SSM Agent のトラブルシューティング - AWS Systems Manager

SSM Agent のトラブルシューティング

マネージドノードでオペレーションの実行に問題が発生した場合、AWS Systems Manager エージェント (SSM Agent) に問題がある可能性があります。以下の情報を利用して SSM Agent ログファイルを表示し、エージェントをトラブルシューティングしてください。

SSM Agent が最新ではない

新しい機能が Systems Manager に追加されるか、既存の機能が更新されると必ず、更新されたバージョンの SSM Agent がリリースされます。古いバージョンのエージェントがマネージドノードで実行される場合、一部の SSM Agent プロセスが失敗する恐れがあります。そのため、マシン上で SSM Agent を最新状態に維持するプロセスを自動化することをお勧めします。詳細については、SSM Agent への更新の自動化 を参照してください。GitHub の [SSM Agent リリースノート] ページをサブスクライブすると、SSM Agent の更新に関する通知を受け取ることができます。

SSM Agent ログファイルを表示する

SSM Agent は、以下のファイルに情報をログとして記録します。これらのファイルの情報は、問題をトラブルシューティングするのにも役立ちます。デバッグログをオンにする方法など、SSM Agent のログファイルの詳細については、「SSM Agent ログの表示」を参照してください。

注記

Windows ファイルエクスプローラーを使用してこれらのログを表示することを選択した場合は、Folder Options で隠しファイルとシステムファイルの表示を必ず許可してください。

Windows の場合

  • %PROGRAMDATA%\Amazon\SSM\Logs\amazon-ssm-agent.log

  • %PROGRAMDATA%\Amazon\SSM\Logs\errors.log

Linux および macOS

  • /var/log/amazon/ssm/amazon-ssm-agent.log

  • /var/log/amazon/ssm/errors.log

Linux マネージドノードの場合、以下のディレクトリに書き込まれた messages ファイルに詳しい情報があります: /var/log

エージェントログファイルがローテーションしない (Windows)

seelog.xml ファイル (Windows Server マネージドノード内) に日付ベースのログファイルのローテーションを指定してログがローテーションしない場合、fullname=true パラメータを指定します。次に、fullname=true パラメータが指定された seelog.xml 設定ファイルの例を示します。

<seelog type="adaptive" mininterval="2000000" maxinterval="100000000" critmsgcount="500" minlevel="debug"> <exceptions> <exception filepattern="test*" minlevel="error" /> </exceptions> <outputs formatid="fmtinfo"> <console formatid="fmtinfo" /> <rollingfile type="date" datepattern="200601021504" maxrolls="4" filename="C:\ProgramData\Amazon\SSM\Logs\amazon-ssm-agent.log" fullname=true /> <filter levels="error,critical" formatid="fmterror"> <rollingfile type="date" datepattern="200601021504" maxrolls="4" filename="C:\ProgramData\Amazon\SSM\Logs\errors.log" fullname=true /> </filter> </outputs> <formats> <format id="fmterror" format="%Date %Time %LEVEL [%FuncShort @ %File.%Line] %Msg%n" /> <format id="fmtdebug" format="%Date %Time %LEVEL [%FuncShort @ %File.%Line] %Msg%n" /> <format id="fmtinfo" format="%Date %Time %LEVEL %Msg%n" /> </formats> </seelog>

SSM エンドポイントに接続できない

SSM Agent は次のエンドポイントに接続できる必要があります。

  • ssm.region.amazonaws.com

  • ssmmessages.region.amazonaws.com

  • ec2messages.region.amazonaws.com

注記

リージョンは、米国東部 (オハイオ) リージョンの us-east-2 のように、AWS Systems Manager でサポートされている AWS リージョン の識別子を表します。サポートされている region 値の一覧については、アマゾン ウェブ サービスの全般リファレンスの「Systems Manager サービスエンドポイント」にある Region 列を参照してください。

SSM Agent は、上記のエンドポイントと通信できない場合、Amazon Linux や Amazon Linux 2 など AWS が提供する Amazon Machine Images (AMIs) を使用しても動作しません。ネットワーク設定には、オープンなインターネットアクセスが必要です。または、カスタム仮想プライベートクラウド (VPC) エンドポイントが設定されている必要があります。カスタム VPC エンドポイントを作成する予定がない場合は、インターネットゲートウェイまたは NAT ゲートウェイを確認してください。VPC エンドポイントを管理する方法の詳細については、「ステップ 6: (オプション) Virtual Private Cloud エンドポイントの作成」を参照してください。