メニュー
AWS Identity and Access Management
ユーザーガイド

Amazon ElastiCache のアクション、リソース、および条件キー

Amazon ElastiCache (サービスプレフィックス: elasticache) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

Amazon ElastiCache で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用することにより、AWS でオペレーションを実行するすべてのユーザーのアクセス許可を定義します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

IAM で ElastiCache ポリシーを作成する場合、リソースブロックでワイルドカード「*」を使用する必要があります。IAM ポリシーで以下の ElastiCache の API アクションを使用する方法については、『Amazon ElastiCache ユーザーガイド』の「ElastiCache のアクションと IAM」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
AddTagsToResource AddTagsToResource アクションは、名前付きリソースに最大 10 個のコスト割り当てタグを追加します。 タグ付け
AuthorizeCacheSecurityGroupIngress AuthorizeCacheSecurityGroupIngress アクションは、キャッシュセキュリティグループへのネットワーク進入を許可します。 書き込み
CopySnapshot CopySnapshot アクションは、既存のスナップショットのコピーを作成します。 書き込み
CreateCacheCluster CreateCacheCluster アクションはキャッシュクラスターを作成します。 書き込み
CreateCacheParameterGroup CreateCacheParameterGroup アクションは、新しいキャッシュパラメータグループを作成します。 書き込み
CreateCacheSecurityGroup CreateCacheSecurityGroup アクションは、新しいキャッシュセキュリティグループを作成します。 書き込み
CreateCacheSubnetGroup CreateCacheSubnetGroup アクションは、新しいキャッシュサブネットグループを作成します。 書き込み
CreateReplicationGroup CreateReplicationGroup アクションは、レプリケーショングループを作成します。 書き込み
CreateSnapshot CreateSnapshot アクションは、特定の時点でキャッシュクラスター全体のコピーを作成します。 書き込み
DeleteCacheCluster DeleteCacheCluster アクションは、以前にプロビジョニングされたキャッシュクラスターを削除します。 書き込み
DeleteCacheParameterGroup DeleteCacheParameterGroup アクションは、指定したキャッシュパラメータグループを削除します。 書き込み
DeleteCacheSecurityGroup DeleteCacheSecurityGroup アクションは、キャッシュセキュリティグループを削除します。 書き込み
DeleteCacheSubnetGroup DeleteCacheSubnetGroup アクションは、キャッシュサブネットグループを削除します。 書き込み
DeleteReplicationGroup DeleteReplicationGroup アクションは、既存のレプリケーショングループを削除します。 書き込み
DeleteSnapshot DeleteSnapshot アクションは、既存のスナップショットを削除します。 書き込み
DescribeCacheClusters DescribeCacheClusters アクションは、キャッシュクラスター識別子が指定されていない場合はすべてのプロビジョニングされたキャッシュクラスターに関する情報を返し、キャッシュクラスター識別子が指定されている場合は特定のキャッシュクラスターについての情報を返します。 リスト
DescribeCacheEngineVersions DescribeCacheEngineVersions アクションは、使用可能なキャッシュエンジンとそのバージョンのリストを返します。 リスト
DescribeCacheParameterGroups DescribeCacheParameterGroups アクションは、キャッシュパラメータグループの説明のリストを返します。 リスト
DescribeCacheParameters DescribeCacheParameters アクションは、特定のキャッシュパラメータグループの詳細なパラメータリストを返します。 リスト
DescribeCacheSecurityGroups DescribeCacheSecurityGroups アクションは、キャッシュセキュリティグループの説明のリストを返します。 リスト
DescribeCacheSubnetGroups DescribeCacheSubnetGroups アクションは、キャッシュサブネットグループの説明のリストを返します。 リスト
DescribeEngineDefaultParameters DescribeEngineDefaultParameters アクションは、指定したキャッシュエンジンのデフォルトエンジンおよびシステムパラメータ情報を返します。 リスト
DescribeEvents DescribeEvents アクションは、キャッシュクラスター、キャッシュセキュリティグループ、およびキャッシュパラメータグループに関連するイベントを返します。 リスト
DescribeReplicationGroups DescribeReplicationGroups アクションは、特定のレプリケーショングループに関する情報を返します。 リスト
DescribeReservedCacheNodes DescribeReservedCacheNodes アクションは、このアカウントの予約済みキャッシュノード、または指定した予約済みキャッシュノードに関する情報を返します。 リスト
DescribeReservedCacheNodesOfferings DescribeReservedCacheNodesOfferings アクションは、使用可能な予約済みキャッシュノードのサービスを一覧表示します。 リスト
DescribeSnapshots DescribeSnapshots アクションは、キャッシュクラスタースナップショットに関する情報を返します。 リスト
ListAllowedNodeTypeModifications 許可されたノードタイプの変更を一覧表示します。 リスト
ListTagsForResource ListTagsForResource アクションは、現在、名前の付いたリソースにあるすべてのコスト割り当てタグを一覧表示します。 Read
ModifyCacheCluster ModifyCacheCluster アクションは、キャッシュクラスターの設定を変更します。 書き込み
ModifyCacheParameterGroup ModifyCacheParameterGroup アクションは、キャッシュパラメータグループのパラメータを変更します。 書き込み
ModifyCacheSubnetGroup ModifyCacheSubnetGroup アクションは、キャッシュサブネットグループを変更します。 書き込み
ModifyReplicationGroup ModifyReplicationGroup アクションは、レプリケーショングループの設定を変更します。 書き込み
PurchaseReservedCacheNodesOffering PurchaseReservedCacheNodesOffering アクションを使用すると、リザーブドキャッシュノードサービスを購入できます。 書き込み
RebootCacheCluster RebootCacheCluster アクションは、プロビジョニングされたキャッシュクラスター内のキャッシュノードの一部またはすべてを再起動します。 書き込み
RemoveTagsFromResource RemoveTagsFromResource アクションは、指定したリソースから TagKeys リストによって識別されるタグを削除します。 タグ付け
ResetCacheParameterGroup ResetCacheParameterGroup アクションは、キャッシュパラメータグループのパラメータをエンジンまたはシステムのデフォルト値に変更します。 書き込み
RevokeCacheSecurityGroupIngress RevokeCacheSecurityGroupIngress アクションは、キャッシュセキュリティグループからの進入を取り消します。 書き込み

ElastiCache で定義されるリソース

ElastiCache には、IAM ポリシーステートメントの Resource 要素として使用できるサービス定義のリソースはありません。

Amazon ElastiCache の条件キー

ElastiCache には、ポリシーステートメントの Condition 要素で使用できるサービス固有のコンテキストキーはありません。すべてのサービスで使用できるグローバルな条件コンテキストキーのリストについては、『IAM ポリシーのリファレンス』の「条件に利用可能なキー」を参照してください。

IAM ポリシーの条件で ElastiCache へのアクセスを制御する方法については、『Amazon ElastiCache ユーザーガイド』の「ElastiCache キー」を参照してください。