機能ブランチのデプロイとチームのワークフロー - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

機能ブランチのデプロイとチームのワークフロー

Amplify Hostingは、 GitFlow フィーチャーブランチやワークフローと連携するように設計されています。Amplify は Git ブランチを活用して、開発者がリポジトリ内の新しいブランチを接続するたびに新しいデプロイを作成します。最初のブランチを接続したら、次のようにブランチを追加して新しい機能ブランチのデプロイを作成できます。

  1. ブランチリストのページで、[Connect branch (ブランチの接続)] を選択します。

  2. リポジトリからブランチを選択します。

  3. アプリを保存してからデプロイします。

これで、アプリの https://main.appid.amplifyapp.comhttps://dev.appid.amplifyapp.com の 2 つのデプロイメントが利用可能になりました。これとは異なる場合がありますが team-to-team、通常、メインブランチはリリースコードを追跡し、本番ブランチになります。開発ブランチは、新機能をテストするための統合ブランチとして使用されます。これにより、ベータテスターはメインブランチデプロイのプロダクションエンドユーザーに影響を与えることなく、開発ブランチデプロイで未リリースの機能をテストできます。