Automation ランブックへの Change Calendar の依存関係の追加 - AWS Systems Manager

Automation ランブックへの Change Calendar の依存関係の追加

Automation アクションを AWS Systems Manager の一機能である Change Calendar に準拠させるには、aws:assertAwsResourceProperty アクションを使用する Automation ランブックにステップを追加します。指定したカレンダーエントリが目的の状態 (GetCalendarState または OPEN) であることを確認するために CLOSED を実行するアクションを設定します。オートメーションランブックは、カレンダーの状態が OPEN である場合にのみ次のステップに進むことができます。以下はオートメーションランブックの YAML ベースのサンプル抜粋です。カレンダーの状態が OPEN (DesiredValues で指定された状態) に一致しない限り、次の手順である LaunchInstance に進むことはできません。

mainSteps: - name: MyCheckCalendarStateStep action: 'aws:assertAwsResourceProperty' inputs: Service: ssm Api: GetCalendarState CalendarNames: ["arn:aws:ssm:us-east-1:123456789012:document/SaleDays"] PropertySelector: '$.State' DesiredValues: - OPEN description: "Use GetCalendarState to determine whether a calendar is open or closed." nextStep: LaunchInstance - name: LaunchInstance action: 'aws:executeScript' inputs: Runtime: python3.6 ...