AWS Systems Manager 高速セットアップ - AWS Systems Manager

AWS Systems Manager 高速セットアップ

AWS Systems Manager の一機能である高速セットアップを使用して、頻繁に使用するアマゾン ウェブ サービスのサービスと機能を推奨ベストプラクティスですばやく設定します。AWS Organizations と統合することで、高速セットアップを個々のアカウントで使用することも、複数の AWS アカウント と AWS リージョン にまたがって使用することもできます。高速セットアップは、一般的なタスクまたは推奨されるタスクを自動化することで、Systems Manager などのサービスのセットアップを簡素化します。これらのタスクには、例えば、必須の AWS Identity and Access Management (IAM) インスタンスプロファイルロールの作成、定期的なパッチスキャンやインベントリ収集などの運用上のベストプラクティスの設定が含まれます。

高速セットアップは、セットアップ中のサービスや機能を使ったことがあり、セットアッププロセスを簡素化したいお客様にとって最も有益です。高速セットアップで設定しているアマゾン ウェブ サービスのサービスを使い慣れていない場合は、高速セットアップで設定を行う前に、関連するユーザーガイドの内容を確認して、サービスの詳細を学ぶことをお勧めします。

構成が完了すると、高速セットアップダッシュボードに設定デプロイステータスのリアルタイムビューが表示されます。このダッシュボードでは、アカウントとリージョン間のサービスのセットアップを追跡するのにも役立ちます。さらに、高速セットアップは初期設定からのずれを定期的にチェックし、軽減します。

この機能にアクセスするには、Systems Manager コンソールのナビゲーションペインで [高速セットアップ] を選択します。複数のアカウントとリージョンをターゲットに設定できる組織の高速セットアップタイプにアクセスするには、組織の管理アカウントにログインする必要があります。詳細については、AWS Organizations ユーザーガイドの「AWS Organizations の開始方法」を参照してください。

高速セットアップの使用を開始するには、利用可能な設定タイプのリストでサービスまたは機能を選択します。高速セットアップの設定タイプは、AWS のサービスまたは機能に固有です。設定タイプを選択するときは、そのサービスまたは機能に対して設定するオプションを選択します。既定では、構成のタイプは、推奨されるベストプラクティスを使用するサービスまたは機能の設定に役立ちます。

ホスト管理設定タイプの詳細については、「高速セットアップのホスト管理」を参照してください。

Change Manager 設定タイプの詳細については、「組織の Change Manager の設定 (管理アカウント)」を参照してください。

注記

現在、以下の AWS リージョン では、AWS Systems Manager の一機能である Change Manager のデプロイ設定プロセスを実行できません。

  • 欧州 (ミラノ) (eu-south-1)

  • 中東 (バーレーン) (me-south-1)

  • アフリカ (ケープタウン) (af-south-1)

  • アジアパシフィック (香港) (ap-east-1)

この手順では、管理アカウントの別のリージョンで作業していることを確認してください。

設定後、組織単位 (OU) とリージョンにまたがる構成の詳細とその展開状態を表示できます。また、設定のステートマネージャーの関連付けの状態を表示することもできます。ステートマネージャーは AWS Systems Manager の一機能です。[設定の詳細] ウィンドウでは、高速セットアップ設定の概要を表示できます。この概要には、すべてのアカウントの詳細と、検出された設定のずれが含まれます。

設定のずれは、ユーザーが高速セットアップで行った選択と競合するサービスまたは機能に変更を加えるたびに発生します。高速セットアップでは、設定のずれを定期的にチェックし、修正を試みます。これにより、サービスまたは機能が希望の設定状態を維持できます。