基本AWS Lambdaプロジェクト - AWS Toolkit for Visual Studio

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

基本AWS Lambdaプロジェクト

の使用AWS LambdaVisual Studio 用の .NET Core プロジェクトテンプレートでは、Microsoft .NET Core を使って Lambda 関数を作成できます。

前提条件およびセットアップの詳細については、AWS Toolkit for Visual Studio「」を参照してください。の使用AWSの Lambda テンプレートAWSToolkit for Visual Studio

Visual Studio の .NET Core Lambda プロジェクトを作成する

組み込みの Lambda Visual Studio ブループリントにより、プロジェクトの迅速な初期化が可能になります。ブループリントは、機能をすばやく実証するためのファイルと関数の既製セットであり、後で変更するための適切な開始点を提供します。

Lambda プロジェクトを作成するには

  1. Visual Studio を開き、[File (ファイル)] メニューで [New (新規)] を選択し、[Project (プロジェクト)] を選択します。

  2. 次のいずれかを行ってください。

    • Visual Studio 2017 では、[新しいプロジェクトダイアログボックスでインストール済みを拡張します。Visual C#AWSLambda] で、AWSLambda Project (.NET Core-C#)))テンプレートを選択し、[OK

    • Visual Studio 2019 では、[新しいプロジェクト] ダイアログボックスで、[言語,プラットフォーム, およびプロジェクトタイプドロップダウンボックスが [すべて] に設定され、aws lambda()検索field. 次に、AWSLambda Project (.NET Core-C#)))テンプレートを選択して

  3. 次のいずれかを行ってください。

    • Visual Studio 2017 では、名前「」と入力します。AWSLambda1で、目的のファイルロケーション[] を選択して [] を選択します。OK

    • Visual Studio 2019 では、名前「」と入力します。AWSLambda1で、目的のファイルロケーション[] を選択して [] を選択します。作成

  4. リポジトリの []ブループリントの設定[] ページで [] を選択します。空の関数ブループリントを選択し、完了をクリックして Visual Studio プロジェクトを作成します。これでプロジェクトの構造とコードを確認できるようになりました。

プロジェクトファイルを確認する

レビューするプロジェクトファイルが 2 つあります。aws-lambda-tools-defaults.jsonおよびFunction.cs

folowing の例は、aws-lambda-tools-defaults.jsonファイルを作成します。このファイルは、プロジェクトの一部として作成されます。このファイルには、Lambda ツールがデフォルトで読み込むフィールドを使用して、ビルドオプションを設定できます。Visual Studio のプロジェクトテンプレートには、デフォルト値を持つこれらのフィールドの多くが含まれています。field関数ハンドラーLambda 関数の実行時に実行されるメソッドを指定します。指定すると、関数ハンドラーフィールドに入力されている場合は、公開ウィザードで事前入力されます。関数、クラス、アセンブリの名前を変更した場合は、aws-lambda-tools-defaults.jsonファイルを開きます。

{ "Information": [ "This file provides default values for the deployment wizard inside Visual Studio and the AWS Lambda commands added to the .NET Core CLI.", "To learn more about the Lambda commands with the .NET Core CLI execute the following command at the command line in the project root directory.", "dotnet lambda help", "All the command line options for the Lambda command can be specified in this file." ], "profile": "default", "region": "us-east-2", "configuration": "Release", "framework": "netcoreapp3.1", "function-runtime": "dotnetcore3.1", "function-memory-size": 256, "function-timeout": 30, "function-handler": "AWSLambda1::AWSLambda1.Function::FunctionHandler" }

検証するFunction.csファイルを開きます。Function.csは C# 関数を Lambda 関数としてエクスポーズできるように定義します。このFunctionHandlerは Lambda 関数の実行時に実行される Lambda 機能です。このプロジェクトでは、1 つの関数が定義されています。FunctionHandlerを呼び出します。ToUpper()入力テキストに.

