OPS05-BP02 変更をテストし、検証する - 運用上の優秀性の柱

OPS05-BP02 変更をテストし、検証する

エラーの制限と検出に役立てるため、変更をテスト、検証します。手動プロセスによって発生するエラーと、テストにかかる労力を減らすためにテストを自動化します。

AWS の多くのサービスには、バージョン管理機能が備わっています。AWS CodeCommit などのリビジョンまたはソース管理システムを 使用して、 コードや他のアーティファクト (インフラストラクチャのバージョン管理された AWS CloudFormation テンプレートなど) を管理します。

一般的なアンチパターン:

  • あなたが新しいコードを本稼働環境にデプロイしたところ、アプリケーションが機能しなくなったため、顧客からの電話が鳴りはじめました。

  • あなたは、ペリメータセキュリティを強化するために新しいセキュリティグループを適用します。機能しましたが、意図しない結果が発生し、ユーザーがアプリケーションにアクセスできなくなっています。

  • あなたは、新しい機能によって呼び出されるメソッドを変更します。もう 1 つの機能もそのメソッドに依存しており、機能しなくなりました。問題は検出されず、本稼働環境に入ります。もう 1 つの当該機能はしばらくの間呼び出されず、結局、原因との相関なしに本稼働環境で失敗します。

このベストプラクティスを活用するメリット: 変更を早期にテストして検証することで、コストを最小限に抑えて問題に対処し、顧客への影響を抑えることができます。デプロイ前にテストすることで、エラーの発生を最小限に抑えることができます。

このベストプラクティスを活用しない場合のリスクレベル:

実装のガイダンス

  • 変更をテストし、検証する: すべてのライフサイクルステージ (開発、テスト、本番環境など) で変更をテストし、その結果を検証してください。テスト結果を使用して、新機能を確認し、失敗したデプロイのリスクと影響を緩和します。テストと検証を自動化し、レビューの一貫性を確保し、手動プロセスによって発生するエラーとそれにかかる労力を減らすことができます。

リソース

関連するドキュメント: