Amazon S3 Glacier の使用開始 - Amazon S3 Glacier

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon S3 Glacier の使用開始

Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) では、アーカイブを格納するコンテナをボールトと言います。アーカイブとは、ボールトに格納する写真、動画、ドキュメントなどのオブジェクトを指します。アーカイブは、S3 Glacier のストレージの基本単位です。この入門演習では、Amazon S3 Glacier データモデル セクションで説明するボールトおよびアーカイブリソースに関する S3 Glacier の基本的なオペレーションを、手順に従って学習していきます。

この入門演習では、ボールトを作成し、アーカイブをアップロードおよびダウンロードした後、最後にアーカイブおよびボールトを削除します。ここに挙げたオペレーションはすべて、プログラムで実行できます。ただし、今回の入門演習では、ボールトの作成と削除には S3 Glacier マネジメントコンソールを使用します。アーカイブのアップロードおよびダウンロードについては、このセクションでは AWS Software Development Kit(SDK)for Java および AWS SDK for .NET の高レベル API を使用します。高レベル API は、S3 Glacier でプログラミングを簡単に行えるようにするものです。この API の詳細については、「Amazon S3 Glacier での AWS SDK の使用」を参照してください。

重要

S3 Glacier は管理コンソールも備えています。この入門演習に示すとおり、ボールトの作成および削除にはコンソールを使用できます。ただし、それ以外の S3 Glacier の操作には、AWS Command Line Interface (CLI) の使用またはコードの記述が必要になります。たとえば、写真、ビデオ、その他のドキュメントなどのデータをアップロードするには、AWS CLI を使用する必要があります。あるいは、REST API を直接使用するか AWS SDK を使用して、アップロードリクエストを行うコードを記述する必要があります。AWS CLI での S3 Glacier の使用の詳細については、「S3 Glacier の AWS CLI リファレンス」を参照してください。AWS CLI をインストールするには、「AWS Command Line Interface」を参照してください。

この入門演習では、アーカイブのアップロードおよびダウンロードのための Java および C# のコード例を用意しています。この入門演習の最後のセクションでは、S3 Glacier を使用した開発者のエクスペリエンスについて詳しく知ることができる手順を説明します。