Workloads - AWS Well-Architected Tool

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Workloads

ワークロードは、リソースと、ビジネス価値をもたらすコード (顧客向けアプリケーションやバックエンドプロセスなど) の集まりです。

ワークロードは、1 つの AWS アカウント内のリソースの部分集合で構成されている場合もあれば、複数の AWS アカウントにまたがる複数のリソースの集まりになっている場合もあります。中小企業では、ほんの数ワークロードになる一方、大企業では、数千ワークロードにもなることがあります。

左側のナビゲーションからアクセスできる [Workloads (ワークロード)] ページには、すべてのワークロードに関する情報と、共有されたワークロードが表示されます。

ワークロード別に以下の情報が表示されます。

Name

ワークロードの名前。

所有者

ワークロードを所有する AWS アカウント ID。

回答された質問

回答された質問の数。

[High risks (高リスク)]

特定された高リスクの問題 (HRI) の数。

[Medium risks (中リスク)]

特定された中リスクの問題 (MRI) の数。

[Improvement status (改善ステータス)]

ワークロードに対して設定した改善ステータス。

  • None

  • Not Started

  • In Progress

  • Complete

  • Risk Acknowledged

最終更新日

ワークロードが最後に更新された日時。

リストからワークロードを選択したら、次の操作を行います。

  • To review the details of the workload, choose View details.

  • To change the properties of the workload, choose Edit.

  • To manage sharing of the workload with other AWS accounts and IAM users, choose View details and then Shares.

  • To delete the workload and all of its milestones, choose Delete. Only the owner of the workload can delete it.

    警告

    Deleting a workload cannot be undone. All data associated with the workload is deleted.

新しいワークロードを定義するには、[Define workload (ワークロードの定義)] を選択します。

High Risk Issues (HRIs) and Medium Risk Issues (MRIs)

High risk issues (HRIs) で識別されます AWS Well-Architected Tool は、AWSがビジネスに重大な悪影響をもたらす可能性があると判断したアーキテクチャおよび運用上の選択肢です。HRI は、組織のオペレーション、資産、個人に影響を及ぼす可能性があります。Medium risk issues (MRIs) ビジネスにマイナスの影響を与える可能性もありますが、その程度はそれほど高くありません。これらの問題は、AWS Well-Architected Tool で指定した回答に基づいています。対応するベストプラクティスは、AWS および AWS のお客様に広く適用されます。ここでのベストプラクティスとは、AWS Well-Architected フレームワークとレンズによって定義されるガイダンスです。

注記

これらはあくまでガイドラインであり、お客様はそのベストプラクティスを実践しないことでビジネスにどのような影響があるかを評価し、測定する必要があります。ワークロードにベストプラクティスを適用できない技術的またはビジネス上の具体的な理由がある場合、リスクは示された値よりも低くなる可能性があります。AWS では、お客様がこれらの理由とその理由によるベストプラクティスへの影響を、ワークロードノートに文書化することをお勧めしています。特定されたすべての HRI と MRI について、AWS はお客様に対し、AWS Well-Architected Tool で定義されているベストプラクティスを実践するようお勧めしています。ベストプラクティスを実践した場合は、AWS Well-Architected Tool でベストプラクティスが実践済みであるとマークして、問題が解決したことを示します。AWS では、お客様がベストプラクティスを実践しないことを選択した場合は、適切なビジネスレベルで実践しないことの理由と承認を文書化するようお勧めしています。