模擬モニタリングの使用 - Amazon CloudWatch

模擬モニタリングの使用

Amazon CloudWatch Synthetics を使用して、スケジュールに沿って実行される設定可能なスクリプトである Canary を作成し、エンドポイントと API をモニタリングできます。Canary は顧客と同じルートをたどり、同じアクションを実行します。これにより、アプリケーションに顧客トラフィックがない場合でも、顧客エクスペリエンスを継続的に検証できます。Canary を使用すると、顧客が問題を検出する前に問題を検出できます。

Canary は、Node.js または Python で記述されたスクリプトです。Node.js または Python をフレームワークとして使用する Lambda 関数をアカウント内に作成します。Canary は、HTTP プロトコルと HTTPS プロトコルの両方で動作します。

Canary は、Puppeteer を介してヘッドレス Google Chrome ブラウザまたは Selenium Webdriver へのプログラムアクセスを提供します。Puppeteer の詳細については、「Puppeteer」を参照してください。Selenium の詳細については、www.selenium.dev/ をご参照ください。

Canary はエンドポイントの可用性とレイテンシーをチェックし、読み込み時間のデータと UI のスクリーンショットを保存できます。REST API、URL、ウェブサイトのコンテンツをモニタリングし、フィッシング、コードインジェクション、およびクロスサイトスクリプティングによる不正な変更をチェックできます。

Canary のビデオデモについては、Amazon CloudWatch Synthetics デモビデオを参照してください。

Canary は 1 回実行するか、定期的なスケジュールで実行できます。Canary は毎分 1 回の頻度で実行することができます。Canary をスケジュールする際は、cron 式とレート式のどちらも使えます。

Canary を作成および実行する前に考慮すべきセキュリティの問題については、「Synthetics Canary のセキュリティ上の考慮事項」を参照してください。

Canary は、デフォルトで CloudWatchSynthetics 名前空間にいくつかの CloudWatch メトリクスを作成します。これらのメトリクスには、ディメンションとして CanaryName があります。関数ライブラリの executeStep() または executeHttpStep() 関数を使用する Canary にも、ディメンションとして StepName があります。Canary 関数ライブラリの詳細については、「Canary スクリプト用のライブラリ関数」を参照してください。

CloudWatch Synthetics は CloudWatch ServiceLens と適切に統合されます。これにより、AWS X-Ray で CloudWatch を使用してサービスのエンドツーエンドのビューを提供し、Pinpoint パフォーマンスのボトルネックをより効率的に特定したり、影響を受けるユーザーをより簡単に特定したりできます。CloudWatch Synthetics を使用して作成した Canary は、ServiceLens サービスマップに表示されます。ServiceLens の詳細については、「ServiceLens を使用したアプリケーションのヘルスのモニタリング」を参照してください。

現在 CloudWatch Synthetics は、すべての商用 AWS リージョンならびに GovCloud リージョンでご利用が可能です。

注記

アジアパシフィック (大阪) では、 AWS PrivateLink はサポートされていません。