazon SES に渡します。今後、受取人の E メールアドレスを特定できるようにする最善の方法は、Amazon SES が E メールを受け付けるときにお客様に渡す Amazon SES メッセージ ID と識別子のマッピングを保存することです。カスタムメッセージ ID を追加した場合は、Amazon SES に保持されないことに注意してください。

Q9.苦情をモニタリングしていない場合、苦情があったアドレスのリストは提供されますか?

残念ながら、弊社では、包括的なリストを提供することはできません。ただし、E メールや Amazon SNS を利用して、将来の苦情をモニタリングすることはできます。

Q10.E メールのサンプルを入手できますか?

リクエストに応じて E メールのサンプルをお送りすることはできませんが、この情報は苦情通知に含まれている場合があります。詳細については、「Q8.どの E メールアドレスに苦情があったかを確認するには、どうすればよいですか?」を参照してください。

Amazon SES 受取人からの直接の苦情に関する FAQ

このトピックでは、受取人から直接 Amazon SES が受け取った苦情に関する情報を示します。すべての種類の苦情に適用される一般的情報については、「苦情に関するよくある質問」を参照してください。

Q1.この種類の苦情が報告される方法は?

E メールまたはその他の方法を通じて、複数の受取人がお客様のメールに関して Amazon SES に連絡しました。

Q2.これらの苦情は、Amazon SES コンソールにある苦情率の統計に含まれていて、GetSendStatistics API で返されますか?

いいえ。Amazon SES コンソールまたは GetSendStatistics API を使用して取得する苦情率の統計には、フィードバックループを通じて Amazon SES が受け取った苦情のみが含まれます。これらの苦情のタイプの詳細については、「フィードバックループを通じた Amazon SES の苦情に関するよくある質問」を参照してください。

Q3.E メールのフィードバック通知または Amazon SNS を通じて、これらの苦情について通知されないのはなぜですか?

E メールのフィードバック転送および Amazon SNS の通知には、フィードバックループを通じて Amazon SES が受け取る苦情のみが含まれます。受信者から直接 Amazon SES に寄せられた苦情については通知されません。

Q4.どの E メールアドレスに苦情があったかを確認するには、どうすればよいですか?

苦情元の受信者の ID を保護するために、お客様の E メールについて苦情を申し出た受信者の E メールアドレスのリストを提供することはできません。

お客様のリストからそのような受信者を削除することに注力するのではなく、苦情が寄せられる原因となった問題を特定することをお勧めします。まず、顧客獲得プロセスを見直し、お客様からの E メールの受信を明示的にリクエストしていない顧客をリストから削除することをお勧めします。E メールの内容を分析して、受信者が苦情を申し出ている理由の把握に努めてください。

Q5.E メールのサンプルを入手できますか?

苦情元の受信者の ID を保護するために、受信者が苦情を申し出る原因となった E メールのコピーを提供することはできません。

Q6.直接的な苦情のため、アカウントがレビュー対象である、または送信が一時停止になるという通知を受信した場合、どうすればよいですか?

送信プロセスをすぐに変更して、お客様からのメッセージの受信にサインアップした受信者にのみメッセージを送信するようにします。また、受信者が受信にサインアップしたタイプのコンテンツを送信していることを確認してください。問題解決のための変更を行った場合は、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージでは、問題を解決するために行った手順の詳細情報を提供し、これらの手順を実行して今後問題が再発するのを防ぐ方法を説明してください。

3 週間以内に見直しをリクエストせず、引き続き受取人の直接的な苦情を受信する場合、お客様のアカウントの E メール送信機能を一時停止することがあります。

E メールプロバイダーを通じた Amazon SES の苦情に関する FAQ

このトピックでは、E メールプロバイダー (メールボックスプロバイダーとも呼ばれます) を通じて Amazon SES で受け取った苦情に関する情報を示します。すべての種類の苦情に適用される一般的情報については、「苦情に関するよくある質問」を参照してください。

Q1.この種類の苦情が報告される方法は?

非常に多くの数の顧客が、お客様の E メールをスパムとマークしたことが E メールプロバイダーから Amazon SES に報告されました。この報告は、「フィードバックループを通じた Amazon SES の苦情に関するよくある質問」で説明しているフィードバックループ以外の方法で Amazon SES に提供されました。

Q2.これらの苦情は、Amazon SES コンソールにある苦情率の統計に含まれていて、GetSendStatistics API で返されますか?

いいえ。Amazon SES コンソールまたは GetSendStatistics API を使用して取得する苦情率の統計には、フィードバックループを通じて Amazon SES が受け取った苦情のみが含まれます。

Q3.E メールのフィードバック通知または Amazon SNS を通じて、これらの苦情について通知されないのはなぜですか?

E メールのフィードバック転送および Amazon SNS の通知には、フィードバックループを通じて Amazon SES が受け取る苦情のみが含まれます。

Q4.どの E メールアドレスに苦情があったかを確認するには、どうすればよいですか?

