CloudWatch ログ記録ロールの設定 - AWS Transfer Family

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudWatch ログ記録ロールの設定

アクセス権を設定するには、リソースベースの IAM ポリシー、およびアクセス情報を提供する IAM ロールを作成します。

Amazon CloudWatch ログ記録を有効にするには、まずログ記録を有効にする CloudWatch IAM ポリシーを作成します。次いで、IAM ロールを作成して、ポリシーをアタッチします。そのためには、サーバーを作成するか既存のサーバーを編集します。の詳細については CloudWatch、「Amazon ユーザーガイド」の「Amazon CloudWatchとは」および「Amazon ログとは CloudWatch」を参照してください。 CloudWatch

ログ CloudWatch 記録を許可するには、次の IAM ポリシーの例を使用します。

Use a logging role
{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "VisualEditor0", "Effect": "Allow", "Action": [ "logs:CreateLogStream", "logs:DescribeLogStreams", "logs:CreateLogGroup", "logs:PutLogEvents" ], "Resource": "arn:aws:logs:*:*:log-group:/aws/transfer/*" } ] }
Use structured logging
{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "VisualEditor0", "Effect": "Allow", "Action": [ "logs:CreateLogDelivery", "logs:GetLogDelivery", "logs:UpdateLogDelivery", "logs:DeleteLogDelivery", "logs:ListLogDeliveries", "logs:PutResourcePolicy", "logs:DescribeResourcePolicies", "logs:DescribeLogGroups" ], "Resource": "arn:aws:logs:region-id:AWS アカウント:log-group:/aws/transfer/*" } ] }

前述のサンプルポリシーでは、Resource について「region-id」と「AWS アカウント」を自分の値に置き換えます。例えば、次のようになります: "Resource": "arn:aws::logs:us-east-1:111122223333:log-group:/aws/transfer/*"

次に、ロールを作成し、作成した CloudWatch ログポリシーをアタッチします。

IAM ロールを作成し、ポリシーをアタッチするには
  1. ナビゲーションペインで [Roles] (ロール) を選択してから [Create role] (ロールの作成) を選択します。

    [Create role] (ロールの作成) ページで [AWS service] (サービス) が選択されていることを確認します。

  2. サービスリストから [Transfer] (転送) を選択してから [Next: Permissions] (次へ: アクセス許可) を選択します。これにより、 AWS Transfer Family と IAM ロールの間に信頼関係が確立されます。さらに、aws:SourceAccountaws:SourceArn のコンディション・キーを追加し、「混乱する代理」問題から守ります。詳細は以下のドキュメントを参照のこと:

  3. アクセス許可ポリシーをアタッチセクションで、先ほど作成した CloudWatch ログポリシーを見つけて選択し、次へ: タグ を選択します。

  4. (オプション) タグのキーと値を入力して [Next: Review] (次へ: レビュー) を選択します。

  5. [Review] (確認) ページで新しいロールの名前と説明を入力してから [Create role] (ロールの作成) を選択します。

  6. ログを表示するには、[Server ID] (サーバー ID) を選択してサーバー設定ページを開き、[View logs] (ログの表示) を選択します。 CloudWatch コンソールにリダイレクトされ、ログストリームが表示されます。

CloudWatch サーバーのページでは、ユーザー認証 (成功と失敗)、データアップロード (PUT オペレーション)、データダウンロード (GET オペレーション) のレコードを確認できます。