プレフィックス、オブジェクトタグ、またはアクセスポイントでのメトリクス設定の作成 - Amazon Simple Storage Service

プレフィックス、オブジェクトタグ、またはアクセスポイントでのメトリクス設定の作成

Amazon S3 の Amazon CloudWatch メトリクスには、ストレージメトリクス、リクエストメトリクス、レプリケーションメトリクスの 3 種類があります。ストレージメトリクスは、1 日に 1 回レポートされ、すべてのお客様に追加料金なしで提供されます。リクエストメトリクスは、処理のレイテンシーの後に 1 分間隔で使用できます。リクエストメトリクスには、CloudWatch の標準料金が課金されます。コンソールで設定するか、Amazon S3 API を使用して、リクエストメトリクスを取得する必要があります。

Amazon S3 の CloudWatch メトリクスの詳細については、「Amazon CloudWatch によるメトリクスのモニタリング」をご参照ください。

CloudWatch メトリクスを設定する場合、バケット内のすべてのオブジェクトに対してフィルタを作成することも、1 つのバケット内の関連オブジェクトのグループに設定をフィルタリングすることもできます。以下のフィルタータイプの 1 つ以上に基づいて、メトリクス設定に含めるバケット内のオブジェクトをフィルタリングできます。

  • オブジェクトキー名のプレフィックス – Amazon S3 データモデルはフラット構造ですが、プレフィックスを使用して階層を推測できます。Amazon S3 コンソールはフォルダの概念でこれらのプレフィックスをサポートします。プレフィックスでフィルタリングした場合、同じプレフィックスを持つオブジェクトがメトリクス設定に含まれます。 プレフィックスの詳細については、プレフィックスを使用してオブジェクトを整理する を参照してください。

  • タグ – オブジェクトにタグ (キー値と名前のペア) を追加できます。タグを使用すると、オブジェクトを簡単に検索および整理できます。メトリクス設定のフィルターとしてタグを使用することもできます。オブジェクトロックの詳細については、タグを使用してストレージを分類するをご参照ください。

  • アクセスポイント – S3 アクセスポイントは、バケットに接続され、S3 の共有データセットの大規模なデータアクセスの管理を簡素化する名前付きネットワークエンドポイントです。アクセスポイントフィルターを作成すると、Amazon S3 には、メトリクス設定で指定したアクセスポイントへのリクエストが含まれます。詳細については、アクセスポイントのモニタリングとログ記録 を参照してください。

    注記

    アクセスポイントでフィルタリングするメトリクス設定を作成する場合は、アクセスポイントのエイリアスではなく、アクセスポイントの Amazon リソースネーム (ARN) を使用する必要があります。ARN は、特定のオブジェクトの ARN ではなく、アクセスポイント自体に使用してください。アクセスポイントの ARN の詳細については、アクセスポイントの使用 を参照してください。

フィルタを指定した場合、単一のオブジェクトで機能するリクエストのみがフィルタと一致し、報告されたメトリクスに含められます。複数のオブジェクトの削除などのリクエストや List リクエストは、フィルターによる設定のメトリクスを一切返しません。

より複雑なフィルタリングをリクエストするには、複数のエレメントを選択します。これらのすべてのエレメントを持つオブジェクトのみがメトリクス設定に含められます。フィルタを設定しない場合、バケット内のすべてのオブジェクトがメトリクス設定に含められます。

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [Buckets] (バケット) リストで、リクエストメトリクスを取得するオブジェクトが含まれているバケットの名前を選択します。

  3. [Metrics] (メトリクス) タブをクリックします。

  4. [Bucket metrics] ( バケットメトリクス) で、[View additional charts] (その他のグラフを表示) をクリックします。

  5. [Request metrics] (リクエストメトリクス) タブをクリックします。

  6. [Create filter] (フィルターの作成) をクリックします。

  7. [Filter name] (フィルター名) ボックスに、フィルター名を入力します。

    名前には、文字、数字、ピリオド、ダッシュ、アンダースコアのみを使用できます。

  8. [フィルタの範囲] で、プレフィックス、オブジェクトタグ、S3 アクセスポイント、または 3 つすべての組み合わせを使用して、このフィルタの範囲を制限します。

  9. [フィルタのタイプで、フィルタタイプをプレフィックスオブジェクトタグ、またはアクセスポイントから少なくとも 1 つ選択します。

  10. [プレフィックス] ボックスにプレフィックスを入力して、プレフィックスフィルタを定義し、フィルタの範囲を単一のパスに制限します。

  11. オブジェクトタグフィルターを定義するには、[オブジェクトタグ] で、[タグの追加] を選択し、タグのキーおよびを入力します。

  12. アクセスポイントフィルターを定義するには、[S3 アクセスポイント] フィールドに、アクセスポイント ARN を入力するか、[S3 を参照] を選択して、アクセスポイントに移動します。

    重要

    アクセスポイントのエイリアスは入力できません。特定のオブジェクトの ARN ではなく、アクセスポイント自体の ARN を入力する必要があります。

  13. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。

    Amazon S3 は、指定したプレフィックス、タグ、またはアクセスポイントを使用するフィルターを作成します。

  14. [要求メトリクス] タブの [フィルター] で、作成したフィルターを選択します。

    これで、リクエストメトリクスの範囲をプレフィックス、タグ、またはアクセスポイントで制限するフィルターが作成されました。CloudWatch がこれらのリクエストメトリクスの追跡を開始してから約 15 分後に、Amazon S3 コンソールと CloudWatch コンソールの両方でメトリクスのグラフを表示できるようになります。リクエストメトリクスには、CloudWatch の標準料金が課金されます。詳細については、Amazon CloudWatch の料金を参照してください。

    バケットレベルでリクエストメトリクスを設定することもできます。詳細については、バケット内のすべてのオブジェクトに対する CloudWatch メトリクス設定を作成する を参照してください。

Amazon S3 REST API でメトリクス設定をプログラムで追加することもできます。メトリクス設定の追加と使用の詳細については、Amazon Simple Storage Service API リファレンスで以下のトピックを参照してください。

  1. AWS CLI をインストールしてセットアップします。手順については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドAWS CLI のインストール、更新、およびアンインストールを参照してください。

  2. ターミナルを開きます。

  3. 以下のコマンドを実行してメトリクス設定を追加します。

    例 : プレフィックスでフィルタリングするには

    aws s3api put-bucket-metrics-configuration --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET1 --id metrics-config-id --metrics-configuration '{"Id":"metrics-config-id," "Filter":{"Prefix":"prefix1"}}" '

    例 : タグでフィルタリングするには

    aws s3api put-bucket-metrics-configuration --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET1 --id metrics-config-id --metrics-configuration '{"Id":"metrics-config-id", "Filter":{"Tag": {"Key": "string", "Value": "string"}}" '

    例 : アクセスポイントでフィルタリングするには

    aws s3api put-bucket-metrics-configuration --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET1 --id metrics-config-id --metrics-configuration '{"Id":"metrics-config-id", "Filter":{"AccessPointArn":"arn:aws:s3:Region:account-id:accesspoint/access-point-name"}}" '

    例 : プレフィックス、タグ、アクセスポイントでフィルタリングするには

    aws s3api put-bucket-metrics-configuration --endpoint https://s3.Region.amazonaws.com --bucket DOC-EXAMPLE-BUCKET1 --id metrics-config-id --metrics-configuration ' { "Id": "metrics-config-id", "Filter": { "And": { "Prefix": "string", "Tags": [ { "Key": "string", "Value": "string" } ], "AccessPointArn": "arn:aws:s3:Region:account-id:accesspoint/access-point-name" } } }'