メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Oracle DB インスタンスを作成して Oracle DB インスタンス上のデータベースに接続する

Amazon RDS の基本的な構成要素は DB インスタンスです。Amazon RDS の DB インスタンスは、オンプレミスの Oracle データベースに似ています。

重要

DB インスタンスを作成する前に、AWS アカウントが必要です。AWS アカウントをまだ作成していない場合は、https://aws.amazon.com/ にアクセスし、[Create an AWS Account] を選択します。

このトピックでは、サンプルの Oracle DB インスタンスを作成します。その後、DB インスタンスに接続し、シンプルなクエリを実行します。最後は、サンプルの DB インスタンスを削除します。

サンプルの Oracle DB インスタンスの作成

この手順では、AWS マネジメントコンソール を使用してサンプルの DB インスタンスを作成します。サンプルの DB インスタンスの作成のみを行うため、すべての設定を詳細には説明しません。各設定の詳細な説明については、「Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスを作成する」を参照してください。

Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. Amazon RDS コンソールの右上隅で、DB インスタンスを作成するリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択します。

  4. [Launch DB Instance] を選択します。

    [Select Engine] ページが表示されます。

     エンジンの選択
  5. Oracle アイコンを選択し、Oracle SE Two エディションの [Select] を選択します。

  6. [Production?] ページで、作成中の DB インスタンスを本稼働環境で使用するかどうかを指定します。[Dev/Test]、[Next Step] の順に選択します。

    [DB 詳細の指定] ページが表示されます。

     DB インスタンスの詳細
  7. [Specify DB Details] ページで、DB インスタンスの情報を次の表のとおりに入力します。

    パラメーター 操作

    License Model

    [license-included] を選択して、Oracle の一般ライセンス契約を使用します。

    DB Engine Version

    リストで、利用できる Oracle の最新バージョンを選択します。

    DB インスタンスクラス

    [db.t2.small] を選択します。このインスタンスクラスはテストに最適です。

    マルチ AZ 配置

    開発およびテストでは、[No] を選択します。

    ストレージタイプ

    ストレージのタイプで [General Purpose (SSD)] を選択します。

    Allocated Storage

    10 と入力します。10 GB 分のストレージがデータベース用に割り当てられます。追加のストレージの割り当てを考慮する必要があるという警告がありますが、今回はサンプルの DB インスタンスであるため 10 GB で十分です。

    DB Instance Identifier

    sample-instance と入力します。

    Master Username

    マスターユーザー名を入力します。この名前で DB インスタンスにログオンすると、データベースに関するすべての権限を持つことになります。マスターユーザー名が SQL Server 認証のログインになります。

    [Master Password] と [Confirm Password]

    マスターユーザーのパスワードを入力します。パスワードには 8 ~ 128 文字の印刷可能な ASCII 文字 (/、''、および @ は除く) が含まれている必要があります。

  8. [Next ] を選択して続行します。

    [Configure Advanced Settings] ページが表示されます。

     [Additional Configuration] パネル
  9. [Configure Advanced Settings] ページで、DB インスタンスの情報を次の表のとおりに入力します。

    パラメーター 操作

    VPC

    [Create new VPC] を選択します。

    サブネットグループ

    [Create new DB Subnet Group] を選択します。

    パブリックアクセス可能

    [Yes] を選択します。

    アベイラビリティーゾーン

    [No Preference] を選択します。

    VPC セキュリティグループ

    [Create new Security Group] を選択します。

    Database Name

    ORCL と入力します

    Database Port

    デフォルト値 1521 は、データベースへのアクセスに特定のポートを使用する必要がある場合を除き、変更しないでください。Oracle のインストールでは、ポートのデフォルトは 1521 になりますが、状況によっては、このポートはファイアウォールによってブロックされる場合があります。不確かな場合は、どのポートを使用する必要があるかをシステム管理者に確認してください。

    DB Parameter Group

    デフォルト値のままにします。

    Option Group

    デフォルト値のままにします。

    タグをスナップショットへコピー

    この設定をオフのままにします。

    Character Set Name

    デフォルト値 AL32UTF8 を選択します。これは、Unicode 5.0 UTF-8 Universal 文字セットを表します。

    暗号を有効化

    この DB インスタンスを保管時に暗号化するには、[No] を選択します。

    バックアップの保存期間

    7 を選択します。

    バックアップウィンドウ

    [No Preference] を選択します。

    Enable Enhanced Monitoring

    [No] を選択します。

    Auto Minor Version Upgrade

    [Yes] を選択します。

    メンテナンス時間

    [No Preference] を選択します。

  10. [Launch DB Instance] を選択します。

  11. [View Your DB Instances] を選択します。

    RDS コンソールでは、新しい DB インスタンスが DB インスタンスのリストに表示されます。DB インスタンスが使用できるようになるまで、DB インスタンスのステータスは creating です。ステータスが [available] に変わると、DB インスタンスに接続できます。DB インスタンスクラスとストレージの合計によっては、新しいインスタンスを使用できるようになるまで最長 20 分かかることがあります。

     [My DB Instances] リスト

サンプルの Oracle DB インスタンスへの接続

Amazon RDS によって DB インスタンスがプロビジョニングされると、標準の SQL クライアントアプリケーションを使用してインスタンスに接続できます。この手順では、Oracle sqlplus コマンドラインユーティリティを使用してサンプルの DB インスタンスに接続します。このユーティリティのスタンドアロンバージョンをダウンロードするには、SQL*Plus ユーザーズ・ガイドおよびリファレンスを参照してください。

SQL*Plus を使用して DB インスタンスに接続するには

  1. DB インスタンスの DNS 名とポート番号を見つけます。

    1. RDS コンソールを開き、[Instances] を選択して、DB インスタンスの一覧を表示します。

    2. Oracle DB インスタンスの行で、インスタンスの概要情報を表示します。

       [My DB Instances] リスト
    3. エンドポイントをコピーします。[Endpoint] フィールドは、コロン (:) で 2 つに区切られています。コロンの前はインスタンスの DNS 名で、コロンの後はポート番号です。

  2. コマンドプロンプトで次のコマンドを 1 行に入力し、sqlplus ユーティリティを使用して DB インスタンスに接続します。Host の値は DB インスタンスの DNS 名で、Port の値は DB インスタンスに割り当てるポートで、Oracle の SID の値は、DB インスタンスの名前ではなく、DB インスタンスの作成時に指定した DB インスタンスのデータベースの名前です。

    Copy
    PROMPT>sqlplus 'mydbusr@(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=endpoint DNS name) (PORT=1521))(CONNECT_DATA=(SID=ORCL)))'>

    次のような出力が表示されます。

    Copy
    SQL*Plus: Release 11.1.0.7.0 - Production on Wed May 25 15:13:59 2011 SQL>

サンプル SQL Server DB インスタンスの削除

作成したサンプル DB インスタンスの操作が完了したら、料金がこれ以上発生しないように、DB インスタンスを削除してください。

DB インスタンスを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [Instances] リストで、サンプルの DB インスタンスを選択します。

  3. [Instance Actions] を選択し、[Delete] を選択します。

  4. [Create final Snapshot] で [No] を選択します。

    注記

    本番稼働用 DB インスタンスには、最終的なスナップショットを作成してください。

  5. [Delete] を選択します。

関連トピック