Oracle OLAP - Amazon Relational Database Service

Oracle OLAP

Amazon RDS は、OLAP オプションを使用することで Oracle OLAP をサポートします。このオプションは、Oracle DB インスタンスのオンライン分析処理 (OLAP) を提供します。Oracle OLAP を使用すると、OLAP スタンダードに従って次元オブジェクトやキューブを作成することにより、大量のデータを分析できます。詳細については、Oracle のドキュメントを参照してください。

重要

Oracle OLAP を使用する際、共通脆弱性評価システム (CVSS) のスコアが 9 以上、またはそのほかのセキュリティ脆弱性の報告によりセキュリティ脆弱性がある場合に、Amazon RDS は自動的に DB インスタンスを最新の Oracle PSU にアップデートします。

Amazon RDS は Oracle の次のエディションとバージョンで Oracle OLAP をサポートします。

  • Oracle Database 21c Enterprise Edition、すべてのバージョン

  • Oracle Database 19c Enterprise Edition、すべてのバージョン

  • Oracle Database 12c Release 2 (12.2.0.1) Enterprise Edition、すべてのバージョン

  • Oracle Database 12c Release 1 (12.1.0.2) Enterprise Edition、バージョン 12.1.0.2.v13 以降

Oracle OLAP の前提条件

Oracle OLAP を使用するための前提条件は次のとおりです。

  • Oracle から Oracle OLAP のライセンスを入手する必要があります。詳細については、Oracle のドキュメントの Licensing Information を参照してください。

  • DB インスタンスは Virtual Private Cloud (VPC) 内にある必要があります。詳細については、「EC2-VPC または EC2-Classic のどちらのプラットフォームを使用しているかを確認する」を参照してください。

  • DB インスタンスは、十分な性能のインスタンスクラスのものである必要があります。Oracle OLAP は、DB インスタンスクラスの db.t3.micro や db.t3.small ではサポートされていません。詳細については、「RDS for Oracle インスタンスクラス」を参照してください。

  • DB インスタンスで [マイナーバージョン自動アップグレード] が有効になっている必要があります。このオプションにより、DB インスタンスは、(それが利用可能になった時点で) DB エンジンのマイナーバージョンアップグレードを自動的に受信できるようになります。これは、Oracle の Java 仮想マシン (JVM) をインストールする、すべてのオプションに必須です。Amazon RDS では、このオプションを使用して、DB インスタンスに対し最新の Oracle パッチセット更新 (PSU)、またはリリース更新 (RU) を行います。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。

  • DB インスタンスに OLAPSYS というユーザーが存在していないことが必要です。存在している場合、OLAP オプションのインストールは失敗します。

Oracle OLAP のベストプラクティス

Oracle OLAP を使用するためのベストプラクティスは次のとおりです。

Oracle OLAP オプションの追加

DB インスタンスに OLAP オプションを追加する一般的な手順は以下のとおりです。

  1. 新しいオプショングループを作成するか、既存のオプショングループをコピーまたは変更します。

  2. オプショングループに [] オプションを追加します。

  3. オプショングループを DB インスタンスに関連付けます。

DB インスタンスに Oracle Java Virtual Machine (JVM) がインストールされていない場合、OLAP オプションが追加されている間は短時間停止します。Oracle Java Virtual Machine (JVM) がすでに DB インスタンスにインストールされている場合、停止は発生しません。オプションを追加した後に DB インスタンスを再起動する必要はありません。オプショングループがアクティブになると、すぐに Oracle OLAP が使用可能となります。

OLAP オプションを DB インスタンスに追加するには

  1. 使用するオプショングループを決定します。新しいオプショングループを作成することも、既存のオプショングループを使用することもできます。既存のオプショングループを使用する場合は、次のステップは飛ばしてください。または、次の設定でカスタム DB オプショングループを作成します。

    • [エンジン] で DB インスタンスの Oracle エディションを選択します。

    • [メジャーエンジンのバージョン] で、DB インスタンスのバージョンを選択します。

    詳細については、「オプショングループを作成する」を参照してください。

  2. オプショングループに [OLAP] オプションを追加します。オプションの追加方法の詳細については、「オプショングループにオプションを追加する」を参照してください。

  3. 新規または既存の DB インスタンスに、DB オプショングループを適用します。

    • 新しい DB インスタンスの場合は、インスタンスを起動するときにオプショングループを適用します。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスの作成」を参照してください。

    • 既存の DB インスタンスの場合は、インスタンスを修正し、新しいオプショングループを添付することで、オプショングループを適用します。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。

Oracle OLAP の使用

Oracle OLAP オプションを有効にしたら、使用をスタートできます。Oracle OLAP でサポートされている機能のリストについては、Oracle のドキュメントを参照してください。

Oracle OLAP オプションの削除

OLAP オプションが提供するデータ型を使用するすべてのオブジェクトを削除したら、そのオプションを DB インスタンスから削除できます。DB インスタンスに Oracle Java Virtual Machine (JVM) がインストールされていない場合、OLAP オプションの削除中にサービスが短時間停止します。Oracle Java Virtual Machine (JVM) がすでに DB インスタンスにインストールされている場合、停止は発生しません。OLAP オプションを削除した後に DB インスタンスを再起動する必要はありません。

OLAP オプションを削除するには

  1. データをバックアップします。

    警告

    オプションの一部として有効化されたデータ型がインスタンスで使用されている場合、OLAP オプションを削除すると、データが失われる可能性があります。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスのバックアップと復元」を参照してください。

  2. 既存のオブジェクトが、OLAP オプションのデータ型や機能を参照しているかどうかを確認します。

  3. OLAP オプションのデータ型や機能を参照するすべてのオブジェクトを削除します。

  4. 次のいずれかを行ってください。

    • OLAP オプションを所属するオプショングループから削除します。この変更はそのオプショングループを使用するすべての DB インスタンスに影響します。詳細については、「オプショングループからオプションを削除する」を参照してください。

    • DB インスタンスを修正して、OLAP オプションが含まれない別オプショングループを指定します。この変更は、単一の DB インスタンスに影響します。デフォルト (空) のオプショングループや別のカスタムオプショングループを指定できます。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。