メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Oracle DB インスタンスを作成して Oracle DB インスタンス上のデータベースに接続する

Amazon RDS の基本的な構成要素は DB インスタンスです。これは、Oracle データベースを実行する環境です。

重要

DB インスタンスを作成したり、DB インスタンスに接続したりする前に、「Amazon RDS のセットアップ」セクションのタスクを実行する必要があります。

Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスを作成する

Oracle DB インスタンスを作成する最も簡単な方法は、RDS コンソールを使用することです。DB インスタンスを作成すると、SQL Developer などの Oracle 標準クライアントユーティリティを使用してインスタンスに接続できます。

次の手順では、west2-oracle1 という名前の Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスを、db.m1.small DB インスタンスクラス、10 GB のストレージ、保持期間が 1 日に設定された自動バックアップという設定で作成します。

Oracle DB インスタンスを起動するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. Amazon RDS コンソールの右上隅で、DB インスタンスを作成するリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択します。

  4. [Launch DB Instance] を選択して、DB インスタンス起動ウィザードを開始します。

    ウィザードが起動し、[Select Engine] ページが開きます。

     エンジンの選択
  5. [Launch DB Instance Wizard] ウィンドウで、[Oracle] アイコンを選択し、[Select] を選択して、使用する Oracle のバージョンを選択します。

  6. [Production?] ページで、作成中の DB インスタンスを本稼働環境で使用するかどうかを指定します。使用する場合は、[Yes] を選択します。[Yes] を選択すると、次の手順では、フェイルオーバーオプション [Multi-AZ] と [Provisioned IOPS] ストレージオプションが既に選択されています。

  7. [Next ] を選択して続行します。[DB 詳細の指定] ページが表示されます。

     DB インスタンスの詳細
  8. [Specify DB Details] ページで、DB インスタンスの情報を指定します。次の表は、サンプルの DB インスタンスの設定を示しています。

    パラメーター 操作

    License Model

    [license-included] を選択して、Oracle の一般ライセンス契約を使用します。 [bring-your-own-license] を選択して、既存の Oracle のライセンスを使用します。

    詳細については、「Oracle のライセンス」を参照してください。

    DB Engine Version

    Oracle のデフォルトバージョンを選択します。

    DB インスタンスクラス

    [db.m3.medium] を選択します。構成は、メモリ 1.7 GB、1 ECU (1 ECU の仮想コア 1 個)、64 ビットプラットフォーム、中程度の I/O キャパシティに相当します。

    詳細については、「DB インスタンスクラス」および「DB インスタンスクラスの Oracle のサポート」を参照してください。

    マルチ AZ 配置

    [Yes] を選択して、フェイルオーバーのサポート用に DB インスタンスのスタンバイレプリカが別のアベイラビリティーゾーンに作成されるようにします。本稼働環境のワークロードには、高可用性を維持するためにマルチ AZ をお勧めします。開発およびテスト用に、[No] を選択することもできます。

    詳細については、「高可用性 (マルチ AZ) 」を参照してください。

    Allocated Storage

    10 と入力します。10 GB 分のストレージがデータベース用に割り当てられます。場合によっては、DB インスタンスに、データベースのサイズ以上のストレージを割り当てると、I/O のパフォーマンスが改善することがあります。

    詳細については、「Amazon RDS のストレージ」を参照してください。

    ストレージタイプ

    ストレージタイプ [Magnetic] を選択します。

    詳細については、「Amazon RDS ストレージの種類」を参照してください。

    DB Instance Identifier

    DB インスタンス名を入力します。選択したリージョン内で、自分のアカウントに対して一意であることが必要です。選択したリージョンや DB エンジンなどの情報を名前に含めることもできます (例: oracle-instance1)。

    Master User Name

    マスターユーザー名を入力します。この名前で DB インスタンスにログオンすると、データベースに関するすべての権限を持つことになります。このユーザーアカウントは、DB インスタンスにログインするときに使用し、DBA ロールが付与されます。

