Systems Manager Run Command のトラブルシューティング - AWS Systems Manager

Systems Manager Run Command のトラブルシューティング

AWS Systems Manager の一機能である Run Command は、各コマンドの実行に関するステータスの詳細を示します。コマンドのステータスの詳細については、「コマンドのステータスについて」を参照してください。このトピックの情報を使用して、Run Command の問題のトラブルシューティングを行うこともできます。

マネージドノードの一部が不足しています

[Run a command] (コマンドを実行) ページで、SSM ドキュメントの実行を選択して、[Targets] (ターゲット) セクションで [Manually selecting instances] (インスタンスの手動選択) を選択すると、コマンドを実行するために選択できるマネージドノードのリストが表示されます。

表示されるはずのマネージドノードが表示されない場合は、トラブルシューティングのヒントについて「マネージドノードの可用性のトラブルシューティング」を参照してください。

マネージドノードを作成、アクティブ化、リブート、または再起動し、ノードに Run Command をインストールするか、AWS Identity and Access Management (IAM) インスタンスプロファイルをノードに添付した後、リストにマネージドノードが表示されるまでに数分かかる場合があります。

スクリプトの 1 ステップが失敗しましたが、全体的なステータスは「成功」です。

Run Command を使用すると、スクリプトが終了コードを処理する方法を定義できます。デフォルトでは、スクリプトで最後に実行されたコマンドの終了コードは、スクリプト全体の終了コードとしてレポートされます。ただし、条件ステートメントを含めて、最後のコマンドの前のいずれかのコマンドが失敗した場合にスクリプトを終了させることができます。説明と例については、「Run Command コマンドでの終了コードの管理」を参照してください。

SSM Agent が正しく実行されません

Run Command を使用したコマンドの実行で問題が発生した場合は、SSM Agent で問題が発生している可能性があります。SSM Agent での問題の調査については、「SSM Agent のトラブルシューティング」を参照してください。