これでプロジェクトを Lambda に発行できるようになりました。

Lambda に発行する

Lambda 機能がどのように呼び出されるかは、Lambda デプロイメント自体の一部ではありません。Lambda は、オンデマンド機能の「何」にすぎません。

関数を Lambda に発行するには

  1. そのファイルにAWSエクスプローラウィンドウが開いていない場合は、表示[] を選択してから、AWSExplorer

  2. Eclipseソリューションエクスプローラー] プロジェクトを右クリックし、[への発行AWSLambda

  3. リポジトリの []Lambda 関数をアップロード] ページで以下の操作を実行します。

    
                  Lambda 関数のアップロード画面
    1. を使用する場合パッケージタイプ] で、[Zip。ZIP ファイルは、ビルドプロセスの結果として作成され、Lambda にアップロードされます。もう一方のパッケージタイプオプションはImageおよびチュートリアル: 基本的なLambda プロジェクトDockerイメージを作成するは、その代替案を案内します。

    2. を使用する場合関数名に Lambda インスタンスの表示名を入力します。この名前は、両方の参照名ですAWSVisual Studio内のエクスプローラとAWS Management Consoleディスプレイ.

    3. (オプション)説明で、インスタンスとともに表示するテキストをAWS Management Console。

    4. [Next] を選択します。

  4. アドバンストファンクション詳細] ページで以下の操作を実行します。

    1. を使用する場合ロール名で、アカウントに関連付けられているロールを選択します。ロールは、AWS関数内のコードによって行われるサービスコールを返します。ロールがない場合には、[] を選択します。[] に基づいて [] 新しいロールAWS管理ポリシー[] を選択してから、AWSLambdaBasicExecutionRoleこれは、最小限のアクセス権限を持つロールです。

      注記

      アカウントには IAM ListPolicies アクションを実行できるアクセス権限が必要です。この権限がない場合には、[Role Name (ロール名)] リストは空となり、続行できません。

    2. (オプション) Lambda 関数が Amazon VPC 上のリソースにアクセスする場合は、サブネットとセキュリティグループを選択します。

    3. (オプション) Lambda 関数が必要とする、環境変数を設定します。キーは、デフォルトのサービスキーで自動的に暗号化されます (無料)。または、AWS KMSキー、そのための電荷があります。KMS は、データの暗号化に使用される暗号化キーの作成と管理を行うために使用できる、マネージド型サービスです。AWS KMS キーがある場合は、リストから選択できます。

  5. [Upload (アップロード)] を選択します。

    -アップロード機能ページは、関数がAWS。アップロード後もウィザードを開いたままにして、レポートを表示できるようにするには、正常に完了すると自動的にウィザードを閉じるアップロードが完了する前に、フォームの下部にある。

    関数がアップロードされると、Lambda 関数はライブになります。-関数:ビューページが開き、新しい Lambda 関数の設定が表示されます。

  6. Lambda 関数を手動で呼び出すには、テスト関数Tab enterhello lambda!をフリーテキスト入力フィールドに入力し、呼び出し。大文字に変換されたテキストはレスポンス

    
                  テスト関数を起動するページ

    再度開くことができます。関数:] ビューにあるデプロイ済みインスタンスをダブルクリックすると、AWSExplorerAWS Lambdaノード

  7. (オプション)Lambda 関数が正常に公開されたことをもう一度確認するには、AWS Management Console[Lambda] を選択します。コンソールには、作成した関数も含めて、公開済みのすべての Lambda 関数が表示されます。

    
                  の Lamda 関数の表示AWSマネジメントコンソール

クリーンアップ

この例で引き続き開発を行わない場合は、デプロイした関数を削除して、アカウント内の未使用のリソースに対して課金されないようにします。

関数を削除するには

  • AWSExplorer[] の下で、AWS Lambdaノードで、デプロイされたインスタンスのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[削除

次のステップ

この例では、.NET 3.1 マネージランタイムを使用してプロジェクトを作成する方法を示しました。Lambda 関数用に .NET 5.0 カスタムランタイムを使用してプロジェクトを作成する方法については、.NET 5 をAWSToolkit for Visual Studio

その他のユースケースについては、の使用方法の例AWSLambda

Lambda は Lambda 関数を自動的にモニタリングし、Amazon CloudWatch を介してメトリクスを報告します。関数を監視およびトラブルシューティングするには、」トラブルシューティングとモニタリングAWSAmazon CloudWatch でのLambda 関数