メニュー
AWS Systems Manager
ユーザーガイド

CloudWatch Logs へのログの送信 (SSM エージェント)

AWS Systems Manager エージェントは、Amazon EC2 インスタンスとハイブリッドインスタンス (Systems Manager 用の設定済みハイブリッドインスタンス) で実行される Amazon のソフトウェアです。SSM エージェント はクラウド上の Systems Manager サービスからのリクエストを処理し、リクエストに指定されたとおりにマシンを設定します。SSM エージェント の詳細については、「SSM エージェント をインストールし設定する」を参照してください。

また、以下の手順に従って、ログデータを Amazon CloudWatch Logs に送信するように SSM エージェント を設定できます。

重要

CloudWatch 統合エージェントによって、ログデータを Amazon CloudWatch Logs に送信するツールとしての SSM エージェントが置き換えられました。SSM エージェントを使用したログデータの送信のサポートは今後廃止されます。ログの取得プロセスに、CloudWatch 統合エージェントをできるだけ早く使い始めることをお勧めします。詳細については、次のトピックを参照してください。

開始する前に

Amazon CloudWatch Logs にロググループを作成します。詳細については、Amazon CloudWatch Logs User Guideの「CloudWatch Logs にロググループを作成する」を参照してください。

CloudWatch にログを送信するように SSM エージェント を設定するには

  1. インスタンスにログインして、次のファイルを見つけます。

    Windows の場合: %PROGRAMFILES%\Amazon\SSM\seelog.xml.template

    Linux の場合: /etc/amazon/ssm/seelog.xml.template

  2. ファイル名を seelog.xml.template から seelog.xml に変更します。

  3. テキストエディタで seelog.xml ファイルを開き、次のセクションを見つけます。

    <outputs formatid="fmtinfo"> <console formatid="fmtinfo"/> <rollingfile type="size" maxrolls="5" maxsize="30000000" filename="{{LOCALAPPDATA}}\Amazon\SSM\Logs\amazon-ssm-agent.log"/> <filter formatid="fmterror" levels="error,critical"> <rollingfile type="size" maxrolls="5" maxsize="10000000" filename="{{LOCALAPPDATA}}\Amazon\SSM\Logs\errors.log"/> </filter> </outputs>
  4. ファイルを編集し、次の例に示すように、閉じる </filter> タグの後に、次のカスタム名を追加します。

    <seelog minlevel="info" critmsgcount="500" maxinterval="100000000" mininterval="2000000" type="adaptive"> <exceptions> <exception minlevel="error" filepattern="test*"/> </exceptions> <outputs formatid="fmtinfo"> <console formatid="fmtinfo"/> <rollingfile type="size" maxrolls="5" maxsize="30000000" filename="{{LOCALAPPDATA}}\Amazon\SSM\Logs\amazon-ssm-agent.log"/> <filter formatid="fmterror" levels="error,critical"> <rollingfile type="size" maxrolls="5" maxsize="10000000" filename="{{LOCALAPPDATA}}\Amazon\SSM\Logs\errors.log"/> </filter> <custom name="cloudwatch_receiver" formatid="fmtdebug" data-log-group="Your CloudWatch Log Group Name"/> </outputs>
  5. 変更を保存して、SSM エージェント またはインスタンスを再起動します。

  6. Open the CloudWatch console at https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/.

  7. [Logs] を選択し、ロググループを選択します。(SSM エージェント のログファイルデータのログストリームは、インスタンス ID に基づいて編成されています)。