Amazon による CloudFront メトリクスのモニタリング CloudWatch - Amazon CloudFront

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon による CloudFront メトリクスのモニタリング CloudWatch

Amazon CloudFront は Amazon と統合 CloudWatch されており、ディストリビューションとエッジ関数 (Lambda@Edge と CloudFront Functions の両方) の運用メトリクスを自動的に発行します。これらのメトリクスの多くは、CloudFront コンソールの一連のグラフに表示され、 CloudFront API または CLI を使用してアクセスすることもできます。これらのメトリクスはすべて、 CloudWatch コンソール、API、CLI CloudWatch を通じて使用できます。 CloudFront メトリクスはCloudWatch クォータ (以前は制限と呼ばれていました) にはカウントされず、追加コストも発生しません。

CloudFront ディストリビューションのデフォルトのメトリクスに加えて、追加料金で追加のメトリクスを有効にできます。追加のメトリクスは CloudFront ディストリビューションに適用され、ディストリビューションごとに個別に有効にする必要があります。料金の詳細については、「追加 CloudFront メトリクスのコストの見積もり」を参照してください。

これらのメトリクスを表示すると、問題のトラブルシューティング、追跡、およびデバッグに役立ちます。 CloudFront コンソールでこれらのメトリクスを表示するには、「モニタリング」ページを参照してください。特定の CloudFront ディストリビューションまたはエッジ関数のアクティビティに関するグラフを表示するには、1 つを選択し、ディストリビューションメトリクスの表示またはメトリクスの表示を選択します。

これらのメトリクスに基づいてアラームは、 CloudFront コンソール、または CloudWatch コンソール、API、または CLI で設定することもできます (標準 CloudWatch 料金が適用されます)。例えば、5xxErrorRate メトリクスに基づくアラームを設定できます。このメトリクスは、レスポンスの HTTP ステータスコードが 500 から 599 の範囲内にあるすべてのビューワーリクエストの割合 (%) を示します。エラー率が一定時間内に特定の値 (連続した 5 分以内のリクエスト数の 5% など) に達すると、アラームがトリガーされます。アラームの作成時に、アラームの値と時間単位を指定します。詳細については、「アラームの作成」を参照してください。

注記

CloudFront コンソールで CloudWatch アラームを作成すると、米国東部 (バージニア北部) リージョン () にアラームが作成されますus-east-1。 CloudWatch コンソールからアラームを作成する場合は、同じリージョンを使用する必要があります。 CloudFront はグローバルサービスであるため、サービスのメトリクスは米国東部 (バージニア北部) に送信されます。