Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES サプレッションリストからの E メールアドレスの削除

Amazon SES は、グローバルサプレッションリストを保持します。このリストには、最近 Amazon SES カスタマーへのハードバウンスとなった受取人の E メールアドレスが含まれます。グローバルサプレッションリストに登録されているアドレスに Amazon SES 経由で E メールを送信しようとすると、Amazon SES の呼び出しは成功しますが、Amazon SES では、この E メールを送信する代わりにハードバウンスとして扱います。ハードバウンスと同じく、グローバルサプレッションリストのバウンスは送信量上限やバウンス率にカウントされます。E メールアドレスは、グローバルサプレッションリストに最大 14 日間残ります。これらの 14 日が経過すると、この E メールアドレスはグローバルサプレッションリストから自動的に削除されます。ただし、そのアドレスで別のハードバウンスを生成する場合は、グローバルサプレッションリストに再度追加します。

グローバルサプレッションリストにあるアドレスに E メールを送信しようとすると、bounceSubType の値が Suppressed のバウンス通知が送信されます。E メールアドレスがグローバルサプレッションリストに含まれているかどうかを確認するには、このタイプのバウンス通知を受信する方法しかありません。グローバルサプレッションリストをクエリすることはできません。

重要

ハードバウンスとなる他の E メールアドレスと同様、サプレッションリストバウンスとなるアドレスは、そのアドレスが有効であることが確実である場合を除き、メーリングリストから削除する必要があります。サプレッションリストのバウンスは、アカウントのバウンス率に反映されます。バウンス率が高すぎる場合、当社はお客様のアカウントを確認し、アカウントの E メール送信機能を一時停止することがあります。

グローバルサプレッションリストに含まれているアドレスが実際に有効であることが確実である場合は、次の手順を使用してそのアドレスを削除できます。サプレッションリストは AWS リージョンごとに別個に用意されますが、1 つのリージョンのグローバルサプレッションリストからアドレスを削除すると、すべてのリージョンのグローバルサプレッションリストからそのアドレスが削除されます。

グローバルサプレッションリストから E メールアドレスを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ウィンドウの右上隅にあるリージョンセレクタを使用して、米国東部(バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、または 欧州 (アイルランド) のいずれかの AWS リージョンを選択します。サプレッションリストがすべてのリージョンに等しく適用されるため、どのリージョンを選択するかは重要ではありません。

    注記

    この手順を完了するには、前の段落に示した AWS リージョンの 1 つを使用する必要があります。この手順は、他のリージョンでは完了できません。

  3. ナビゲーションペインで、[Suppression List Removal (サプレッションリストの削除)] を選択します。

  4. [Email Address] フィールドに、グローバルサプレッションリストから削除する E メールアドレスを入力します。

  5. [Type characters] に、上のイメージに示された文字を入力します。

  6. [Submit] を選択します。

指定した E メールアドレスがグローバルサプレッションリストに登録されている場合は、すぐに削除されます。