OPS05-BP02 変更をテストし、検証する - 運用上の優秀性の柱

OPS05-BP02 変更をテストし、検証する

デプロイされた変更はすべてテストし、本稼働でのエラーを回避する必要があります。このベストプラクティスは、バージョンコントロールからアーティファクトビルドへの変更をテストすることに重点を置いています。テストには、アプリケーションコードの変更に加えて、インフラストラクチャ、設定、セキュリティコントロール、運用手順も含める必要があります。テストは、単体テストからソフトウェアコンポーネント分析 (SCA) まで、さまざまな形態があります。ソフトウェアの統合および配信プロセスでテストをさらに早めると、アーティファクト品質の確実性が増します。

組織はすべてのソフトウェアアーティファクトにおいてテスト基準を作成する必要があります。テストを自動化すると、手間を軽減し、手動テストによるエラーを回避できます。手動テストが必要な場合もあります。デベロッパーは自動テストの結果を確認して、ソフトウェアの品質を向上させるフィードバックループを構築する必要があります。

期待される成果: ソフトウェアの変更は、配信前にすべてテストされています。デベロッパーはテスト結果と検証にアクセスできます。組織に、すべてのソフトウェア変更に適用されるテスト基準があります。

一般的なアンチパターン:

  • ソフトウェアの新しい変更を、テストせずにデプロイする。本稼働で実行に失敗し、その結果サービスが停止する。

  • 新しいセキュリティグループが、本番前環境でのテストをせずに AWS CloudFormation にデプロイされる。そのセキュリティグループによって、ユーザーがアプリにアクセスできなくなる。

  • メソッドが変更されても単体テストを行わない。本稼働へのデプロイ時にソフトウェアが失敗する。

このベストプラクティスを活用するメリット: ソフトウェアのデプロイでの変更失敗率が軽減されます。ソフトウェアの品質が向上します。デベロッパーのコードの実行可能性に関する意識が向上します。確信を持ってセキュリティポリシーをロールアウトし、組織のコンプライアンスをサポートできます。自動スケーリングポリシーの更新などインフラストラクチャの変更を事前にテストし、トラフィックのニーズを満たすことができます。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

継続的統合の実践の一部として、アプリケーションコードからインフラストラクチャまで、すべての変更に対してテストを行います。テスト結果は、デベロッパーが迅速にフィードバックを得られるように公開します。組織で、すべてのソフトウェア変更に適用されるテスト基準を施行します。

お客様事例

AnyCompany Retail では、継続的インテグレーションパイプラインの一環として、すべてのソフトウェアアーティファクトに対して複数の種類のテストを実行しています。テスト駆動開発を実践しているため、すべてのソフトウェアに単体テストがあります。アーティファクトがビルドされると、エンドツーエンドのテストが実行されます。1 ラウンド目のテストが完了すると、静的アプリケーションセキュリティスキャンを実行し、既知の脆弱性を探します。デベロッパーは、各テストに合格するたびにメッセージを受け取ります。すべてのテストが完了すると、ソフトウェアアーティファクトはアーティファクトリポジトリに保存されます。

実装手順

  1. 組織の関係者と協力して、ソフトウェアアーティファクトのテスト基準を作成します。すべてのアーティファクトが合格しなければならない基準のテストとは何でしょうか。 テスト範囲に含める必要があるコンプライアンスやガバナンスの要件はありますか。 コード品質テストを実施する必要がありますか。 テスト完了時に通知が必要となるのは誰ですか。

    1. AWS デプロイパイプラインリファレンスアーキテクチャは、 統合パイプラインの一部としてソフトウェアアーティファクトに対して実施できる、さまざまな種類のテストの信頼できるリストを提供しています。

  2. ソフトウェアテスト基準に基づいて必要なテストを行い、アプリケーションを計測します。テストの各セットは 10 分以内に完了する必要があります。テストは統合パイプラインの一部として実行する必要があります。

    1. Amazon CodeGuru Reviewer を使用すると、アプリケーションコードをテストして欠陥を検出できます。

    2. AWS CodeBuild を使用して、ソフトウェアアーティファクトのテストを実施できます。

    3. AWS CodePipeline を使用すると、ソフトウェアテストをパイプラインに組み込むことができます。

リソース

関連するベストプラクティス:

関連するドキュメント:

関連動画:

関連リソース:

関連サービス: