メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

AWS Elastic Beanstalk 環境設定

AWS Elastic Beanstalk 環境を作成する場合、Elastic Beanstalk は、アプリケーションの実行とサポートに必要なすべての AWS リソースをプロビジョニングして設定します。設定オプションの値を指定することで、環境のメタデータの設定や動作の更新に加えて、これらのリソースをカスタマイズできます。例えば、Amazon SQS キューおよびキューの深さに対するアラームを追加したり、Amazon ElastiCache クラスターを追加したりする場合です。

設定オプションのほとんどで、Elastic Beanstalk に自動的に適用されるデフォルト値が設定されています。これらのデフォルト設定は、設定ファイル、保存済み設定、コマンドラインオプションで、または Elastic Beanstalk API を直接呼び出して上書きできます。EB CLI および Elastic Beanstalk コンソールは、一部のオプションで推奨値も適用します。

ソースバンドルと共に設定ファイルを含めることにより、アプリケーションバージョンのデプロイと同時に環境を簡単にカスタマイズできます。インスタンスのソフトウェアをカスタマイズするときは、カスタム AMI を作成するより設定ファイルを使用する方が、AMI のセットを保持する必要がないので優っています。

アプリケーションをデプロイするときは、アプリケーションが依存するソフトウェアをカスタマイズおよび設定したい場合があります。これらのファイルは、アプリケーションが必要とする依存関係(例えば、yum リポジトリからの追加パッケージ)、または設定ファイル(AWS Elastic Beanstalk のデフォルトである特定の設定を上書きするための、httpd.conf の代替ファイル)です。