Amazon RDS の Amazon CloudWatch メトリクス - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS の Amazon CloudWatch メトリクス

Amazon RDS は、AWS/RDS および AWS/Usage 名前空間で、Amazon CloudWatch にメトリクスを発行します。

Amazon RDS の Amazon CloudWatch インスタンスレベルのメトリクス

Amazon CloudWatch の AWS/RDS 名前空間には、次のインスタンスレベルのメトリクスが含まれます。

注記

Amazon RDS コンソールには、Amazon CloudWatch に送信された単位とは異なる単位でメトリクスが表示される場合があります。例えば、Amazon RDS コンソールにはメトリクスがメガバイト (MB) で表示されますが、Amazon CloudWatch にはメトリクスはバイト単位で送信されます。

メトリクス 説明 Applies to 単位

BinLogDiskUsage

バイナリログが占めるディスク容量。リードレプリカを含む MySQL および MariaDB インスタンスで自動バックアップが有効になっている場合、バイナリログが作成されます。

MariaDB

MySQL

バイト

BurstBalance

汎用 SSD (gp2) のバーストバケット I/O クレジットの利用可能パーセント。

すべて

割合 (%)

CheckpointLag

直近のチェックポイントからの時間。

[秒]

ConnectionAttempts

成功したかどうかを問わず、インスタンスへの接続を試行した回数。

MySQL

カウント

CPUUtilization

CPU 使用率。

すべて

割合 (%)

CPUCreditUsage

CPU 使用率に関してインスタンスで消費される CPU クレジットの数。1 CPUクレジットは、1 分間 100% の使用率で実行される 1 つの vCPU、または vCPU、使用率、時間の同等の組み合わせに相当します。例えば、2 分間 50% の使用率で実行されている 1 つの vCPU、または 2 分間 25% の使用率で実行されている 2 つの vCPU があるとします。

このメトリクスは、db.t2db.t3、および db.t4g インスタンスにのみ適用されます。
注記

T DB インスタンスクラスは、開発サーバーおよびテストサーバー、またはその他の本稼働以外のサーバーにのみ使用することをお勧めします。T インスタンスクラスの詳細については、「DB インスタンスクラスタイプ」を参照してください。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。5 分を超える期間を指定する場合は、Average 統計の代わりに Sum 統計を使用します。

クレジット (vCPU 分)

CPUCreditBalance

インスタンスが起動または開始後に蓄積した獲得 CPU クレジットの数。T2 スタンダードの場合、CPUCreditBalance には蓄積された起動クレジットの数も含まれます。

クレジットは、獲得後にクレジット残高に蓄積され、消費されるとクレジット残高から削除されます。クレジット残高には、インスタンスサイズによって決まる上限があります。制限に到達すると、獲得された新しいクレジットはすべて破棄されます。T2 スタンダードの場合、起動クレジットは制限に対してカウントされません。

CPUCreditBalance のクレジットは、インスタンスがそのベースライン CPU 使用率を超えてバーストするために消費できます。

インスタンスが実行中の場合、CPUCreditBalance のクレジットは期限切れになりません。インスタンスが停止すると、CPUCreditBalance は保持されず、蓄積されたすべてのクレジットが失われます。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。

このメトリクスは、db.t2db.t3、および db.t4g インスタンスにのみ適用されます。
注記

T DB インスタンスクラスは、開発サーバーおよびテストサーバー、またはその他の本稼働以外のサーバーにのみ使用することをお勧めします。T インスタンスクラスの詳細については、「DB インスタンスクラスタイプ」を参照してください。

起動クレジットは Amazon RDS でも Amazon EC2 と同じように機能します。詳細については、「Linux インスタンス向け Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「起動クレジット」を参照してください。

クレジット (vCPU 分)

CPUSurplusCreditBalance

CPUCreditBalance 値がゼロの場合に unlimited インスタンスによって消費された余剰クレジットの数。

CPUSurplusCreditBalance 値は獲得した CPU クレジットによって支払われます。余剰クレジットの数が、24 時間にインスタンスが獲得できるクレジットの最大数を超えている場合、最大数を超えて消費された余剰クレジットに対しては料金が発生します。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。

すべて

クレジット (vCPU 分)

CPUSurplusCreditsCharged

獲得 CPU クレジットにより支払われないために追加料金が発生した、消費された余剰クレジットの数。

消費された余剰クレジットは、以下のいずれかの状況に当てはまると料金が発生します。

  • 消費された余剰クレジットが、インスタンスが 24 時間に獲得できる最大クレジット数を超えている。最大数を越えて消費された余剰クレジットは、時間の最後に課金されます。

