Windows Server の EC2 インスタンスで SSM エージェントをインストールして設定する - AWS Systems Manager

Windows Server の EC2 インスタンスで SSM エージェントをインストールして設定する

AWS Systems Manager エージェント (SSM Agent) は、デフォルトで次の Amazon Machine Images (AMIs) にプレインストールされています。

  • 2016 年 11 月以降に公開された Windows Server 2008-2012 R2 AMIs

  • Windows Server 2016 および 2019

重要

2020 年 1 月 14 日以降、Windows Server 2008 は Microsoft の機能更新プログラムまたはセキュリティ更新プログラムでサポートされなくなりました。Windows Server 2008 AMIs には SSM エージェントが含まれていますが、このオペレーティングシステムでは、このエージェントは更新されません。

2016 年 11 月よりに公開された Windows Server AMIs は、リクエストの処理とインスタンスの設定に EC2Config サービスを使用します。

EC2Config サービスまたは以前のバージョンの SSM エージェントを使用して Systems Manager リクエストを処理する理由が特にない限り、各 Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスまたは Systems Manager 用に設定されたハイブリッドインスタンスで最新バージョンの SSM エージェントをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

重要

新しい機能が Systems Manager に追加されるか、既存の機能が更新されると必ず、更新されたバージョンの SSM エージェントがリリースされます。古いバージョンのエージェントがインスタンスで実行されていると、SSM エージェントプロセスによっては失敗することがあります。そのため、インスタンス上で SSM エージェントを最新に維持するプロセスを自動化することをお勧めします。詳細については、SSM エージェントの更新を自動化する を参照してください。GitHub の SSM エージェントリリースノートページをサブスクライブすると、SSM エージェントの更新に関する通知を受け取ることができます。

SSM エージェントのバージョン別の詳細を確認するには、リリースノートを参照してください。