Amazon CloudWatch によるメトリクスのモニタリング - Amazon Simple Storage Service

Amazon CloudWatch によるメトリクスのモニタリング

Amazon S3 の Amazon CloudWatch メトリクスは、Amazon S3 を使用するアプリケーションのパフォーマンスを理解して向上させるのに役立つことがあります。Amazon S3 で CloudWatch を使用する方法は複数あります。

  • バケットの日次ストレージメトリクス - バケットストレージは、CloudWatch を使用してモニタリングできます。これは、Amazon S3 からのストレージデータを収集し、読み取り可能な日次のメトリクスに加工する働きをします。これらの Amazon S3のストレージメトリクスは 1 日に 1 回報告され、すべてのお客様に追加料金なしで提供されます。

  • リクエストメトリクス - Amazon S3 リクエストをモニタリングし、オペレーションの問題をすばやく特定して対応します。これらのメトリクスは、処理のレイテンシーの後に 1 分間隔で使用できます。これらの CloudWatch メトリクスは、Amazon CloudWatch カスタムメトリクスと同じレートで請求されます。CloudWatch の料金の詳細については、Amazon CloudWatch の料金をご覧ください。これらのメトリクスの取得をオプトインする方法の詳細については、「CloudWatch メトリクスの設定」を参照してください。

    有効にすると、すべてのオブジェクトオペレーションのリクエストメトリクスが報告されます。デフォルトでは、Amazon S3 バケットレベルでこれらの 1 分のメトリクスが利用可能です。共有プレフィックスまたはオブジェクトタグを使用して収集したメトリクスにフィルタを定義することもできます。共有プレフィックスまたはオブジェクトタグを使用すると、メトリクスフィルターを特定のビジネスアプリケーション、ワークフロー、または内部組織に合わせることができます。

  • レプリケーションメトリクス - レプリケーションを保留している S3 API オペレーションの合計数、レプリケーションを保留しているオブジェクトの合計サイズ、およびレプリケート先リージョンへの最大レプリケーション時間をモニタリングします。S3 Replication Time Control (S3 RTC) または S3 レプリケーションメトリクスが有効になっているレプリケーションルールがレプリケーションメトリクスを発行します。

    詳細については、「レプリケーションメトリクスと Amazon S3 イベント通知による、進捗状況のモニタリング」または「S3 Replication Time Control (S3 RTC) を使用してコンプライアンス要件を満たす」を参照してください。

すべての CloudWatch 統計は 15 か月間保持されるため、履歴情報にアクセスしてウェブアプリケーションまたはサービスの動作をより的確に把握することができます。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「Amazon CloudWatch とは」を参照してください。

詳細については、以下のトピックを参照してください。