VPC 外の DB インスタンスを VPC 内に移行する - Amazon Relational Database Service

VPC 外の DB インスタンスを VPC 内に移行する

EC2-Classic プラットフォームの DB インスタンスのいくつかは VPC にありません。DB インスタンスが VPC 内に存在しない場合は、AWS Management Console を使用して、VPC 内に DB インスタンスを簡単に移行できます。VPC 外の DB インスタンスを VPC に移行する前に、VPC を作成する必要があります。

EC2-Classic は 2022 年 8 月 15 日に廃止されました。EC2-Classic から VPC に移行していない場合、できるだけ早く移行することをお勧めします。詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」「EC2-Classic から VPC へ移行」およびブログ記事「EC2-Classic ネットワーキングがリタイア — 準備方法」を参照してください。
重要

Amazon RDS を初めてご利用になる場合、以前に DB インスタンスを作成したことがない場合、または以前には使用したことがない AWS リージョンに DB インスタンスを作成する場合、使用するプラットフォームは EC2-VPC で、デフォルトの VPC があることがほとんどです。VPC での DB インスタンスの使用については、「VPC 内の DB インスタンスの使用」を参照してください。

DB インスタンスの VPC を作成するには、以下のステップを実行します。

VPC を作成した後、以下のステップに従って VPC 内に DB インスタンスを移行します。

移行の直前に DB インスタンスのバックアップを作成することを強くお勧めします。そうすることで、移行が失敗した場合でも、データを復元できます。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスのバックアップと復元」を参照してください。

VPC 内に DB インスタンスを移行する際の制限事項を以下に示します。

  • 前の世代の DB インスタンスクラス - 前の世代の DB インスタンスクラスは、VPC プラットフォームではサポートされない場合があります。DB インスタンスを VPC に移動するときは、db.m3 または db.r3 DB インスタンスクラスを選択します。DB インスタンスを VPC に移動したら、後の DB インスタンスクラスを使用するように DB インスタンスをスケーリングできます。VPC でサポートされるインスタンスクラスの詳細なリストについては、Amazon RDS インスタンスタイプを参照してください。

  • マルチ AZ - VPC 外のマルチ AZ DB インスタンスの VPC への移行は現在サポートされていません。DB インスタンスを VPC に移動するには、まず DB インスタンスを変更して、シングル AZ 配置にします。マルチ AZ 配置 設定を「いいえ」に変更します。DB インスタンスを VPC に移動したら、再度変更してマルチ AZ 配置にします。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスを変更する」を参照してください。

  • リードレプリカ - VPC 外の DB インスタンスとリードレプリカの VPC への移行は現在サポートされていません。DB インスタンスを VPC に移動するには、まずすべてのリードレプリカを削除します。DB インスタンスを VPC に移動したら、リードレプリカを再作成します。詳細については、「リードレプリカの使用」を参照してください。

  • オプショングループ - DB インスタンスを VPC に移動し、DB インスタンスがカスタムオプショングループを使用している場合は、DB インスタンスに関連付けられているオプショングループを変更します。オプショングループはプラットフォーム固有であるため、VPC に移行するとプラットフォームも変更されます。この場合にカスタムオプショングループを使用するには、DB インスタンスにデフォルトの VPC オプショングループを割り当てる、移行する VPC 内の別の DB インスタンスで使用されているオプショングループを割り当てる、または新しいオプショングループを作成して DB インスタンスに割り当てます。詳細については、「オプショングループを使用する」を参照してください。

VPC 外の DB インスタンスを最小限のダウンタイムで VPC 内に移動する代替方法

以下の代替方法を使用して、VPC 内にない DB インスタンスを最小限のダウンタイムで VPC に移動できます。これらの代替方法により、ソース DB インスタンスの中断を最小限に抑え、移行中にユーザートラフィックを処理できるようにします。ただし、VPC への移行に必要な時間は、データベースのサイズとライブワークロードの特性によって異なります。

  • AWS Database Migration Service (AWS DMS) - AWS DMS は、ソース DB インスタンスを完全に稼働させながらデータのライブ移行を可能にしますが、限定された DDL ステートメントのセットのみをレプリケートします。AWS DMS は、インデックス、ユーザー、権限、ストアドプロシージャ、テーブルデータに直接関係しないその他のデータベースの変更などの項目を伝播しません。さらに、AWS DMS は、初期 DB インスタンスの作成に RDS スナップショットを自動的に使用しないため、移行時間が長くなる可能性があります。詳細については、「AWS Database Migration Service」を参照してください。

  • DB スナップショットの復元またはポイントインタイムリカバリ - DB インスタンスのスナップショットを復元するか、DB インスタンスを特定の時点に復元することによって、DB インスタンスを VPC に移動できます。詳細については、「DB スナップショットからの復元」および「特定の時点への DB インスタンスの復元」を参照してください。