提供AWS認証情報 - AWS Toolkit for Visual Studio

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

提供AWS認証情報

Toolkit for Visual Studio を使用するには、有効なAWS認証情報。これらの認証情報によって、AWSToolkit for Visual Studio を使用したリソースです。これらのキーは、プログラムによる Web サービスリクエストに署名し、AWSは、リクエストが承認されたソースから送られたことを検証します。

重要

AWS認証情報は、アクセスキー ID とシークレットアクセスキーで構成されます。アカウントのルート認証情報を使用しないことをお勧めします。代わりに、1 人以上の IAM ユーザーを作成するそれらの認証情報を使用します。詳細については、「」を参照してください。IAM ユーザーの使用および管理のベストプラクティスAWSアクセスキー

認証情報の場所

Toolkit for Visual Studio では、任意数の複数セットの認証情報がサポートされています。AWSアカウント. 各認証情報のセットは、プロファイル。Toolkit for Visual Studio は、次の場所に保存されているプロファイルで動作します。

  • 共有AWSファイル: デフォルトでは、これらのファイルは.awsディレクトリにあり、という名前はconfigおよびcredentials。(ホームディレクトリの場所は、オペレーティングシステムによって異なりますが、環境変数%UserProfile%Windows の場合$HOMEまたは~(チルダ) を使用します)。

    これらのファイルに格納されている認証情報はプレーンテキストであり、AWS CLIとAWSSDK。

    詳細については、「」を参照してください。構成設定はどこに保存されていますか。()AWS Command Line Interfaceユーザーガイド

  • SDK ストア: Windows システムでは、SDK ストアは、プロファイルを作成し、AWS.NET アプリケーションの場合。これは%USERPROFILE%\AppData\Local\AWSToolkit\RegisteredAccounts.json。SDKストアは、開発中に共有の代わりに、AWS使用されます。

    ここに保存された資格情報は、コンピュータ上で暗号化され、Windows ユーザーアカウントに固有のものです。それらは復号化したり、他の場所で使用することはできません。

    詳細については、「」を参照してください。の設定AWS認証情報()AWS SDK for .NET開発者ガイド

認証情報の構成オプション

を使用するにはAWSToolkit for Visual Studio を使用したサービスを使用するには、少なくとも 1 つの認証情報プロファイルのいずれかで利用可能なAWS認証情報ファイルまたは SDK ストアに保存します。

必要なアクセスキーを取得し、共有のAWS認証情報ファイルまたは SDK ストアの詳細については、のプロファイルの作成AWS認証情報。また、使用方法を定義するエントリをプロファイルに追加することで、アクセス資格情報を強化できます。AWSシングルサインオン (AWS SSO)および多要素認証 (MFA)