CloudWatch サービスのクォータ - Amazon CloudWatch

CloudWatch サービスのクォータ

CloudWatch には、メトリクス、アラーム、API リクエスト、E メール通知に関する次のクォータがあります。

リソース デフォルトのクォータ

アラームアクション

5/アラーム。このクォータは変更できません。

Alarms

10/月/顧客で無料。追加のアラームには料金が発生します。

アカウントあたりのアラームの合計数に制限はありません。

メトリクスの数式に基づくアラームには、最大 10 個のメトリクスを持つことができます。

異常検出モデル

アカウントごと、リージョンごとに 500。

API リクエスト

1,000,000/月/顧客で無料。

Canary

リージョンごと、アカウントごとに 200

クォータは、引き上げをリクエストすることができます。

Contributor Insights API リクエスト

次の API には、リージョンごとに 1 秒あたりのトランザクション (TPS) 数が 20 のクォータがあります。

次の API には、リージョンあたり 5 TPS のクォータがあります。このクォータは変更できません。

次の API には、リージョンあたり 1 TPS のクォータがあります。このクォータは変更できません。

Contributor Insights のルール

アカウントあたりリージョンごとに 100 個のルール

クォータは、引き上げをリクエストすることができます。

カスタムメトリクス

クォータなし。

ダッシュボード

ダッシュボードウィジェットあたり最大 500 メトリクス。すべてのウィジェットでダッシュボードあたり最大 2500 メトリクス。

これらのクォータには、メトリクスがグラフに表示されていない場合でも、メトリクス数学関数で使用するために取得されたすべてのメトリクスが含まれます。

これらのクォータは変更できません。

DescribeAlarms

リージョンあたり毎秒 9 トランザクション (TPS) スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

クォータは、引き上げをリクエストすることができます。

DeleteAlarms リクエスト

DescribeAlarmHistory リクエスト

DisableAlarmActions リクエスト

EnableAlarmActions リクエスト

SetAlarmState リクエスト

これらのオペレーションごとに、リージョンあたり 3 TPS スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

これらのクォータは変更できません。

DescribeAlarmsForMetric リクエスト

リージョンあたり 9 TPS。スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

このクォータは変更できません。

DeleteDashboards リクエスト

GetDashboard リクエスト

ListDashboards リクエスト

PutDashboard リクエスト

これらのオペレーションごとに、リージョンあたり 10 TPS スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

これらのクォータは変更できません。

PutAnomalyDetector

DescribeAnomalyDetectors

リージョンあたり 10 TPS スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

DeleteAnomalyDetector

リージョンあたり 5 TPS スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

ディメンション

10/メトリクス。このクォータは変更できません。

GetMetricData

Metrics Insights クエリを含むオペレーションでは、リージョンあたり 10 TPS です。Metrics Insights クエリを含まないオペレーションの場合、クォータはリージョンあたり 50 TPS です。これは、スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数です。クォータは、引き上げをリクエストすることができます。

Metrics Insights クエリを含む GetMetricDataオペレーションでは、直近の 3 時間のクォータは 4,300,000 データポイント/秒 (DPS) です。これは、クエリによってスキャンされたデータポイントの総数に対して計算されます (10,000 を超えるメトリクスを含めることはできません)。

API リクエストで使用される StartTime が現在の時刻より 3 時間以内である場合は、180,000 Datapoints Per Second (DPS)。StartTime が現在の時刻より 3 時間を超える場合は、396,000 DPS。これは、スロットリングなしで 1 つ以上の API コールを使用して 1 秒あたりにリクエストできるデータポイントの上限です。このクォータは変更できません。

DPS は、実際のデータポイントではなく、推定データポイントに基づいて計算されます。推定データポイントは、リクエストされた時間範囲、期間、および保持期間を使用して計算されます。つまり、リクエストされたメトリクスの実際のデータポイントがスパースまたは空の場合でも、推定データポイントがクォータを超えていれば、スロットリングが発生します。DPS クォータはリージョン単位です。

GetMetricData

1 つの GetMetricData コールには、最大 500 の MetricDataQuery 構造を含めることができます。

このクォータは変更できません。

GetMetricStatistics

リージョンあたり 400 TPS。スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

クォータは、引き上げをリクエストすることができます。

GetMetricWidgetImage

イメージあたり最大 500 メトリクス。このクォータは変更できません。

リージョンあたり 20 TPS。スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。このクォータは変更できません。

ListMetrics

リージョンあたり 25 TPS スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

クォータは、引き上げをリクエストすることができます。

メトリクスデータストレージ

15 か月。このクォータは変更できません。

メトリクスデータ値

メトリクスデータポイントの値は、-2^360~2^360 の範囲内である必要があります。特殊な値 (NaN、+Infinity、-Infinity など) はサポートされていません。このクォータは変更できません。

MetricDatum 項目

20/PutMetricData リクエスト。1 つの MetricDatum オブジェクトに単一値、または多数の値を表す StatisticSet オブジェクトを含めることができます。このクォータは変更できません。

メトリクス

10/月/顧客で無料。

Metrics Insights クエリ

1 つのクエリで処理できるメトリクスは 10,000 個以下です。つまり、SELECT 句、FROM 句、および WHERE 句が 10,000 を超えるメトリクスと一致した場合、見つかったこれらのメトリクスのうち最初の 10,000 のみがクエリによって処理されます。

1 つのクエリで 500 を超える時系列を返すことはできません。

アラームの評価期間

使用された評価期間数をアラーム期間に乗算して算出される最大値は、1 日 (86,400 秒) です。このクォータは変更できません。

PutMetricAlarm リクエスト

リージョンあたり 3 TPS スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数。

クォータは、引き上げをリクエストすることができます。

PutMetricData リクエスト

HTTP POST リクエストでは 40 KB。PutMetricData は、スロットリングなしで 1 秒あたりに実行できるオペレーションリクエストの最大数として、150 件のトランザクション/秒 (TPS) を処理できます。

クォータは、引き上げをリクエストすることができます。

Amazon SNS メール通知

1,000/月/顧客で無料。