Change Calendar のセットアップ - AWS Systems Manager

Change Calendar のセットアップ

AWS Systems Manager の一機能である Change Calendar を使用する前に、以下を完了してください。

最新のコマンドラインツールをインストールする

最新のコマンドラインツールをインストールして、カレンダーに関する状態情報を取得します。

要件 説明

AWS CLI

(オプション) AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してカレンダーに関する状態情報を取得するには、AWS CLI の最新リリースをローカルコンピュータにインストールします。

CLI をインストールまたはアップグレードする方法の詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの「AWS CLI のインストール、更新、アンインストール」を参照してください。

AWS Tools for PowerShell

(オプション) Tools for PowerShell を使用してカレンダーに関する状態情報を取得するには、ローカルコンピュータに Tools for PowerShell の最新リリースをインストールします。

Tools for PowerShell をインストールまたはアップグレードする方法の詳細については、AWS Tools for PowerShell ユーザーガイドの「AWS Tools for PowerShell のインストール」を参照してください。

アクセス権限の設定

エントリにイベントを追加および削除したり、Change Calendar エントリを作成、更新、削除したりするには、AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーまたはサービスロールにアタッチされたポリシーで次のアクションが許可されている必要があります。

  • ssm:CreateDocument

  • ssm:DeleteDocument

  • ssm:DescribeDocument

  • ssm:DescribeDocumentPermission

  • ssm:GetCalendar

  • ssm:ListDocuments

  • ssm:ModifyDocumentPermission

  • ssm:PutCalendar

  • ssm:UpdateDocument

  • ssm:UpdateDocumentDefaultVersion

カレンダーの現在または今後の状態に関する情報を取得するには、IAM ユーザーまたはサービスロールにアタッチされたポリシーで次のアクションが許可されている必要があります。

  • ssm:GetCalendarState

ユーザーアカウント、グループ、ロールに管理者権限が割り当てられている場合は、Change Calendar にアクセスできます。管理者アクセス許可がない場合は、管理者に AmazonSSMFullAccess 管理ポリシーの割り当てを依頼するか、IAM アカウント、グループ、またはロールに同等のアクセス許可を付与するポリシーの割り当てを依頼してください。

自分以外のアカウントが所有している (つまり、自分以外のアカウントによって作成されている) Change Calendar エントリは、自分のアカウントと共有されている場合でも読み取り専用になります。