    [Master User Password] と [Confirm Password]

    マスターユーザーパスワードとして 8 ~ 30 個の表示可能な ASCII 文字 (/、"、@ 以外) を入力し、[Confirm Password] ボックスに同じパスワードをもう一度入力します。

  9. [Next ] を選択して続行します。[Configure Advanced Settings] ページが表示されます。

     [Additional Configuration] パネル
  10. [Configure Advanced Settings] ページに、RDS で Oracle DB インスタンスを起動するために必要な追加情報を入力します。以下の表では、サンプルの DB インスタンスの設定を示しています。

    パラメーター 操作

    VPC

    この設定はプラットフォームによって異なります。AWS の新規のお客様の場合は、デフォルトの VPC を選択します。前の E2 Classic プラットフォームで DB インスタンスを作成している場合は、[Not in VPC] を選択します。

    詳細については、「Amazon Virtual Private Cloud (VPCs) と Amazon RDS」を参照してください。

    DB サブネットグループ

    この設定はプラットフォームによって異なります。AWS の新規のお客様の場合は、[default] を選択します。お客様のアカウントのために作成されたデフォルトの DB サブネットグループが使用されます。前の E2 Classic プラットフォームで DB インスタンスを作成しているときに、特定の VPC の DB インスタンスが必要な場合は、その VPC 用に作成した DB サブネットグループを選択します。

    パブリックアクセス可能

    VPC の外部でアクセスできることを意味するパブリック IP アドレスを DB インスタンスに割り当てる場合は [Yes] を選択します。それ以外の場合は [No] を選択して、VPC 内からのみ DB インスタンスにアクセスできるようにします。

    詳細については、「VPC の DB インスタンスをインターネットから隠す」を参照してください。

    アベイラビリティーゾーン

    デフォルトの [No Preference] を使用します。

    詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

    VPC セキュリティグループ

    AWS の新規のお客様の場合は、デフォルトの VPC を選択します。独自の VPC セキュリティグループを作成している場合は、先に作成した VPC セキュリティグループを選択します。

    詳細については、「DB セキュリティグループを操作する」を参照してください。

    Database Name

    8 文字以内の英数字を含む文字で始まる、データベースの名前を入力します。名前を入力しない場合、Amazon RDS はここで作成する DB インスタンス上にデータベースを作成しません。デフォルトのデータベース名は ORCL です。

    Database Port

    デフォルト値 1521 を使用します。ただし、データベースへのアクセスに特定のポートを使用する必要がある場合を除きます。Oracle のインストールでは、ポートのデフォルトは 1521 になりますが、一部のファイアウォールではこのポートはデフォルトでブロックされます。不明な場合は、どのポートを使用する必要があるかをシステム管理者に確認してください。

    パラメータグループ

    デフォルト値の [default.oracle-ee-11.2] を使用します。

    詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

    Option Group

    デフォルト値の [default:oracle-ee-11-2] を選択します。

    詳細については、「オプショングループを使用する」を参照してください。

    タグをスナップショットへコピー

    スナップショットの作成時に DB インスタンスタグを DB スナップショットへコピーするには、このオプションを選択します。

    詳細については、「Amazon RDS リソースのタグ付け」を参照してください。

    Character Set Name

    デフォルト値 AL32UTF8 を選択します。これは、Unicode 5.0 UTF-8 Universal 文字セットを表します。DB インスタンスの作成後は、文字セットを変更できないことに注意してください。

    暗号を有効化

    この DB インスタンスを保管時に暗号化するには、[Yes] を選択します。

    詳細については、「Amazon RDS リソースの暗号化」を参照してください。

    バックアップの保存期間

    データベースの自動バックアップを保持する日数を設定します。テスト目的で、この値を [1] に設定できます。

    詳細については、「バックアップの使用 」を参照してください。

    バックアップウィンドウ

    データベースのバックアップを保持する期間を指定しない場合は、デフォルト値 [No Preference] を使用します。

    詳細については、「バックアップの使用 」を参照してください。

    Enable Enhanced Monitoring

    DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステムに対してリアルタイムでのメトリクスの収集を有効にするには、[Yes] を選択します。