  • インスタンスが停止または終了した。

  • インスタンスは unlimited から standard に切り替わります。

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔でのみ利用可能です。

すべて

クレジット (vCPU 分)

DatabaseConnections

データベースインスタンスへのクライアントネットワーク接続の数。

データベースセッションの数は、メトリクスが示す値よりも多くなることがあります。これは、メトリクス値には以下が含まれないためです。

  • ネットワークへの接続がなくなっているものの、データベースによるクリーンアップ行われていないセッション

  • データベースエンジンが、固有の目的のために作成したセッション

  • データベースエンジンの並列実行機能によって作成されたセッション

  • データベースエンジンのジョブスケジューラによって作成されたセッション

  • Amazon RDS の接続

すべて

カウント

DiskQueueDepth

未処理のディスク I/O アクセス (読み取り/書き込みリクエスト) の数。

すべて

カウント

DiskQueueDepthLogVolume

未処理のログボリュームディスク I/O アクセス (読み取り/書き込みリクエスト) の数。

すべて

カウント

EBSByteBalance%

RDS データベースのバーストバケットに残っているスループットクレジットの割合。このメトリクスは基本モニタリング専用です。

メトリクス値は、データベースファイルを含むボリュームのみではなく、ルートボリュームを含むすべてのボリュームのスループットに基づいています。

このメトリクスをサポートするインスタンスサイズを確認するには、「Amazon EC2 ユーザーガイド」 の「デフォルトで最適化された EBS」の表で、アスタリスク (*) の付いたインスタンスサイズを参照してください。Sum 統計は、このメトリクスに該当しません。

すべて

割合 (%)

EBSIOBalance%

RDS データベースのバーストバケットに残っている I/O クレジットの割合。このメトリクスは基本モニタリング専用です。

メトリック値は、データベースファイルを含むボリュームのみではなく、ルートボリュームを含むすべてのボリュームの IOPS に基づいています。

このメトリクスをサポートするインスタンスサイズを確認するには、「Amazon EC2 ユーザーガイド」 の「デフォルトで最適化された EBS」の表で、アスタリスク (*) の付いたインスタンスサイズを参照してください。Sum 統計は、このメトリクスに該当しません。

このメトリクスは BurstBalance とは異なります。このメトリクスの使用方法については、Amazon EBS で最適化されたインスタンスバースト機能によるアプリケーションのパフォーマンスの向上とコスト削減を参照してください。

すべて

割合 (%)

FailedSQLServerAgentJobsCount

直近 1 分間に失敗した Microsoft SQL Server エージェントジョブの数。

Microsoft SQL Server

1 分あたりのカウント

FreeableMemory

使用可能な RAM の容量。

MariaDB、MySQL、Oracle、および PostgreSQL DB インスタンスの場合、このメトリクスは MemAvailable/proc/meminfo フィールドの値を報告します。

すべて

バイト

FreeLocalStorage

使用できるローカルストレージスペースの量。

このメトリクスは、NVMe SSD インスタンスストアボリュームを持つ DB インスタンスクラスにのみ適用されます。NVMe SSD インスタンスストアボリュームを使用する Amazon EC2 インスタンスについては、インスタンスストアボリュームを参照してください。同等の RDS DB インスタンスクラスには同じインスタンスストアボリュームがあります。例えば、db.m6gd および db.r6gd DB インスタンスクラスには NVMe SSD インスタンスストアボリュームがあります。

バイト

FreeStorageSpace

使用可能なストレージ領域の容量。

すべて

バイト

FreeStorageSpaceLogVolume

ログボリュームで使用可能なストレージスペースの容量。

すべて

バイト

MaximumUsedTransactionIDs

最大使用済みトランザクション ID 数。

PostgreSQL

カウント

NetworkReceiveThroughput

モニタリングとレプリケーションに使用する顧客データベーストラフィックと Amazon RDS トラフィックの両方を含む、DB インスタンスの受信ネットワークトラフィック。

すべて

1 秒あたりのバイト数

NetworkTransmitThroughput

モニタリングとレプリケーションに使用する顧客データベーストラフィックと Amazon RDS トラフィックの両方を含む、DB インスタンスの送信ネットワークトラフィック。

