Amazon Virtual Private Cloud VPC および Amazon RDS - Amazon Relational Database Service

Amazon Virtual Private Cloud VPC および Amazon RDS

Amazon RDS DB インスタンスをホストする Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) プラットフォームには、EC2-VPC および EC2-Classic の 2 つがあります。Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用すると、Amazon RDS DB インスタンスなどの AWS リソースを 仮想プライベートクラウド (VPC) で起動できます。

Amazon VPC を使用すると、仮想ネットワーク環境を管理できます。独自の IP アドレスの範囲を選択し、サブネットを作成して、ルーティングおよびアクセスコントロールリストを設定できます。Amazon RDS の基本機能は、DB インスタンスを Amazon VPC で実行されているかどうかにかかわらず同じです。Amazon RDS は、バックアップ、ソフトウェアパッチ適用、自動障害検出、復旧を管理します。Amazon VPC で DB インスタンスを実行するのに追加料金はかかりません。

EC2-VPC プラットフォームのみをサポートするアカウントには、デフォルトの VPC があります。新しいすべての DB インスタンスは、特に指定がない限り、デフォルトの VPC 内に作成されます。Amazon RDS を初めてご利用になる場合、以前に DB インスタンスを作成したことがない場合、または以前に使用したことがない AWS リージョンに DB インスタンスを作成する場合、使用するプラットフォームは EC2-VPC で、デフォルトの VPC があることがほとんどです。

EC2-Classic プラットフォームの DB インスタンスのいくつかは VPC にありません。レガシー EC2-Classic プラットフォームにはデフォルト VPC はありませんが、どちらのプラットフォームでも同様に、独自の VPC を作成し、DB インスタンスがその VPC に配置されるように指定できます。

この文書では、 Amazon RDS DB インスタンスに関連する VPC 機能についてのみ説明します。Amazon VPC の詳細については、Amazon VPC 入門ガイドおよびAmazon VPC ユーザーガイドを参照してください。ネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイの使用については、Amazon Virtual Private Cloud ユーザーガイドの「NAT ゲートウェイ」を参照してください。