通常、E メールプロバイダーはこの情報を公開していません。ただし、リストから個別の受取人を削除する代わりに、根本的な問題の発見と修正に重点を置く必要があります。お客様のリスト取得プロセスと E メールの内容を確認して、受取人がお客様の E メールを受け取りたくない理由を特定することから開始します。

Q5.E メールのサンプルを入手できますか?

いいえ。通常、E メールプロバイダーはサンプルの E メールを公開していません。

Q6.E メールプロバイダーの苦情のため、アカウントがレビュー対象である、または送信が一時停止になるという通知を受信した場合、どうすればよいですか?

問題の原因を特定し、修正します。問題解決のための変更を行った場合は、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージでは、問題を解決するために行った手順の詳細情報を提供し、これらの手順を実行して今後問題が再発するのを防ぐ方法を説明してください。3 週間以内に見直しをリクエストせず、引き続き E メールプロバイダーから苦情を受信する場合、お客様のアカウントの以後の E メール送信を一時停止することがあります。

スパムトラップに関するよくある質問

Q1.スパムトラップとは何ですか?

スパムトラップは、インターネットサービスプロバイダー(ISP)、E メールプロバイダー、またはアンチスパム組織によって管理される特別な E メールアドレスです。このアドレスでは、E メールの受信へのサインアップが正当に行われないため、これらのスパムトラップを管理する組織は、スパムトラップのアドレスにメールを送信した者は E メールの不審な送信行為を実施している可能性があると判断しています。

Q2.スパムトラップはどのようにセットアップされますか?

スパムトラップのアドレスは複数の方法でセットアップされます。これらのアドレスは、以前は有効であったアドレスから変換されたものですが、長期間にわたって未使用 (およびバウンスの状態) になっています。また、これらのアドレスはスパムトラップとして使用されることのみを目的としてセットアップされています。スパムトラップのアドレスは通常とは異なるアドレスで、推測するのが難しくなっています。また、現実のアドレスに近いアドレスになっている場合もあります (たとえば、一般的なドメイン名のスペルを変えたアドレスなど)。常にというわけではありませんが、場合によっては、スパムトラップがさまざまな方法でインターネット上に配置され、世界中に仕掛けられることがあります。

Q3.スパムトラップに送信した場合、Amazon SES はどのように把握しますか?

Amazon SES の送信者によってスパムトラップがヒットされると、スパムトラップを操作している特定の組織が Amazon SES に通知を送信します。

Q4.Amazon SES はスパムトラップレポートをどのように使用しますか?

レポートを確認します。アカウントがスパムトラップに E メールを送信していると判断された場合、アカウントはレビュー対象になり、根本的な問題を解決するよう求められます。レビュー期間が終了するまでに問題を修正しない場合は、アカウントの以後の E メールの送信機能が一時停止される場合があります。スパムトラップの問題が非常に深刻である場合は、アカウントをまずレビュー対象にするのではなく、ただちに E メール送信機能を一時停止する可能性があります。

Q5.スパムトラップの問題のため、アカウントがレビュー対象である、または送信が一時停止になるという通知を受信した場合、どうすればよいですか?

まず、アカウントがレビュー対象になる、または、アカウントの E メール送信機能が一時停止される原因となった問題に対処します。次に、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージでは、問題を解決するために行った手順の詳細情報を提供し、これらの手順を実行して今後問題が再発するのを防ぐ方法を説明してください。お客様が加えた変更により問題が適切に対処されたと見なされた場合は、アカウントのレビュー期間をキャンセル、または一時停止を解除します。

スパムトラップのヒットが報告される方法のため、お客様の加えた変更により問題が解決されたか判断するのに 3 週間以上かかる場合があります。

Q6.アカウントがレビュー対象になる、または、アカウントの E メール送信機能が一時停止されるまで許容されるスパムトラップのヒットは何件ですか?

アカウントに対してアクションを実行するまでのスパムトラップの特定のヒット件数は公開されていません。ただし、重要な注意点として、スパムトラップのヒットは少数でも、お客様の送信者としての評価に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、スパムトラップレポートを重視する必要があります。

Q7.スパムトラップのアドレスは公開されていますか?

いいえ。スパムトラップが有効であるためには、スパムトラップが公開されていないことが重要です。スパムトラップの組織は、スパムトラップのヒットが発生したことだけを公開しており、実際のスパムトラップのアドレスは公開していません。

Q8.スパムトラップへの送信を回避するにはどうすればよいですか?

スパムトラップに送信するリスクを軽減するには、次のガイドラインに従います。

  • E メールアドレスの購入、貸与、共有は行わないでください。お客様からのメールを実際にリクエストしたアドレスのみを使用します。

  • ウェブフォームで、E メールアドレスを 2 回入力してフォームの送信前に両方のアドレスが一致することを確認するように、ユーザーに求めます。

  • ダブルオプトインを使用して、新しいユーザーをサインアップします。つまり、ユーザーがサインアップするときには、それらのユーザーに確認メールを送信します。確認メールには、追加のメールを受け取るためにクリックする必要があることを記載します。

