Red Hat Enterprise Linux インスタンスに SSM Agent を手動でインストールする - AWS Systems Manager

Red Hat Enterprise Linux インスタンスに SSM Agent を手動でインストールする

AWS が提供する Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 用 Amazon Machine Images (AMIs) には、デフォルトでは AWS Systems Manager エージェント (SSM Agent) がプリインストールされていません。エージェントがプリインストールされている可能性のある AWS マネージド AMIs のリストについては、「SSM Agent がプリインストールされた Amazon Machine Images (AMIs)」を参照してください。

このセクションの情報に従って、RHEL インスタンスに SSM Agent を手動でインストールまたは再インストールできます。

開始する前に

RHEL インスタンスに SSM Agent をインストールする前に、次の点に注意してください。

  • すべての Linux ベースのオペレーティングシステムに SSM Agent をインストールする際に適用される重要な情報については、「Linux 用 EC2 インスタンスに手動で SSM Agent をインストールする」を参照してください。

  • SSM ドキュメント yum を使用してエージェントがインストールまたは更新された後、マネージドノードで SSM Agent コマンドを使用して AWS-UpdateSSMAgent を更新する場合、「警告: RPMDB が yum 外で変更されました」 というメッセージが表示されることがあります。このメッセージは正常であり、無視してもかまいません。