起動 Amazon RDS データベース インスタンス - AWS Toolkit for Visual Studio

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

起動 Amazon RDS データベース インスタンス

AWS Explorer では、 がサポートする任意のデータベースエンジンのインスタンスを起動できます。Amazon RDS. 次のウォークスルーでは、Microsoft SQL Server Standard Edition のインスタンスを起動するためのユーザーエクスペリエンスについて記していますが、ユーザーエクスペリエンスはサポートするすべてのエンジンで類似しています。

Amazon RDS インスタンスを起動するには

  1. AWS Explorerで、 アマゾンRDS ノードを選択し、 DB インスタンスの起動.

    または、 DBインスタンス タブ、選択 DB インスタンスの起動.

  2. DBエンジンの選択 ダイアログボックスで、起動するデータベースエンジンのタイプを選択します。このウォークスルーでは、Microsoft SQL Server Standard Edition(sqlserver-se)を選択し、 次へ.

  3. DB エンジン インスタンス オプション ダイアログ ボックスで、構成オプションを選択します。

    DB エンジン インスタンス オプションおよびクラス ]セクションで、次の設定を指定できます。

    ライセンスモデル

    エンジンのタイプ ライセンス

    Microsoft SQL Server

    license-included

    MySql

    general-public-license

    Oracle

    自分のライセンス使用

    データベースエンジンによってライセンスモデルは異なります。エンジンのタイプ、ライセンス、Microsoft SQL Server、license-included、MySql、general-public-license、Oracle、bring-your-own-license

    DB インスタンスのバージョン

    使用するデータベースエンジンのバージョンを選択します。サポートするバージョンが 1 つのみの場合は、そのバージョンが選択されています。

    DB インスタンスクラス

    データベースエンジンのインスタンスクラスを選択します。インスタンスクラスの料金はさまざまです。詳細については、以下を参照してください。 Amazon RDS価格.

    マルチ AZ 配置の実行

    このオプションを選択し、データの冗長性と可用性を強化するマルチ AZ 配置を作成します。Amazon RDS は、計画されたシステム停止または予期しない停止の際の自動フェイルオーバーのために、異なるアベイラビリティーゾーンにあるデータベースのスタンバイコピーのプロビジョニングと維持を行います。複数AZ展開の価格設定については、 アマゾンRDS 詳細ページ。このオプションは、Microsoft SQL Server ではサポートされていません。

    マイナーバージョンの自動アップグレード

    このオプションを選択すると、RDS インスタンスのマイナーバージョンアップを AWS が自動で行います。

RDS データベース インスタンス ]セクションで、次の設定を指定できます。

ストレージ割り当て
エンジン 最小 (GB) 最大 (GB)

MySQL: -

5*

1024

Oracle Enterprise Edition

10*

1024

Microsoft SQL Server Express Edition

30

1024

Microsoft SQL Server Standard Edition

250*

1024

Microsoft SQL Server Web Edition

30

1024

割り当てられたストレージの最小値および最大値はデータベースエンジンのタイプによって異なります。Engine Minimum (GB)、Maximum (GB)、MySQL、5、1024、Oracle Enterprise Edition、10、1024、Microsoft SQL Server Express Edition、30、1024、Microsoft SQL Server Standard Edition、250、1024、Microsoft SQL Server Web Edition、30、1024

DB Instance Identifier

データベースインスタンスの名前を指定します。この値は大文字と小文字が区別されません。AWS Explorer では小文字で表示されます。

マスターユーザー名

データベースインスタンスの管理者名を入力します。

マスターユーザのパスワード

データベースインスタンスの管理者パスワードを入力します。

[Confirm Password]

パスワードをもう一度入力して誤りがないことを確認します。

  1. その他のオプション ]ダイアログ ボックスでは、次の設定を指定できます。

    Database Port

    これは、ネットワークで通信を行う際にインスタンスが使用する TCP ポートです。コンピュータがファイアウォールを介してインターネットにアクセスしている場合は、ファイアウォールが許可するポートを設定します。

    アベイラビリティーゾーン

    リージョン内の特定のアベイラビリティーゾーンでインスタンスを起動する場合は、このオプションを使用します。指定したデータベースインスタンスがすべてのアベイラビリティーゾーンで使用できない場合があります。

    RDS Security Group

    インスタンスに関連付ける RDS セキュリティグループを 1 つ以上選択します。RDS セキュリティグループにより、インスタンスにアクセス可能な IP アドレス、Amazon EC2 インスタンス、および AWS アカウントが決定します。RDS セキュリティ グループの詳細については、以下を参照してください。 Amazon RDSセキュリティグループ. は、 Toolkit for Visual Studio は、現在の IP アドレスを判別し、このアドレスをインスタンスに関連付けられたセキュリティ グループに追加するオプションを提供します。ただし、コンピュータがファイアウォール経由でインターネットにアクセスしている場合、Toolkit により生成されたコンピュータの IP アドレスが正しくない可能性があります。使用する IP アドレスを決定するには、システム管理者にお問い合わせください。

    DB パラメータグループ

    (オプション) このドロップダウンリストで、インスタンスに関連付ける DB パラメータグループを選択します。DB パラメータグループを使用することで、インスタンスのデフォルト設定を変更できます。詳細については、 Amazonリレーショナルデータベースサービスユーザーガイド および この記事.

    このダイアログボックスで設定を指定したら、 次へ.

  2. は、 バックアップとメンテナンス ダイアログボックスで、 Amazon RDS インスタンスをバックアップする必要があります。その場合、バックアップをどの程度の期間保持する必要があるかを指定します。バックアップを行う時間帯も指定できます。

    このダイアログボックスでは、Amazon RDS でインスタンスのシステムメンテナンスを行うかも指定できます。メンテナンスには、定期的なパッチとマイナーバージョンアップグレードが含まれます。

    システムメンテナンスに指定した時間帯とバックアップに指定した時間帯は重複できません。

    選択 次へ.

  3. ウィザードの最後のダイアログボックスでは、インスタンスの設定を確認することができます。設定を変更する必要がある場合は、 背面 ボタン。すべての設定が正しい場合は、 起動.