  • ハードバウンスが発生するアドレスをリストから削除します。これにより、それらのアドレスは、スパムトラップに変換されるよりもかなり前に削除されることになります。

  • 受信者の関与の状況をモニタリングし、最近 E メールやウェブサイトに関与していない受信者への送信を停止します。"関与しているユーザー" を決める期間はお客様のユースケースによって異なりますが、一般的に、ユーザーが数か月にわたって E メールを開いていないまたはクリックしていない場合は、そのようなユーザーを削除することを検討してください (ただし、そのユーザーが実際にはメールを希望していることが明確な場合は除きます)。

  • リエンゲージメントキャンペーンとして、最近やり取りが途絶えている相手に意図的に連絡する場合は、細心の注意が必要です。こうした活動はリスクが高く、スパムトラップへの送信だけでなく、バウンスや苦情に関連した問題を引き起こす場合が多くあります。

  • メーリングリスト全体へのオプトインメッセージを送信し、検証リンクをクリックした受取人のみを維持します。この手順では、リストからアクティブでない受取人を削除することに加え、スパムトラップアドレスを削除するのにも役立ちます。ただし、メーリングリストに多くの不正なアドレスが含まれているか、バウンスの問題がすでに発生していると思われる場合、この手法の使用はお勧めしません。アカウントのバウンス率が上昇する可能性があるためです。

手動調査に関するよくある質問

Q1.手動調査のため、アカウントがレビュー対象である、または送信が一時停止になるという通知を受信した場合、どうすればよいですか?

Amazon SES の調査で、お客様の送信について重大な問題が発生したことが確認されました。代表的な問題を以下に示します (ただし、これらに限定されません)。

  • お客様の送信が、AWS の適正利用規約 (AUP) に違反している。

  • お客様の E メールは、受取人側で送信を要求していない可能性がある。

  • お客様のコンテンツが、Amazon SES でサポートしていないユースケースに関連している。

問題が解決可能であるとみなされた場合、お客様のアカウントは一定時間レビュー対象になります。アカウントのレビューが行われている間に、E メール送信状況を変更して、問題を修正します。

問題が解決不能とみなされた、または問題が非常に深刻である場合は、アカウントをまずレビュー対象にするのではなく、E メール送信機能を一時停止する場合があります。

Q2.どのような問題により、E メール送信のレビューを手動で実行することになりますか?

アカウントのレビューを手動で開始する原因となる問題は複数あります。以下の理由がありますが、これらに限定されるものではありません。

  • 受信者が Amazon SES に連絡して、お客様のアカウントから送信された E メールについて苦情を申し出た。

  • E メール送信のパターンに異常な変更が検出された。

  • 当社のスパムフィルタで一般的な未承諾コンテンツまたは、質の低いコンテンツの E メールの特性が検出された。

お客様のアカウントがレビュー対象になる、または、アカウントの E メール送信機能が一時停止される場合、通知が送信されます。ほとんどの場合、この通知には問題に関する情報が含まれ、実行できる次のステップについての情報が説明されます。

Q3."未承諾" E メールとは何ですか?

迷惑 E メールは、受信者が受信を明示的にリクエストしなかった E メールです。これには、受信者がある種類のメール (通知など) にサインアップしたにもかかわらず、異なる種類のメール (広告など) が送信された場合が含まれます。

お客様のアカウントがレビュー対象になる、または、アカウントの E メール送信機能が一時停止される場合、通知が送信されます。未承諾メールの問題のため、これらのアクションのいずれかが実行されます、という通知を受信した場合、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージには、次に示す情報を含めてください。

  • お客様が送信したすべてのメッセージは受取人が受信を明示的にリクエストしたものですか? また、それらのメッセージは AWS の適正利用規約に準拠していますか?

  • ユーザーがお客様またはウェブサイトと具体的にやり取りする方法や、ユーザーが E メールを実際に要求する方法以外の方法で E メールアドレスを取得したかどうか。 メーリングリストを収集した方法について説明する必要があります。

  • 受信登録や受信登録の解除に関するプロセスはどうように機能しているか。 オプトインやオプトアウトのリンクを含める必要があります。

Q4.手動レビューのため、アカウントがレビュー対象である、または送信が一時停止になるという通知を受信した場合、どうすればよいですか?

問題の原因を特定し、修正します。問題解決のための変更を行った場合は、AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します。メッセージでは、問題を解決するために行った手順の詳細情報を提供し、これらの手順を実行して今後問題が再発するのを防ぐ方法を説明してください。お客様が加えた変更により問題が適切に対処されたと見なされた場合は、アカウントのレビュー期間をキャンセルします。

Q5.どのような種類の問題が "修正可能" と見なされますか?

通常、適切な送信手続きの履歴がある場合や、送信の大部分を継続するときに問題のある送信を除外できる手順が用意されている場合を、修正可能な状況と考えています。たとえば、3 つの異なる種類の E メールを送信しており、そのうち 1 種類だけが問題のあるメールであるとき、場合によっては、問題のある送信を停止するだけで、残りの送信を継続することができます。

Q6.問題の原因がわからない場合、どうなりますか?

お客様は AWS コンソールにサインインし、サポートセンターに移動します。お客様に代わって AWS がオープンしたケースに返信します、問題の原因となったメールのサンプルをリクエストできます。