Amazon WorkSpaces を使用して仮想デスクトップを起動します。 - Amazon WorkSpaces

Amazon WorkSpaces を使用して仮想デスクトップを起動します。

Amazon WorkSpaces を使用すると、WorkSpaces として知られている、ユーザー向けの仮想クラウドベースの Microsoft Windows または Amazon Linux デスクトップを提供できます。

注記

Amazon WorkSpaces コンソールに表示される WorkSpace の [コンピュータ名] の値は、起動した WorkSpace の種類 (Linux または Windows) によって異なります。WorkSpace のコンピュータ名には、次のいずれかの形式を使用できます。

  • Linux: A-1xxxxxxxxxxxx

  • Windows: IP-Cxxxxxx または WSAMZN-xxxxxxx または EC2AMAZ-xxxxxxx

Windows WorkSpaces の場合、コンピュータ名の形式はバンドルの種類によって決定されます。パブリックバンドルから作成された WorkSpaces の場合、またはパブリックイメージに基づいてカスタムバンドルから作成された WorkSpaces の場合は、パブリックイメージが作成された時点までに決定されます。

2020 年 6 月 22 日以降、パブリックバンドルから起動された Windows WorkSpaces では、IP-Cxxxxxx 形式ではなく、コンピュータ名に WSAMZN-xxxxxxx 形式が使用されます。

パブリックイメージに基づくカスタムバンドルでは、パブリックイメージが 2020 年 6 月 22 日より前に作成された場合、コンピュータ名は EC2AMAZ-xxxxxxx 形式になります。パブリックイメージが 2020 年 6 月 22 日以降に作成された場合、コンピュータ名は WSAMZN-xxxxxxx 形式になります。

Bring-Your-Own-License (BYOL) バンドルでは、デフォルトでコンピュータ名に EC2AMAZ-xxxxxxx 形式が使用されます。

カスタムバンドルまたは BYOL バンドル内のコンピュータ名にカスタム形式を指定した場合、カスタム形式はこれらの既定値を上書きします。

Amazon WorkSpaces は、ディレクトリを使用して、WorkSpaces とユーザーの情報を格納し管理します。以下のいずれかを実行できます。

  • Simple AD ディレクトリを作成します。

  • AWS Directory Service for Microsoft Active Directory (AWS Managed Microsoft AD ともいいます) を作成します。

  • Active Directory Connector を使用して、既存の Active Directory に接続します。

  • AWS Managed Microsoft AD ディレクトリとオンプレミスドメイン間の信頼関係を作成します。

以下のチュートリアルでは、サポートされているディレクトリサービスオプションを使用して WorkSpace を起動する方法を説明します。