Step Functions を使用した DynamoDB API の呼び出し - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Step Functions を使用した DynamoDB API の呼び出し

Step Functions、特定の制御することができますAWS『Amazon ステートメント言語』の「」を参照してください。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS Step Functionsとの統合に関する詳細については、以下を参照してください。

注記

Step Functions には、タスクの最大の入力または結果データサイズのクォータがあります。これにより、別のサービスとの間でデータを送受信するときに、UTF-8 でエンコードされた文字列として 262,144 バイトのデータに制限されます。「ステートマシンの実行に関連するクォータ」を参照してください。

DynamoDB Lambda 統合と DynamoDB の違いAWSSDK統合

サポートされている Amazon DynamoDB API および構文:

以下には、が含まれます。Task状態です。これは、DynamoDB からメッセージを取得します。

"Read Next Message from DynamoDB": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::dynamodb:getItem", "Parameters": { "TableName": "TransferDataRecords-DDBTable-3I41R5L5EAGT", "Key": { "MessageId": {"S.$": "$.List[0]"} } }, "ResultPath": "$.DynamoDB", "Next": "Send Message to SQS" },
注記

マップまたはリストをマップ内の DynamoDB に渡すことはできません。

この状態を実例で確認するには、データレコードの転送 (Lambda、DynamoDB、Amazon SQS) サンプルプロジェクトを参照してください。

他のででを使用してを設定する方法については、「Step Functions」を設定する方法の詳細については、AWSサービスの詳細については、」統合サービスの IAM ポリシー