すべて

1 秒あたりのバイト数

OldestReplicationSlotLag

受信した先行書き込み (WAL) データに関して最も遅延の長いレプリカの遅延サイズ。

PostgreSQL

バイト

ReadIOPS

1 秒あたりのディスク読み取り I/O オペレーションの平均回数。

すべて

1 秒あたりのカウント数

ReadIOPSLocalStorage

1秒あたりのローカルストレージへのディスク読み取りI / O操作の平均数。

このメトリクスは、NVMe SSD インスタンスストアボリュームを持つ DB インスタンスクラスにのみ適用されます。NVMe SSD インスタンスストアボリュームを使用する Amazon EC2 インスタンスについては、インスタンスストアボリュームを参照してください。同等の RDS DB インスタンスクラスには同じインスタンスストアボリュームがあります。例えば、db.m6gd および db.r6gd DB インスタンスクラスには NVMe SSD インスタンスストアボリュームがあります。

1 秒あたりのカウント数

ReadIOPSLogVolume

ログボリュームに対して 1 秒あたりのディスク読み取り I/O オペレーションの平均回数。

すべて

1 秒あたりのカウント数

ReadLatency

1 回のディスク I/O 操作にかかる平均時間。

すべて

[秒]

ReadLatencyLocalStorage

ローカルストレージのディスクI / O操作ごとにかかる平均時間。

このメトリクスは、NVMe SSD インスタンスストアボリュームを持つ DB インスタンスクラスにのみ適用されます。NVMe SSD インスタンスストアボリュームを使用する Amazon EC2 インスタンスについては、インスタンスストアボリュームを参照してください。同等の RDS DB インスタンスクラスには同じインスタンスストアボリュームがあります。例えば、db.m6gd および db.r6gd DB インスタンスクラスには NVMe SSD インスタンスストアボリュームがあります。

[秒]

ReadLatencyLogVolume

ログボリュームに対して 1 回のディスク I/O オペレーションにかかる平均時間。

すべて

[秒]

ReadThroughput

1 秒あたりのディスクからの平均読み取りバイト数。

すべて

1 秒あたりのバイト数

ReadThroughputLocalStorage

ローカルストレージ用にディスクから読み取られた1秒あたりの平均バイト数。

このメトリクスは、NVMe SSD インスタンスストアボリュームを持つ DB インスタンスクラスにのみ適用されます。NVMe SSD インスタンスストアボリュームを使用する Amazon EC2 インスタンスについては、インスタンスストアボリュームを参照してください。同等の RDS DB インスタンスクラスには同じインスタンスストアボリュームがあります。例えば、db.m6gd および db.r6gd DB インスタンスクラスには NVMe SSD インスタンスストアボリュームがあります。

1 秒あたりのバイト数

ReadThroughputLogVolume

ログボリュームに対して 1 秒あたりのディスクからの平均読み取りバイト数。

すべて

1 秒あたりのバイト数

ReplicaLag

リードレプリカの設定では、ソース DB インスタンスからリードレプリカ DB インスタンスまでの遅れ時間。MariaDB、Microsoft SQL Server、MySQL、Oracle、および PostgreSQL のリードレプリカに適用されます。

マルチ AZ の DB クラスターでは、ライター DB インスタンスの最新のトランザクションと、リーダー DB インスタンスで最後に適用されたトランザクションとの時間の差。

[秒]

ReplicationChannelLag

マルチソースレプリカ設定の場合、マルチソースレプリカの特定のチャネルがソース DB インスタンスから遅れる時間。詳細については、「マルチソースレプリケーションチャネルのモニタリング」を参照してください。

MySQL

[秒]

ReplicationSlotDiskUsage

レプリケーションスロットファイルで使用されているディスク容量。

PostgreSQL

バイト

SwapUsage

DB インスタンスで使用するスワップ領域の量。

MariaDB

MySQL

Oracle

PostgreSQL

バイト

TransactionLogsDiskUsage

トランザクションログで使用されているディスク容量。

PostgreSQL

バイト

TransactionLogsGeneration

1 秒あたりに生成されるトランザクションログのサイズ。

PostgreSQL

1 秒あたりのバイト数

WriteIOPS

1 秒あたりのディスク書き込み I/O オペレーションの平均回数。

すべて

1 秒あたりのカウント数

WriteIOPSLocalStorage

ローカルストレージでの 1 秒あたりのディスク書き込み I/O 操作の平均回数。

このメトリクスは、NVMe SSD インスタンスストアボリュームを持つ DB インスタンスクラスにのみ適用されます。NVMe SSD インスタンスストアボリュームを使用する Amazon EC2 インスタンスについては、インスタンスストアボリュームを参照してください。同等の RDS DB インスタンスクラスには同じインスタンスストアボリュームがあります。例えば、db.m6gd および db.r6gd DB インスタンスクラスには NVMe SSD インスタンスストアボリュームがあります。

