ElastiCache へのオンライン移行 - Redis 用 Amazon ElastiCache

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ElastiCache へのオンライン移行

オンライン移行を使用して、Amazon EC2 のセルフホスト Redis から Amazon ElastiCache にデータを移行できます。

Overview

Amazon EC2 で実行されている Redis から Amazon ElastiCache にデータを移行するには、既存または新規作成の Amazon ElastiCache デプロイが必要です。このデプロイの設定は、移行可能な設定になっている必要があります。また、インスタンスのタイプやレプリカの数などの属性を含め、目的の設定になっている必要もあります。

オンライン移行は、ホスト Redis から Amazon EC2 へのデータ移行のために設計されておりRedis 用 ElastiCache、Redis 用 ElastiCacheクラスター間では設計されていません。

重要

オンラインの移行プロセスを開始する前に、以下のセクションをすべて参照することを強くお勧めします。

StartMigration API オペレーションまたは AWS CLI コマンドを呼び出すと、移行が開始されます。移行プロセスでは、Redis 用 ElastiCacheクラスターのプライマリノードが EC2 のソース Redis クラスターのレプリカになります。Redis レプリケーションを使用すると、ソース Redis と ElastiCache との間でデータが同期されます。データが同期されたら、ElastiCache に切り替える準備はほぼできています。この時点で、アプリケーション側で変更を行い、アプリケーションから、移行後の ElastiCache を呼び出せるようにします。

クライアント側の変更の準備ができたら、CompleteMigration API オペレーションを呼び出します。この API オペレーションにより、ElastiCache デプロイが、プライマリノードおよびレプリカノードとともに (該当する場合)、プライマリ Redis デプロイに昇格されます。この時点で、クライアントアプリケーションをリダイレクトし、ElastiCache へのデータの書き込みを開始できます。移行プロセスを通して、EC2 ノードの Redis と ElastiCache プライマリノードに対して redis-cli INFO コマンドを実行することで、レプリケーションのステータスを確認できます。

移行手順

以下のトピックでは、データの移行プロセスの概要を示します。