WorkSpace の移行 - Amazon WorkSpaces

WorkSpace の移行

ユーザーボリューム上のデータを保持しながら、1 つのバンドルから別のバンドルに WorkSpace を移行できます。サンプルシナリオを以下に示します。

  • Windows 7 デスクトップエクスペリエンスから Windows 10 デスクトップエクスペリエンスに WorkSpaces を移行できます。

  • WorkSpaces を PCoIP プロトコルから WorkSpaces Streaming Protocol (WSP) に移行できます。

  • Windows Server 2016 搭載の 32 ビット Microsoft Office の WorkSpace バンドルから Windows Server 2019 搭載の WorkSpaces バンドルの 64 ビットの Microsoft Office バンドルに WorkSpaces を移行できます。

  • また、あるパブリックバンドルまたはカスタムバンドルから別のバンドルに WorkSpaces を移行することもできます。たとえば、GPU 対応 (Graphics および GraphicsPro) バンドルから GPU 対応以外のバンドルに、またはその逆に移行できます。

Amazon WorkSpaces バンドルの詳細については、WorkSpace バンドルとイメージ を参照してください。

移行プロセスでは、ターゲットバンドルイメージからの新しいルートボリュームと、元の WorkSpace の最後に利用可能なスナップショットからのユーザーボリュームを使用して WorkSpace を再作成します。移行中に新しいユーザープロファイルが生成され、互換性が向上します。古いユーザープロファイルの名前が変更され、古いユーザープロファイル内の特定のファイルが新しいユーザープロファイルに移動されます (移動対象の詳細については、移行中の動作 を参照してください。)

移行プロセスには、WorkSpace ごとに最大 1 時間かかります。移行プロセスを開始すると、新しい WorkSpace が作成されます。移行の成功を妨げるエラーが発生した場合、元の WorkSpace が復旧されて元の状態に戻り、新しい WorkSpace が終了します。

移行の制限

  • パブリックまたはカスタムの Windows 7 デスクトップエクスペリエンスバンドルに移行することはできません。また、Bring-Your-Own-License (BYOL) Windows 7 バンドルに移行することもできません。

  • BYOL WorkSpaces は、他の BYOL バンドルにのみ移行できます。BYOL WorkSpace を PCoIP から WSP に移行するには、最初に WSP プロトコルを使用して BYOL バンドルを作成する必要があります。その後、PCoIP BYOL WorkSpaces をその WSP BYOL バンドルに移行できます。

  • パブリックバンドルまたはカスタムバンドルから作成された WorkSpace を BYOL バンドルに移行することはできません。

  • 現時点では、Graphics および GraphicsPro バンドルは PCoIP プロトコルでのみ利用可能であるため、Graphics および GraphicsPro WorkSpaces は、まだ WSP に移行することができません。

  • Linux WorkSpaces の移行は現在サポートされていません。

  • 複数の言語をサポートする AWS リージョンでは、言語バンドル間で WorkSpaces を移行できます。

  • ソースバンドルとターゲットバンドルは異なっている必要があります (ただし、複数の言語をサポートするリージョンでは、言語が異なる限り、同じ Windows 10 バンドルに移行できます)。同じバンドルを使用して WorkSpace を更新する場合は、代わりに WorkSpace を再構築します

  • リージョン間で WorkSpaces を移行することはできません。

  • 場合によっては、移行が正常に完了しない場合、エラーメッセージが表示されず、移行プロセスが開始されなかったように見えることがあります。移行の試行後 1 時間経過しても WorkSpace バンドルが同じである場合、移行は失敗します。AWS Support センターにアクセスしてサポートをお求めください。