1 秒あたりのカウント数

WriteIOPSLogVolume

ログボリュームに対する 1 秒あたりのディスク書き込み I/O オペレーションの平均回数。

すべて

1 秒あたりのカウント数

WriteLatency

1 回のディスク I/O 操作にかかる平均時間。

すべて

[秒]

WriteLatencyLocalStorage

ローカルストレージのディスク I/O 操作ごとにかかる平均時間。

このメトリクスは、NVMe SSD インスタンスストアボリュームを持つ DB インスタンスクラスにのみ適用されます。NVMe SSD インスタンスストアボリュームを使用する Amazon EC2 インスタンスについては、インスタンスストアボリュームを参照してください。同等の RDS DB インスタンスクラスには同じインスタンスストアボリュームがあります。例えば、db.m6gd および db.r6gd DB インスタンスクラスには NVMe SSD インスタンスストアボリュームがあります。

[秒]

WriteLatencyLogVolume

ログボリュームに対して 1 回のディスク I/O オペレーションにかかる平均時間。

すべて

[秒]

WriteThroughput

1 秒あたりのディスクへの平均書き込みバイト数。

すべて

1 秒あたりのバイト数

WriteThroughputLogVolume

ログボリュームに対して 1 秒あたりのディスクへの平均書き込みバイト数。

すべて

1 秒あたりのバイト数

WriteThroughputLocalStorage

ローカルストレージのためにディスクに書き込まれる1秒あたりの平均バイト数。

このメトリクスは、NVMe SSD インスタンスストアボリュームを持つ DB インスタンスクラスにのみ適用されます。NVMe SSD インスタンスストアボリュームを使用する Amazon EC2 インスタンスについては、インスタンスストアボリュームを参照してください。同等の RDS DB インスタンスクラスには同じインスタンスストアボリュームがあります。例えば、db.m6gd および db.r6gd DB インスタンスクラスには NVMe SSD インスタンスストアボリュームがあります。

1 秒あたりのバイト数

Amazon RDS の Amazon CloudWatch 使用状況メトリクス

Amazon CloudWatch の AWS/Usage 名前空間には、Amazon RDS サービスクォータのアカウントレベルの使用状況メトリクスが含まれています。CloudWatch では、すべての AWS リージョン の使用状況メトリクスを自動的に収集します。

詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「Amazon CloudWatch 使用状況メトリクスの使用」を参照してください。クォータの詳細については、Service Quotas ユーザーガイドAmazon RDS のクォータと制約 および クォータの引き上げのリクエストを参照してください。

メトリクス 説明 単位*
AllocatedStorage

すべての DB インスタンスの合計ストレージ この合計では、一時的な移行インスタンスは除外されます。

Gigabytes

DBClusterParameterGroups

AWS アカウント の DB クラスターパラメータグループの数。カウントでは、デフォルトのパラメータグループは除外されます。

カウント

DBClusters

AWS アカウント の Amazon Aurora DB クラスターの数。

カウント

DBInstances

AWS アカウント の DB インスタンスの数。

カウント

DBParameterGroups

AWS アカウント の DB パラメータグループの数。カウントでは、デフォルトの DB パラメータグループは除外されます。

カウント

DBSecurityGroups

AWS アカウント 内のセキュリティグループの数。カウントでは、デフォルトのセキュリティグループおよびデフォルトの VPC セキュリティグループは除外されます。

カウント

DBSubnetGroups

AWS アカウント の DB サブネットグループの数。カウントでは、デフォルトのサブネットグループは除外されます。

カウント

ManualClusterSnapshots

AWS アカウント にある、手動で作成された DB クラスタースナップショットの数。このカウントでは、無効なスナップショットは除外されます。

カウント

ManualSnapshots

AWS アカウント にある、手動で作成された DB スナップショットの数。このカウントでは、無効なスナップショットは除外されます。

カウント

OptionGroups

AWS アカウント 内のオプショングループの数。カウントでは、デフォルトのオプショングループは除外されます。

カウント

ReservedDBInstances

AWS アカウント の予約済み DB インスタンスの数。カウントでは、使用停止または拒否されたインスタンスは除外されます。

カウント

注記

Amazon RDS は、使用状況メトリクスのユニットを CloudWatch に発行しません。ユニットはドキュメントにのみ表示されます。