個人対人(P2P)ロングコード - Amazon Simple Notification Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

個人対人(P2P)ロングコード

重要

2021年6月1日より、米国の通信プロバイダーは、米国宛先へのアプリケーション対人(A2P)通信に個人対人(P2P)ロングコードの使用をサポートしなくなりました。代わりに、これらのメッセージには別のタイプの発信元 ID を使用する必要があります。詳細については、「米国の宛先にSMS メッセージを送信するための特別な要件」を参照してください。

P2P ロングコードは、受取人が居住する国またはリージョンの番号形式を使用する電話番号です。また、P2Pロングコードは、ロング番号または仮想携帯電話番号とも呼ばれます。たとえば、米国やカナダでは、P2P ロングコードは、1 桁の国コード、3 桁の市外局番、7 桁の電話番号の 11 桁で構成されます。

P2P ロングコードのリクエストについては、」を参照してください。Amazon SNS での SMS メッセージング用の 10DLC 番号、フリーダイヤル番号、および P2P ロングコードをリクエストする

専用 P2P ロングコードは、Amazon SNS アカウントのみが使用するように予約されています。そのため、他のユーザーと共有されることはありません。専用のP2P ロングコードを使用する場合は、各メッセージを送信する際に使用する P2P ロングコードを指定できます。複数のメッセージを同じ顧客に送信する場合は、各メッセージが同じ電話番号から送信されるように表示することができます。このため、専用のP2Pロングコードは、ブランドまたはアイデンティティを確立する上で便利です。

P2P ロングコードは、米国の宛先への A2P 通信ではサポートされていません。

専用の P2P ロングコードから、1 日あたり数百通のメッセージを送信すると、モバイルキャリアにより、お客様の番号が未承諾メッセージを送信する番号として認識される場合があります。P2P ロングコードにフラグが設定されると、メッセージが受取人に配信されない場合があります。

P2P ロングコードのスループットも制限されています。最大送信料金は国によって異なります。連絡先AWS詳細については、Support します。大量の SMS メッセージを送信する予定がある場合、または 1 秒あたり 2 通以上のメッセージを超えるレートで送信する場合は、専用のショートコードを購入する必要があります。

一部の通信事業者は、米国を含め、A2P SMSメッセージを送信するために P2P ロングコードを使用することを許可していません。A2P SMS は、アプリケーションに携帯電話番号を入力してモバイルデバイスに送信するメッセージです。A2P メッセージは、マーケティングメッセージ、ワンタイムパスワード、予定のリマインダーなどの片方向の会話です。A2P メッセージを送信する予定の場合は、専用ショートコード (米国またはカナダにいる場合) を購入するか、送信者 ID (送信者 ID がサポートされている国またはリージョンに受取人がいる場合) を使用する必要があります。