更新を自動化 SSM エージェント - AWS Systems Manager

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

更新を自動化 SSM エージェント

AWSは、 SSM エージェント 追加または更新する際に Systems Manager 能力。次の場合: インスタンスは古いバージョンのエージェントを使用しているため、新しい 機能、または更新された機能からの利益。これらの理由から、 更新プロセスを自動化し、 SSM エージェント 任意の 方法に従います。

方法 詳細

すべてのインスタンスのワンクリック自動アップデート(推奨)

AWS アカウントのすべてのインスタンスを に設定することができます。 の新しいバージョンを自動的に確認してダウンロードします。 SSM エージェント. やること 選択するには、 エージェントの自動更新 上の 管理インスタンス ページ( AWS Systems Manager コンソール(このトピックの後半で説明)。

グローバルまたは選択的な更新

以下を使用できます。 ステートマネージャー 関連付けを自動的に作成します。 ダウンロードとインストール SSM エージェント 参照してください。もし、 ワークロードの中断を制限し、 Systems Manager メンテナンスウインドウを使用して、指定された 期間。どちらの方法でも、 すべてのインスタンスの構成を更新するか、 どのインスタンスが更新されるか。作成についての詳細は、 ステートマネージャー 関連、参照 自動更新 SSM エージェント (CLI). 使用に関する情報は、 メンテナンス・ウィンドウについては、 自動更新 SSM エージェント (AWS CLI) および 自動的に 更新 SSM エージェント (コンソール).

新しい環境向けのグローバルまたは選択的更新

をスタートする場合 Systems Manager、 をご使用になることをお勧めします。 の 更新 Systems Manager (SSM)エージェント2週間ごと オプション Systems Manager クイックセットアップ。クイックセットアップでは、 すべてのインスタンスのグローバル更新構成、または どのインスタンスを更新するかを選択します。詳細はこちら 情報、参照 AWS Systems Manager 高速セットアップ.

更新する場合は、 SSM エージェント 手動で登録すると、 通知が AWS エージェントの新しいバージョンがリリースされると発行されます。対象: 情報、参照 購読する SSM エージェント 通知. 購読後 [Run]コマンドを使用して、 最新バージョン。詳細については、以下を参照してください。 更新 SSM エージェント 使用することによって Run Command.

自動更新 SSM エージェント

構成は Systems Manager 自動的に更新され SSM エージェント すべての管理対象インスタンスで AWSアカウントで。このオプションを有効にすると、 Systems Manager 自動的にチェックする エージェントの新しいバージョンについては2週間ごと。新しいバージョンがある場合、 Systems Manager SSM を使用してエージェントを最新のリリース済みバージョンに自動的に更新します。 ドキュメント AWS-UpdateSSMAgent。 ぜひ、これを選択してください。 インスタンスが常に最新バージョンを実行していることを確認するためのオプション / SSM エージェント.

注記

SSM ドキュメント AWS-UpdateSSMAgent を使用してエージェントがインストールまたは更新された後、マネージドインスタンスで yum コマンドを使用して SSM エージェント を更新する場合、「Warning: RPMDB altered outside of yum (警告: RPMDB が yum 外で変更されました)」というメッセージが表示されることがあります。 このメッセージは正常であり、無視してもかまいません。

自動的に更新するには SSM エージェント

  1. https://console.aws.amazon.com/systems-manager/ で AWS Systems Manager コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、 管理 インスタンス.

  3. 選択 エージェントの自動更新.

の最新バージョンの自動配置を停止するには SSM エージェント すべて管理された アカウントのインスタンスで、 削除 上の 管理インスタンス ページ。この操作により、 ステートマネージャー 自動的に更新される関連付け SSM エージェント 参照してください。