    詳細については、「拡張モニタリング」を参照してください。

    Auto Minor Version Upgrade

    Amazon RDS では、Oracle を実行する DB インスタンスの自動マイナーバージョンアップグレードがサポートされていません。マイナーバージョンアップグレードを実行するためには、DB インスタンスを手動で変更する必要があります。

    メンテナンス時間

    DB インスタンスへの変更保留が適用される 30 分単位のウィンドウを選択します。期間が重要ではない場合は、[No Preference] を選択します。

    詳細については、「Amazon RDS メンテナンスウィンドウ」を参照してください。

  11. [Launch DB Instance] を選択します。

  12. ウィザードの最後のページで、[Close] を選択します。

  13. RDS コンソールでは、新しい DB インスタンスが DB インスタンスのリストに表示されます。DB インスタンスが作成されて使用できるようになるまで、DB インスタンスのステータスは creating となります。ステータスが [available] に変わると、DB インスタンスに接続できます。DB インスタンスクラスと割り当てられたストレージによっては、新しいインスタンスを使用できるようになるまで数分かかる場合があります。

     [My DB Instances] リスト

Oracle データベースエンジンを実行している DB インスタンスへの接続

Amazon RDS によって DB インスタンスがプロビジョニングされると、標準の SQL クライアントアプリケーションを使用して、インスタンスに接続できます。この例では、Oracle のコマンドラインツールを使用して Oracle データベースエンジンを実行している DB インスタンスに接続します。Oracle の使用の詳細については、Oracle のウェブサイトを参照してください。

この例では、Oracle の sqlplus コマンドラインユーティリティを使用します。このユーティリティは、Oracle ソフトウェアディストリビューションの一部です。このユーティリティのスタンドアロンバージョンをダウンロードするには、SQL*Plus User's Guide and Reference を参照してください。

  1. RDS コンソールを開き、左側の列の [Instances] を選択して、DB インスタンスの一覧を表示します。

  2. Oracle DB インスタンスの行で、インスタンスの概要情報を表示します。

  3. [Endpoint] フィールドは、DB インスタンスの接続情報の一部を含んでいます。[Endpoint] フィールドは、コロン (:) で 2 つに区切られています。コロンの前はインスタンスの DNS 名で、コロンの後はポートです。

     [My DB Instances] リスト
  4. コマンドプロンプトで次のコマンドを 1 行に入力し、sqlplus ユーティリティを使用して DB インスタンスに接続します。Host の値は DB インスタンスの DNS 名で、Port の値は DB インスタンスに割り当てるポートで、Oracle の SID の値は、DB インスタンスの名前ではなく、DB インスタンスの作成時に指定した DB インスタンスのデータベースの名前です。

    Copy
    PROMPT>sqlplus 'mydbusr@(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=<endpoint>) (PORT=<port number>))(CONNECT_DATA=(SID=<database name>)))'

    以下のような出力結果が表示されるはずです。

    Copy
    SQL*Plus: Release 11.1.0.7.0 - Production on Wed May 25 15:13:59 2011 SQL>

DB インスタンスを削除する

作成したサンプル DB インスタンスに接続したら、料金がこれ以上発生しないように、DB インスタンスを削除してください。

最終的な DB スナップショットを作成しないで DB インスタンスを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [Instances] リストで、削除する DB インスタンスを選択します。

  3. [Instance Actions] をクリックし、ドロップダウンメニューから [Delete] を選択します。

  4. [No] を [Create final snapshot? ] ドロップダウンリストボックスで選択します。

  5. [Yes, Delete] を選択します。