X-Ray デーモンをAWS Elastic Beanstalk - AWS X-Ray

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

X-Ray デーモンをAWS Elastic Beanstalk

アプリケーションからトレースデータをAWS X-Rayでは、Elastic Beanstalk 環境の Amazon EC2 インスタンスで X-Ray デーモンを実行できます。サポートされているプラットフォームのリストについては、」の設定AWS X-Rayデバッグ()AWS Elastic Beanstalk開発者ガイド

注記

デーモンは、環境のインスタンスプロファイルのアクセス権限を使用します。Elastic Beanstalk インスタンスプロファイルにアクセス権限を追加する方法については、」デーモンに X-Ray にデータを送信するアクセス許可を与える

Elastic Beanstalk プラットフォームには、デーモンを自動的に実行する設定オプションがあります。ソースコードの設定ファイル内で、または Elastic Beanstalk コンソールでオプションを選択して、デーモンを有効にできます。設定オプションを有効にすると、デーモンはインスタンスにインストールされ、サービスとして実行されます。

Elastic Beanstalk プラットフォームに含まれているバージョンは最新バージョンではない場合があります。サポートされているプラットフォームのトピックを参照して、プラットフォーム設定で利用できるデーモンのバージョンを確認してください。

Elastic Beanstalk は、マルチコンテナの Docker (Amazon ECS) プラットフォームに X-Ray デーモンを提供しません。Scorekeep サンプルアプリケーションでは、Elastic Beanstalk を使用して Amazon ECS で X-Ray デーモンを使用する方法を示しています。詳細については、「Amazon ECS アプリケーションを作成する」を参照してください。

Elastic Beanstalk X-Ray 統合を使用して X-Ray デーモンを実行する

コンソールを使用して X-Ray 統合をオンにするか、設定ファイルを使用してアプリケーションソースコードで設定します。

Elastic Beanstalk コンソールで X-Ray デーモンを有効にするには

  1. を開くElastic Beanstalk コンソール

  2. に移動します。マネジメントコンソール環境の 1 つです。

  3. [Configuration] を選択します。

  4. [Software Settings] を選択します。

  5. [X-Ray daemon] で、[Enabled] を選択します。

  6. [Apply] を選択します。

ソースコードに設定ファイルを含めて、設定を環境間で移植可能にできます。

例 .ebextensions/xray-daemon.config

option_settings: aws:elasticbeanstalk:xray: XRayEnabled: true

Elastic Beanstalk は設定ファイルをデーモンに渡し、標準の場所にログを出力します。

Windows Server プラットフォーム

  • 設定ファイルC:\Program Files\Amazon\XRay\cfg.yaml

  • ログc:\Program Files\Amazon\XRay\logs\xray-service.log

Linux プラットフォーム

  • 設定ファイル/etc/amazon/xray/cfg.yaml

  • ログ/var/log/xray/xray.log

Elastic Beanstalk には、AWS Management Consoleまたはコマンドラインを使用します。Elastic Beanstalk に X-Ray デーモンログを含めるように伝えることができます。

例 .ebextensions/xray-logs.config - Linux

files: "/opt/elasticbeanstalk/tasks/taillogs.d/xray-daemon.conf" : mode: "000644" owner: root group: root content: | /var/log/xray/xray.log

例 .ebextensions/xray-logs.config - Windows Server

files: "c:/Program Files/Amazon/ElasticBeanstalk/config/taillogs.d/xray-daemon.conf" : mode: "000644" owner: root group: root content: | c:\Progam Files\Amazon\XRay\logs\xray-service.log

「」を参照してください。Elastic Beanstalk 環境の Amazon EC2 インスタンスからのログの表示()AWS Elastic Beanstalk開発者ガイド」を参照。

X-Ray デーモンを手動でダウンロードして実行する (高度)

X-Ray デーモンをプラットフォーム設定で使用できない場合は、Amazon S3 からダウンロードして、設定ファイルを使用して実行できます。

Elastic Beanstalk 設定ファイルを使用して、デーモンをダウンロードして実行します。

例 .ebextensions/xray.config - Linux

commands: 01-stop-tracing: command: yum remove -y xray ignoreErrors: true 02-copy-tracing: command: curl https://s3.us-east-2.amazonaws.com/aws-xray-assets.us-east-2/xray-daemon/aws-xray-daemon-3.x.rpm -o /home/ec2-user/xray.rpm 03-start-tracing: command: yum install -y /home/ec2-user/xray.rpm files: "/opt/elasticbeanstalk/tasks/taillogs.d/xray-daemon.conf" : mode: "000644" owner: root group: root content: | /var/log/xray/xray.log "/etc/amazon/xray/cfg.yaml" : mode: "000644" owner: root group: root content: | Logging: LogLevel: "debug" Version: 2

例 .ebextensions/xray.config - Windows server

container_commands: 01-execute-config-script: command: Powershell.exe -ExecutionPolicy Bypass -File c:\\temp\\installDaemon.ps1 waitAfterCompletion: 0 files: "c:/temp/installDaemon.ps1": content: | if ( Get-Service "AWSXRayDaemon" -ErrorAction SilentlyContinue ) { sc.exe stop AWSXRayDaemon sc.exe delete AWSXRayDaemon } $targetLocation = "C:\Program Files\Amazon\XRay" if ((Test-Path $targetLocation) -eq 0) { mkdir $targetLocation } $zipFileName = "aws-xray-daemon-windows-service-3.x.zip" $zipPath = "$targetLocation\$zipFileName" $destPath = "$targetLocation\aws-xray-daemon" if ((Test-Path $destPath) -eq 1) { Remove-Item -Recurse -Force $destPath } $daemonPath = "$destPath\xray.exe" $daemonLogPath = "$targetLocation\xray-daemon.log" $url = "https://s3.dualstack.us-west-2.amazonaws.com/aws-xray-assets.us-west-2/xray-daemon/aws-xray-daemon-windows-service-3.x.zip" Invoke-WebRequest -Uri $url -OutFile $zipPath Add-Type -Assembly "System.IO.Compression.Filesystem" [io.compression.zipfile]::ExtractToDirectory($zipPath, $destPath) New-Service -Name "AWSXRayDaemon" -StartupType Automatic -BinaryPathName "`"$daemonPath`" -f `"$daemonLogPath`"" sc.exe start AWSXRayDaemon encoding: plain "c:/Program Files/Amazon/ElasticBeanstalk/config/taillogs.d/xray-daemon.conf" : mode: "000644" owner: root group: root content: | C:\Program Files\Amazon\XRay\xray-daemon.log

これらの例ではまた、デーモンのログファイルを Elastic Beanstalk のログ末尾タスクに追加し、コンソールまたは Elastic Beanstalk コマンドラインインターフェイス (EB CLI) を使用したログのリクエスト時にその内容を含めるようにしています。