カスタムホスト名の使用 - AWS Transfer Family

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

カスタムホスト名の使用

サーバーホスト名は、ユーザーがサーバーに接続するときにクライアントに入力するホスト名です。AWS Transfer Family を使用する際、サーバーホスト名として登録したカスタムのドメインを使用することができます。たとえば、mysftpserver.mysubdomain.domain.com といったカスタムのホスト名を使用します。

登録したカスタムドメインからトラフィックをサーバーエンドポイントにリダイレクトするには、Amazon Route 53 または任意のドメインネームシステム (DNS) プロバイダーを使用します。Route 53 は AWS Transfer Family がネイティブにサポートする DNS サービスです。

コンソールで、次のいずれかのオプションを選択し、カスタムホスト名を設定します。

  • Amazon Route 53 DNS alias (Amazon Route 53 DNS エイリアス) – 使用するホスト名が、Route 53 に登録されている場合。その後、ホスト名を入力します。

  • Other DNS (その他の DNS) – 使用するホスト名が別の DNS プロバイダーに登録されている場合。その後、ホスト名を入力します。

  • None (なし) – サーバーのエンドポイントを使用し、カスタムホスト名は使用しない場合。

このオプションは、新しいサーバーを作成する際または既存のサーバーの設定を編集する際に設定します。新しいサーバーの作成方法の詳細については、「ステップ 2: SFTP 対応サーバーの作成」を参照してください。既存のサーバー設定の編集方法の詳細については、「サーバーの詳細を編集する」を参照してください。

サーバーホスト名として独自のドメインを使用する方法と AWS Transfer Family による Route 53 の使用の詳細については、以下のセクションを参照してください。

Amazon Route 53 を DNS プロバイダーとして使用します。

サーバーを作成する際には、Amazon Route 53 を DNS プロバイダーとして使用できます。Route 53でドメインを使用する前に、ドメインを登録します。詳細については、Amazon Route 53 デベロッパーガイドの「ドメイン登録の仕組み」を参照してください。

Route 53 を使用してサーバーに DNS ルーティングを提供した場合、AWS Transfer Family は、入力されたカスタムホスト名を使用してホストゾーンを抽出します。AWS Transfer Family がホストゾーンを抽出する際、3 つの状況が発生する可能性があります。

  1. Route 53 を初めて使用する場合にホストゾーンがないと、AWS Transfer Family は新しいホストゾーンと CNAME レコードを追加します。この CNAME レコードの値は、サーバーのエンドポイントホスト名です。CNAME は、代替ドメイン名です。

  2. Route 53 にホストゾーンがあって CNAME レコードがない場合、AWS Transfer Family は、ホストゾーンに CNAME レコードを追加します。

  3. ホストゾーンに CNAME レコードがあることがサービスによって検出された場合、CNAME レコードがすでに存在していることを示すエラーが表示されます。その場合、CNAME レコードの値をサーバーのホスト名に変更します。

    注記

    このステップを、サーバーを作成するワークフローの中で実行した場合、サーバーが正常に作成され、カスタムホスト名が [None] (なし) に設定されます。

Route 53 のホストゾーンの詳細については、Amazon Route 53 デベロッパーガイドの「ホストゾーンの使用」を参照してください。

他の DNS プロバイダーを使用する

サーバーを作成する際には、Amazon Route 53 以外の DNS プロバイダーも使用できます。代替 DNS プロバイダーを使用する場合は、ドメインからのトラフィックが サーバーエンドポイントに向けられている必要があります。

そのためには、ドメインをサーバーのエンドポイントホスト名に設定します。コンソールには、以下のようなエンドポイントホスト名が表示されます。

serverid.server.transfer.region.amazonaws.com

コンソール以外で作成したサーバーのカスタムホスト名

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) を使用するか CLI を通してサーバーを作成する際に、サーバーにカスタムホスト名を付けたい場合にはタグを追加する必要があります。コンソールを使用してTransfer Family サーバーを作成すると、タグ付けが自動的に完了します。

注記

また、ドメインからサーバーエンドポイントにトラフィックをリダイレクトするための DNS レコードも作成する必要があります。

必要なタグを追加するには、2 つのキー (aws:transfer:customHostname に 1 つと aws:transfer:route53HostedZoneId に 1 つ) を追加する必要があります。

"Tags": [ { "Key": "aws:transfer:route53HostedZoneId", "Value": "/hostedzone/HOSTED-ZONE-ID" }, { "Key": "aws:transfer:customHostname", "Value": "custom-host-name" } ]

ここで HOSTED-ZONE-ID はホストゾーン ID、abc.example.com は使用したいカスタムホスト名です。

注記

パブリックホストゾーンとその ID を Amazon Route 53 で利用できます。

AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

これらのタグを追加するには、次の CLI コマンドを発行します。

aws transfer tag-resource --arn "server-ARN:server/server-ID" --tags Key="aws:transfer:route53HostedZoneId,Value=/hostedzone/HOSTED-ZONE-ID" aws transfer tag-resource --arn "server-ARN:server/server-ID" --tags Key="aws:transfer:customHostname",Value="custom-host-name"

次のコマンドには、サンプル値が含まれています。

aws transfer tag-resource --arn "arn:aws:transfer:us-east-1:111122223333:server/s-1234567890abcdef0" --tags Key="aws:transfer:route53HostedZoneId,Value="/hostedzone/example.com" aws transfer tag-resource --arn "arn:aws:transfer:us-east-1:111122223333:server/s-1234567890abcdef0" --tags Key="aws:transfer:customHostname",Value="abc.example.com"