AWS Step Functions
開発者ガイド

Step Functions を使用した DynamoDB API の呼び出し

Step Functions can control certain AWS services directly from the Amazon ステートメント言語. For more information, see:

注記

There is a limit on the maximum input or result data size for a task in Step Functions. This limits you to 32,768 characters of data when you send to, or receive data from, another service. See ステートマシンの実行に関連する制限.

サポートされている DynamoDB API および構文:

Amazon DynamoDB からメッセージを取得する Task 状態を以下に示します。

"Read Next Message from DynamoDB": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::dynamodb:getItem", "Parameters": { "TableName": "TransferDataRecords-DDBTable-3I41R5L5EAGT", "Key": { "MessageId": {"S.$": "$.List[0]"} } }, "ResultPath": "$.DynamoDB", "Next": "Send Message to SQS" },

注記

マップまたはリストをマップ内の DynamoDB に渡すことはできません。

この状態を実例で確認するには、データレコードの転送 (Lambda、DynamoDB、Amazon SQS) サンプルプロジェクトを参照してください。

For information on how to configure IAM when using Step Functions with other AWS services, see 統合サービスの IAM ポリシー.