移行シナリオ

次の表に、可能な移行シナリオを示します。

移行元 OS 移行先 OS 使用可能

パブリックまたはカスタムバンドル Windows 7

パブリックまたはカスタムバンドル Windows 10

はい

カスタムバンドル Windows 7

パブリックバンドル Windows 7

いいえ

カスタムバンドル Windows 7

カスタムバンドル Windows 7

いいえ

パブリックバンドル Windows 7

カスタムバンドル Windows 7

いいえ

パブリックまたはカスタムバンドル Windows 10

パブリックまたはカスタムバンドル Windows 7

いいえ

カスタムバンドル Windows 10

パブリックバンドル Windows 10

いいえ

パブリックまたはカスタムバンドル Windows 10

カスタムバンドル Windows 10

はい

Windows 7 の BYOL バンドル

Windows 7 の BYOL バンドル

いいえ
Windows 7 の BYOL バンドル

Windows 10 の BYOL バンドル

はい

Windows 10 の BYOL バンドル

Windows 7 の BYOL バンドル

いいえ

Windows 10 の BYOL バンドル

Windows 10 の BYOL バンドル

はい

Windows Server 2016 搭載のパブリック Windows 10 バンドル

Windows Server 2019 搭載のパブリック Windows 10 バンドル

はい

Windows Server 2019 搭載のパブリック Windows 10 バンドル

Windows Server 2016 搭載のパブリック Windows 10 バンドル

はい

注記

Windows Server 2019 搭載のパブリック Windows 10 バンドル PCoIP ブランチでは、Web Access は使用できません。

重要

Windows Server 2016 搭載のパブリック Windows 10 プラスバンドルには、Microsoft Office 2016 と Trend Micro Worry-Free Business Security Services が含まれています。Windows Server 2019 搭載のパブリック Windows 10 プラスバンドルには、Microsoft Office 2019 のみが含まれ、Trend Micro Services は含まれません。

移行中の動作

移行中は、ユーザーボリューム (ドライブ D) 上のデータは保持されますが、ルートボリューム (ドライブ C) 上のすべてのデータは失われます。つまり、インストールされているアプリケーション、設定、およびレジストリの変更は、いずれも保持されません。古いユーザープロファイルフォルダの名前が .NotMigrated サフィックスで変更され、新しいユーザープロファイルが作成されます。

移行プロセスでは、元のユーザーボリュームの最後のスナップショットに基づいてドライブ D が再作成されます。新しい WorkSpace の初回起動時に、元の D:\Users\%USERNAME% フォルダが D:\Users\%USERNAME%MMddyyTHHmmss%.NotMigrated という名前のフォルダに移動されます。新しい OS によって新しい D:\Users\%USERNAME%\ フォルダが生成されます。

新しいユーザープロファイルが作成されると、次のユーザーシェルフォルダ内のファイルが古い .NotMigrated プロファイルから新しいプロファイルに移動します。

  • D:\Users\%USERNAME%\Desktop

  • D:\Users\%USERNAME%\Documents

  • D:\Users\%USERNAME%\Downloads

  • D:\Users\%USERNAME%\Favorites

  • D:\Users\%USERNAME%\Music

  • D:\Users\%USERNAME%\Pictures

  • D:\Users\%USERNAME%\Videos

重要

移行プロセスでは、古いユーザープロファイルから新しいプロファイルへのファイルの移動が試みられます。移行中に移動されなかったファイルは、D:\Users\%USERNAME%MMddyyTHHmmss%.NotMigrated フォルダ内に残ります。移行が成功すると、どのファイルが移動されたかを C:\Program Files\Amazon\WorkspacesConfig\Logs\MigrationLogs で確認できます。自動的に移動されなかったファイルは、手動で移動できます。

デフォルトでは、パブリックバンドルではローカル検索インデックス作成が無効になっています。有効にすると、デフォルトでは C:\Users ではなく D:\Users を検索する設定となるため、それも調整する必要があります。ローカル検索インデックス作成を D:\Users\username に設定し、D:\Users に設定していない場合、D:\Users\%USERNAME%MMddyyTHHmmss%.NotMigrated フォルダ内のユーザーファイルの移行後にローカル検索インデックス作成が機能しないことがあります。

元の WorkSpace に割り当てられたタグは移行中に引き継がれ、WorkSpace の実行モードは保持されます。ただし、新しい WorkSpace は、新しい WorkSpace ID、コンピュータ名、および IP アドレスを取得します。

ベストプラクティス

WorkSpace を移行する前に、次の操作を行います。

  • ドライブ C の重要なデータを別の場所にバックアップします。ドライブ C 上のすべてのデータは、移行中に消去されます。

  • ユーザーボリュームのスナップショットが作成されたことを確認するために、移行中の WorkSpace の経過時間が 12 時間以上であることを確認します。Amazon WorkSpaces コンソールの [Migrate WorkSpaces] (WorkSpace の移行) ページで、最後のスナップショットの時刻を確認できます。最後のスナップショット以降に作成されたデータは、移行中に失われます。

  • データの損失を避けるために、ユーザーがWorkSpaces からログアウトし、移行プロセスが完了するまでログインし直さないようにしてください。WorkSpaces が ADMIN_MAINTENANCE モードになっている場合は移行できないことに注意してください。

