ボールトの作成 (PUT vault) - Amazon S3 Glacier

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

ボールトの作成 (PUT vault)

説明

このオペレーションでは、指定した名前の新しいボールトを作成します。  ボールト名は AWS アカウントの AWS リージョン内で一意である必要があります。アカウントにつき最大 1,000 個のボールトを作成できます。ボールトの追加作成の詳細については、Amazon S3 Glacier の製品詳細ページを参照してください。

ボールトの名前を指定する際は、以下のガイドラインに従う必要があります。

  • 名前は 1~255 文字で指定します。

  • ここで使えるのは、a~z、A~Z、0~9、"_"(アンダーバー)、"-"(ハイフン)、"."(ピリオド)です。

このオペレーションはべき等です。同じリクエストを何度も送信できますが、指定したボールトが最初に Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) によって作成された後は、リクエストがあってもそれ以上項目への影響はありません。

リクエスト

構文

ボールトを作成するには、作成するボールトの URI に HTTP PUT リクエストを送信します。

PUT /AccountId/vaults/VaultName HTTP/1.1 Host: glacier.Region.amazonaws.com Date: Date Authorization: SignatureValue Content-Length: Length x-amz-glacier-version: 2012-06-01
注記

AccountId 値は、AWS アカウント ID です。この値は、リクエストの署名に使用した認証情報に関連付けられている AWS アカウント ID と一致している必要があります。AWS アカウント ID を指定するか、必要に応じて 1 つのハイフン (-) を指定できます。ハイフンを指定すると、Amazon S3 Glacier はリクエストの署名に使用した認証情報に関連付けられている AWS アカウント ID を使用します。お客様のアカウント ID を指定する場合は、ID にハイフンを含めないでください。

リクエストパラメータ

この操作ではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストヘッダー

この操作では、すべての操作で共通のリクエストヘッダーのみ使用します。共通のリクエストヘッダーの詳細については、「一般的なリクエストヘッダー」を参照してください。

リクエストボディ

このオペレーションのリクエストボディを空(0 バイト)にする必要があります。

レスポンス

構文

HTTP/1.1 201 Created x-amzn-RequestId: x-amzn-RequestId Date: Date Location: Location

レスポンスヘッダー

正常なレスポンスには、すべての操作で共通のレスポンスヘッダーの他に、次のレスポンスヘッダーが含まれます。共通の応答ヘッダーの詳細については「共通の応答ヘッダー」を参照してください。

名前 説明

Location

作成されたボールトの相対 URI パス。

型: 文字列

レスポンス本文

この操作では、レスポンスボディは返しません。

エラー

Amazon S3 Glacier の例外とエラーメッセージの詳細については、「エラーレスポンス」を参照してください。

リクエストの例

次の例では、HTTP PUT リクエストを送信して、examplevault というボールトを作成します。

PUT /-/vaults/examplevault HTTP/1.1 Host: glacier.us-west-2.amazonaws.com x-amz-Date: 20170210T120000Z x-amz-glacier-version: 2012-06-01 Content-Length: 0 Authorization: AWS4-HMAC-SHA256 Credential=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE/20141123/us-west-2/glacier/aws4_request,SignedHeaders=host;x-amz-date;x-amz-glacier-version,Signature=9257c16da6b25a715ce900a5b45b03da0447acf430195dcb540091b12966f2a2

レスポンスの例

S3 Glacier によりボールトが作成され、Location ヘッダーにボールトの相対 URI パスが返されます。リクエストでアカウント ID を指定したか、ハイフン ("Location") を指定したかに関係なく、- ヘッダーにはアカウント ID が常に表示されます。

HTTP/1.1 201 Created x-amzn-RequestId: AAABZpJrTyioDC_HsOmHae8EZp_uBSJr6cnGOLKp_XJCl-Q Date: Wed, 10 Feb 2017 12:02:00 GMT Location: /111122223333/vaults/examplevault

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。