Amazon S3 Glacier での AWS SDK for Java の使用 - Amazon S3 Glacier

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon S3 Glacier での AWS SDK for Java の使用

「AWS SDK for Java」で説明しているように、APIs には、Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) 用の高レベルおよび低レベル Amazon S3 Glacier での AWS SDK の使用 の両方が用意されています。AWS SDK for Java のダウンロードの詳細については、「AWS SDK for Java」を参照してください。

注記

AWS SDK for Java は、S3 Glacier にアクセスするためのスレッドセーフのクライアントを提供します。最善の方法としては、ご利用のアプリケーションでクライアントを 1 つ作成し、そのクライアントをスレッド間で再利用することです。

低レベル API の使用

低レベルの AmazonGlacierClient クラスには、S3 Glacier の基盤となる REST オペレーションに対応するメソッドがすべて用意されています (Amazon S3 Glacier の API リファレンス)。これらのメソッドを呼び出すときには、対応するリクエストオブジェクトを作成するとともに、そのメソッドがオペレーションに S3 Glacier のレスポンスを返すためのレスポンスオブジェクトを指定する必要があります。

たとえば、AmazonGlacierClient クラスには、ボールト作成のための createVault メソッドがあります。このメソッドは、ボールトの作成 REST オペレーションに対応するものです (「ボールトの作成 (PUT vault)」を参照してください)。このメソッドを使用するには、以下の Java コードスニペットに示すように、S3 Glacier レスポンスを受け取る CreateVaultResult オブジェクトのインスタンスを作成する必要があります。

AmazonGlacierClient client = new AmazonGlacierClient(credentials); client.setEndpoint("https://glacier.us-west-2.amazonaws.com/"); CreateVaultRequest request = new CreateVaultRequest() .withAccountId("-") .withVaultName(vaultName); CreateVaultResult result = client.createVault(createVaultRequest);

このガイドの低レベル API の例では、すべてこのパターンを使用しています。

注記

ここに挙げたコードスニペットでは、リクエストの作成時に AccountID を指定しています。ただし、AWS SDK for Java を使用する場合であれば、リクエストに AccountId を含めるかどうかは任意であるため、このガイドの低レベル API の例では、この値を設定していません。AccountId は AWS アカウント ID です。この値はリクエストの署名に使用した認証情報に関連する AWS アカウント ID と一致する必要があります。AWS アカウント ID、または S3 Glacier がリクエストの署名に使用した認証情報に関連する AWS アカウント ID を使用している場合はオプションで「-」のどちらかを指定できます。お客様のアカウント ID を指定する場合は、ハイフンを含めないでください。AWS SDK for Java を使用する場合に、アカウント ID を指定しなかったときは、ライブラリによってアカウント ID が「-」に設定されます。

高レベル API の使用

AWS SDK for Java では、アプリケーションの開発をさらに簡素化するため、低レベル API の一部のメソッドの抽象化のレベルを高めた ArchiveTransferManager クラスが用意されています。このクラスには、uploaddownload など、アーカイブオペレーションのための便利なメソッドがあります。

たとえば、以下の Java コードスニペットでは、アーカイブのアップロードに upload 高レベルメソッドを使用しています。

String vaultName = "examplevault"; String archiveToUpload = "c:/folder/exampleArchive.zip"; ArchiveTransferManager atm = new ArchiveTransferManager(client, credentials); String archiveId = atm.upload(vaultName, "Tax 2012 documents", new File(archiveToUpload)).getArchiveId();

実行したオペレーションはいずれも、ArchiveTransferManager オブジェクトの作成時に指定した AWS リージョンに適用される点に注意してください。AWS リージョンを指定しなかった場合は、AWS SDK for Java によって us-east-1 がデフォルトの AWS リージョンとして設定されます。

このガイドの高レベル API の例では、すべてこのパターンを使用しています。

注記

高レベルの ArchiveTransferManager クラスは、AmazonGlacierClient インスタンスまたは AWSCredentials インスタンスを使用して構築できます。

Eclipse を使用した Amazon S3 Glacier の Java 実行例

Java コード例の使用を最も手早く開始する方法は、最新の AWS Toolkit for Eclipse をインストールすることです。最新ツールキットのインストールと更新については、http://aws.amazon.com/eclipse を参照してください。以下のタスクは、このセクションに示した Java コード例を作成およびテストする手順を示しています。

1

AWS SDK for Java のトピック「Providing AWS Credentials in the AWS SDK for Java」で説明しているように、AWS 認証情報のデフォルト認証情報プロファイルを作成します。

2

Eclipse で新しい AWS Java プロジェクトを作成します。プロジェクトは AWS SDK for Java 用にあらかじめ設定されています。

3

任意のセクションからプロジェクトにコードをコピーします。

4

必要なデータを指定してコードを修正します。たとえばファイルをアップロードする場合は、ファイルのパスとバケットの名前を指定します。

5

コードを実行します。AWS マネジメントコンソール を使用して、オブジェクトが作成されることを確認します。AWS マネジメントコンソール の詳細については、http://aws.amazon.com/console/ を参照してください。

エンドポイントの設定

デフォルトでは、AWS SDK for Java はエンドポイント https://glacier.us-east-1.amazonaws.com を使用します。 次の Java コードスニペットに示すように、エンドポイントは明示的に設定できます。

以下のスニペットには、低レベル API で 米国西部 (オレゴン) リージョン (us-west-2) にエンドポイントを設定する方法を示しています。

client = new AmazonGlacierClient(credentials); client.setEndpoint("glacier.us-west-2.amazonaws.com");

以下のスニペットには、高レベル API で 米国西部 (オレゴン) リージョンにエンドポイントを設定する方法を示しています。

glacierClient = new AmazonGlacierClient(credentials); sqsClient = new AmazonSQSClient(credentials); snsClient = new AmazonSNSClient(credentials); glacierClient.setEndpoint("glacier.us-west-2.amazonaws.com"); sqsClient.setEndpoint("sqs.us-west-2.amazonaws.com"); snsClient.setEndpoint("sns.us-west-2.amazonaws.com"); ArchiveTransferManager atm = new ArchiveTransferManager(glacierClient, sqsClient, snsClient);

サポートされている AWS リージョンとエンドポイントのリストについては、「Amazon S3 Glacier へのアクセス」を参照してください。