  • 移行する WorkSpaces のステータスが、AVAILABLESTOPPED、または ERROR であることを確認します。

  • 移行する WorkSpaces に十分な IP アドレスがあることを確認します。移行中に、新しい IP アドレスが WorkSpaces に割り当てられます。

  • スクリプトを使用して WorkSpaces を移行する場合、一度に移行できる WorkSpace のバッチの最大数は 25 です。

Troubleshooting

  • 移行後にファイルが見つからないことについてユーザーから報告があった場合は、移行プロセス中にユーザープロファイルファイルが移動されなかったかどうかを確認します。どのファイルが移動されたかは、C:\Program Files\Amazon\WorkspacesConfig\Logs\MigrationLogs で確認できます。移動されなかったファイルは、D:\Users\%USERNAME%MMddyyTHHmmss%.NotMigrated フォルダに配置されます。自動的に移動されなかったファイルは、手動で移動できます。

  • API を使用して WorkSpaces を移行し、移行が成功しなかった場合、API によって返されたターゲット WorkSpace ID は使用されず、WorkSpace で元の WorkSpace ID が保持されます。

  • 移行が正常に完了しない場合は、Active Directory で、適切にクリーンアップされたかどうかを確認します。不要になった WorkSpaces は、手動による削除が必要になる場合があります。

請求への影響

移行が発生する月に、新しい WorkSpaces と元の WorkSpaces の両方に比例配分された金額が請求されます。たとえば、5 月 10 日に WorkSpace A を WorkSpace B に移行すると、5 月 1 日から 5 月 10 日まで WorkSpace A の料金が請求され、5 月 11 日から 5 月 30 日まで WorkSpace B の料金が請求されます。

注記

WorkSpace を別のバンドルタイプに移行する場合 (たとえば、Performance から Power へ、または Value から Standard へ)、移行プロセス中にルートボリューム (ドライブ C) とユーザーボリューム (ドライブ D) のサイズが増加する可能性があります。必要に応じて、ルートボリュームは、新しいバンドルのデフォルトのルートボリュームサイズに合わせて増加します。ただし、ユーザーボリュームに対して、元のバンドルのデフォルトとは異なるサイズ (高いサイズまたは低いサイズ) をすでに指定していた場合、移行プロセス中も同じユーザーボリュームサイズが保持されます。それ以外の場合、移行元の WorkSpace ユーザーボリュームサイズとデフォルトのユーザーボリュームサイズのうち、大きい方が使用されます。

WorkSpace の移行

Amazon WorkSpaces コンソール、、AWS CLI または Amazon WorkSpaces API を使用して WorkSpaces を移行できます。

WorkSpace を移行するには

  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [WorkSpaces] を選択します。

  3. WorkSpace を選択したら、[アクション]、[Migrate WorkSpaces (WorkSpace の移行)] の順に選択します。

  4. [Select Target Bundle (ターゲットバンドルの選択)] で、WorkSpace の移行先のバンドルを選択します。

    注記

    BYOL WorkSpace を PCoIP から WSP に移行するには、最初に WSP プロトコルを使用して BYOL バンドルを作成する必要があります。その後、PCoIP BYOL WorkSpaces をその WSP BYOL バンドルに移行できます。

  5. [Assign WorkSpace Bundle (WorkSpace バンドルの割り当て)] で、各 WorkSpace ユーザーのターゲットバンドルを選択します。

    警告

    各 WorkSpace について、表示されたスナップショット時間を書き留めておきます。表示されたスナップショット時間以降にユーザーボリュームに加えられた変更は、移行プロセス中に破棄されます。

  6. [Migrate WorkSpaces (WorkSpace の移行)] を選択します。

    Amazon WorkSpaces コンソールに、ステータスが PENDING の新しい WorkSpace が表示されます。移行が完了すると、元の WorkSpace が終了し、新しい WorkSpace のステータスが AVAILABLE に設定されます。

  7. (オプション) 不要になったカスタムバンドルとイメージを削除する方法については、カスタムの WorkSpaces バンドルまたはイメージの削除 を参照してください。

AWS CLI を使用して WorkSpaces を移行するには、migrate-workspace コマンドを使用します。Amazon WorkSpaces API を使用して WorkSpaces を移行するには、Amazon WorkSpaces API リファレンスMigrateWorkSpace を参照してください。